Top > クルーカット
HTML convert time to 0.172 sec.


クルーカット

Last-modified: 2017-04-22 (土) 00:29:40

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【クルーカット】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「ナムアミ・ダ・ラオモト=サン!」


人物 Edit

  • 非ニンジャ。本名は不明であり、地の文ではその髪型から「クルーカット」と呼ばれる。便宜上の呼称であり、ニンジャネームや異称の類ではない。
    • ちなみにクルーカット(crew cut)とはいわゆる角刈り、スポーツ刈りの事。その名の通り、軍の隊員(crew)やスポーツマンなどが好む髪型とされている。
  • カチグミの仲間入りを果たすべく、ソウカイヤの隠れ蓑であるネコソギ・ファンド社の採用試験を受けにきた新社会人。大学ではアメフトをやっていたジョックであり、ブロンドをバイオ植毛している。
     
  • ラオモト=サンが新入社員の忠誠心を試すために考案した選考法「サツバツ・タイム」でライバル2人を蹴落とし、晴れてネコソギ・ファンド社員となった。
    • この「サツバツ・タイム」、要は「どれだけ会社のために初任給を切り捨てても平気か」を競う、というもの(クルーカットは25万円を10万円にまで切り捨てて採用された)。実際弱者の潰し合いを高みの見物して愉しむラオモト=サンのための余興に過ぎない。そもそもネコソギ・ファンドは数年以内に計画倒産させる予定という徹底ぶり。サツバツ!
    • なお、その給料の半分はネコソギ・ファンドの株券で支払われていた模様。現実であれば労働基準法第24条違反であるが、忍殺世界において実際労基法が守られているアトモスフィアは微塵も感じないそもそも現実の日本でもこの法律を真面目に守っている企業は存在しない。ナムサン!
       
  • かくて、ネコソギ・ファンドの正社員となったクルーカット。その権威を背景に債務者のモドリ社長を土下座させて尻をバンブー・ソードで叩くなどの無法な行為を楽しんでいたが……?

ストーリー中での活躍 Edit

「アイエエエエ、こんなの違うよお…」「ザマアミロ!ザマアミロ!ブーッ!」

一言コメント

コメント欄な