Top > アノマロカリス
HTML convert time to 0.005 sec.


アノマロカリス

Last-modified: 2017-10-17 (火) 18:55:46

◆忍◆ニンジャ名鑑#341【アノマロカリス】◆殺◆
ザイバツ・ニンジャ。攻撃前に倒されたため、アノマロカリスに象徴される何らかのカラテを持っていたと想像する他ない。
彼はキョート城に大胆に突入し得るほどのニンジャを万に一つも侮るべきではなかった。

登場エピソード Edit

 

「ドーモ、アノマロカリスです。ネズミめいて現れたな」


人物 Edit

元ネタ・考察 Edit

  • アノマロカリス(Anomalocaris)は今から約5億年前、カンブリア紀に存在した古生物の名。その名はラテン語で「奇妙なエビ」を意味する。エビナンデ……?
    • カンブリア紀最大の肉食動物であり、その大きさは同時代の生物の10倍近かったという。ほとんどニンジャとヌンジャのレベルであるのだが、彼は……。
    • 完成されたサンシタっぷりと名前のインパクトの故か、彼を慕うヘッズにより「#カンブリアニンジャクラン」なるハッシュタグが登場する事態も起きた。

ストーリー中での活躍 Edit

「……ネタバレした」ニンジャスレイヤーはナンシーに言った。

一言コメント

「え?」「すまぬ。コメントだった。もう終わった。」