Top > 「レイジ・アゲンスト・トーフ」
HTML convert time to 0.073 sec.


「レイジ・アゲンスト・トーフ」

Last-modified: 2017-04-13 (木) 09:59:12

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:エピソード1「スシ・バー」エピソード2「バックストリート・ニンジャ」エピソード3「ソウカイ・シンジケート」エピソード4「ウシミツ・アワー・ライオット」エピソード5「エグジスト・イン・ジ・アイ・オブ・ビホルダー」/エピソード6「ナラク・ウィズイン」(#1#2
◆実況付(発掘)◆:#4#5/#6(
◆再放送まとめ◆:#1&#2#3#4#5&#6
◆再放送実況付き◆:#1&#2#3#4#5#6
◆40000ツイート記念再放送まとめ◆:#1
◆40000ツイート記念再放送実況付◆:#1(06-08 00:19:43から)

各種メディア展開作品において

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

勤め先のサカイエサン・トーフ工場の事故で片腕を失った上に職まで失ってしまった墨絵師志望の男、シガキ・サイゼン
ある日入った無人スシ・バーにて、サカイエサンの工場へ一斉襲撃を掛ける計画の存在を聞きつけた彼は、様子見を兼ねて志願する。

 

同じ頃、ニンジャへの復讐に燃える男ニンジャスレイヤーは、ソウカイ・シックスゲイツの1人バンディットを撃破。
バンディットが持っていた巻物には今夜のトーフ工場襲撃の指令が記されていた。
工場襲撃はソウカイヤの首領、ラオモト・カンが裏で糸を引いていたのだ!

 

襲撃に使う為に集められたヨタモノ達は、違法量のズバリ(ZBR)・ドリンク投与により痛みを感じず思考力を奪われた狂える暴徒と化した。
怒涛の勢いの暴動の最中、シガキは義手の秘められた力とズバリの相乗効果でテクノ・カラテを開眼させる!
血の雨を被るシガキ!暴徒を操り指揮するニンジャ、ビホルダー!崩壊する工場、ラオモトの高笑い……。
恐るべき残虐を止める事ができるのは彼しかいない。
走れ!ニンジャスレイヤー!走れ!

 

労働者の命はゴミじゃない!衝撃のプロレタリア・カラテ・トーフ・ニンジャ巨編。


解説 Edit

「キックアウト・ザ・ニンジャ・マザーファッカー」と双璧を成す初期の代表作であり、第1回エピソード人気投票3位、第2回では13位、物理書籍版第1部エピソード人気投票では6位にランクインした。
「サイバーパンクニンジャ活劇小説・ニンジャスレイヤー」という物語の基本要素が詰め込まれており、まずはこの章から広大なる忍殺世界へのダイブを試みることをオススメする。
タイトルこそ「豆腐への怒り」とみょうちくりんだが、内容はみょうちくりんなりに筋の通った哀れな男の奮闘記なのだ。
登場人物や組織などの世界観解説も多く、この点でもニュービーにはあんしん。

 

お気づきになられた方もいるだろうが、本話は各部の最終章以外では唯一、エピソード内の各章に副題がついている。
Twitter翻訳版最初期の長編ということもあり、翻訳チームも試行錯誤していた時期なのである。
本放送ではエピソード#2「バックストリート・ニンジャ」のみが先行公開され、その後3ヶ月程度の間をおいて#1と#3〜#7が連続公開された。

 

物理書籍版では「ネオサイタマ炎上#1」に収録。
エピソード5の副題が「エグジスト・イン・ジ・アイ・オブ・ザ・ビホルダー」へと修正されている。



ヘッズたちはコメントログの山に目が釘付けになり、そこにしか注意を払っていない。