Top > シガキ・サイゼン
HTML convert time to 0.005 sec.


シガキ・サイゼン

Last-modified: 2017-02-08 (水) 11:19:56

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【シガキ・サイゼン】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「この衝動と義手だけは真実だ。俺はこのトーフヤ襲撃で鬼になろう。俺のテッコで全てを叩き壊してやる」


人物 Edit

  • 非ニンジャ。サカイエサン・トーフ工場の元従業員。
  • 働きながらプロの墨絵師を目指し研鑽を続けていたが、トーフプレス機で右手を失った事で、彼の人生は狂い始めた。
    • なお、トーフプレス機は忍殺世界の架空設定ではなく、実在する。
  • 会社に労災補償で利き腕の代わりに与えられた武骨な戦闘用サイバー義手「テッコ」は全く力の加減ができず、それが原因で職を失った上に莫大な賠償金を背負わされる。
  • さらに「テッコ」は墨絵のような繊細作業に向いていない上に、ネオサイタマ特有の重金属酸性雨に弱く、維持に金がかさむという悪夢めいた代物であった。
  • 無人スシバーでの一言「マグ…いや、タマゴだ」は、マケグミの悲哀を表した実際使いたい名言。
    • どちらも百円であり、上記はコイン投入後の発言であり、値段で悩んだわけではない。量や栄養で悩んだが、単に一皿のスシも良く考えて注文せねばならないということであろう。
  • 理不尽に生活を奪われ、サツバツとした世界に足を踏み入れていく際の葛藤はニンジャスレイヤー=フジキドのそれと重なる部分も大きい。
    • 台湾版書籍では「志垣・最善」と表記されている。
 
  • 第一回人気投票でも高い支持を得て5位にランクイン。最初期のエピソード登場キャラだが、未だに非ニンジャの一般人としては異例の人気を誇る。
    • 非ニンジャの脇役でありながら書籍版第1巻の登場人物名鑑に登場している。
  • アニメイシヨンでの担当声優は東地宏樹=サン。アニメにゲーム、吹き替えと多岐にわたる活躍をしているベテランである。
    • 頼れる兄貴キャラを演じることが多い氏だからこそ、妙に情けない「アイエエエ!」の叫びは一聴の価値あり。

外見 Edit

  • 年齢は三十がらみ。髪はカール気味。キリストのようにやつれた顔に鉛色に濁った目。
  • 色褪せたケブラー・トレンチコートを羽織り、「ブッダが大好き」と書かれた墨だらけの薄汚いTシャツを着ている。
  • 右手の「テッコ」は普段、トレンチコートの袖の中に隠れているようだ。
    • アニメイシヨンでは生身の腕よりも二周り以上は太い、シオマネキじみた異形の姿となっており、一目で墨絵を始めとする精密動作が不可能だと見てとれる。

ワザ Edit

テクノカラテ Edit

  • 薬物と極限状態、そしてサイバネティック義手の力によって引き起こされたケミストリー反応によって開眼した彼の用いるカラテ。
  • このカラテに開眼した彼は非ニンジャの一般人であるにも関わらず、Y-10型のクローンヤクザを遥かに上回る戦闘能力を獲得していた。

ストーリー中での活躍 Edit

「「「あと少し、regionを閉ざすんだ。こんな非道は今日限りだ」」」

一言コメント

スターター紐が引き絞られ、圧縮コメントがリージョンの側面から排出される。