Top > シーカー
HTML convert time to 0.004 sec.


シーカー

Last-modified: 2017-03-26 (日) 11:07:17

◆忍◆ ニンジャ名鑑#384 【シーカー】 ◆殺◆
ペケロッパ・カルト所属。アズドゥフの手足となって動く。
頭部右側が重サイバネ化されており、昆虫めいた七個の複眼カメラアイを持つ。

登場エピソード Edit

 

「良いハッカーを調達し、より速い、明日この神聖なバーが満たされます」


人物 Edit

  • ペケロッパ・カルト所属のハッカーニンジャ。導師アンドリュー・ワニに対し「命令」を下す場面も見られ、教団内の地位は彼よりも上であったと推測される。
    • 名鑑に名前のあるアズドゥフとの直接の関わりは本編では見られなかった。
  • 自動翻訳めいた不自然な口調や、ロボットダンスめいたぎこちない動きといった、ノーハイドと同様のIRC中毒症状めいた特徴が見られる。
  • ダイアウルフの恫喝にも一切動じず、キルナインを交換可能な備品のように見做すなど、その言動から感情の起伏めいたものを窺うことは実際困難。意志疎通不可能な昆虫めいたアトモスフィアは、アマクダリのニンジャ達にも不気味がられていた。
  • ペケロッパの教義には忠実で、午後11時の定時礼拝時刻には祈りに集中する自動プログラムを自身に組み込んでいる。
     
  • 書籍版名鑑より、「シーカー」という名のニンジャはペケロッパ・カルトにとって必要不可欠なパーツであるため、たとえ死んでも別のペケロッパ・ニンジャをインプラント手術し、過去の行動データ記憶バックアップを追体験させ新たに役割を受け継がせているという。

外見 Edit

  • 頭部右側には名鑑の記述通り七個の複眼カメラアイが、口元にはマニピュレータが、それぞれインプラントされている。
  • 位置不明だが、スピーカーも身体にインプラントしており、口の代わりにここから電子音声を発して会話を行う。IRC通信を介し、電子変換した他人の声を出力することも可能。
  • 生体LAN端子も移植しているが、数や箇所は不明。

元ネタ・考察 Edit

  • "Seeker"とは、捜索者の意。また、ホーミング機能付きのミサイルの事も指す。
    • 実際、アンドリューは「彼の担う役割は探究である」という旨の発言をしている。
    • Symantec社の開発した自動ウイルス検知システムの名前も"Seeker"であり、ハッカーである彼の元ネタとしてはこちらが妥当か。

ワザ・ジツ Edit

  • 本編ではカラテやジツを披露する機会は無かった。
  • ハッカーとしての技量は高い。ナンシー・リーにも「手強い」と評され、彼女に対しIPを曝け出させかねない危険なトラップ攻撃を成功させている。

ストーリー中での活躍 Edit

「ネタバレが果たされました」

一言コメント

「我々は要求する。埋蔵IPと神聖なコメント」