Top > スキピオ/ラクエリィ/バルバロス
HTML convert time to 0.010 sec.


スキピオ/ラクエリィ/バルバロス

Last-modified: 2017-10-22 (日) 06:23:32

◆忍◆ ニンジャ名鑑#286 【スキピオ】 ◆殺◆
古代ローマカラテの使い手。スパルタカスに付き従う古代ローマ三闘士の一人。

◆忍◆ ニンジャ名鑑#287 【ラクエリィ】 ◆殺◆
古代ローマカラテの使い手。スパルタカスに付き従う古代ローマ三闘士の一人。

◆忍◆ ニンジャ名鑑#288 【バルバロス】 ◆殺◆
古代ローマカラテの使い手。スパルタカスに付き従う古代ローマ三闘士の一人。

登場エピソード Edit

 

「シューッ!お前の逃避行もこれで終わりよのォ!」「ドーモ。ラクエリィです」

 

「ククク……何たる僥倖……オヤブンやドラゴンベインらに先んじて獲物を捉えようとは。だがそれもオヤブンの的確な指示あってこそか。ドーモ。スキピオです」

 

「そして俺様が」「俺様がバルバロス!」

 

「我らはスパルタカス=サンの忠実なる配下」

 
 

古代ローマ三闘士!


人物 Edit

  • 古代ローマカラテを極めしスパルタカスに付き従う三人のツワモノ。
    • 古代ローマカラテ三闘士と表記されることもある。
  • スパルタカスの主催する古代ローマカラテ会のメンバーだが弟子では無い。
  • コピペ極まるニンジャ名鑑、そしてこれまでの古代ローマカラテの実績から、ヘッズからは出オチでまとめて爆発四散するのではないかと期待危惧されていた。

外見 Edit

  • 外見描写は乏しく、ラクエリィが円眼鏡メンポを付けていると言及されているのみである。

元ネタ・考察 Edit

  • スキピオはおそらく、古代ローマの名門、スキピオ家にちなんだ名前だと思われる。
    • 特に有名なのが、古代ローマを絶望の淵に追いやったハンニバル将軍を打ち破った大スキピオ(アフリカヌス)、古代ローマ最大の敵カルタゴを完膚なきまでに破壊した小スキピオである。
    • 外敵に対抗する古代ローマカラテ闘士として、これほど相応しい名前もないだろう。
       
  • ラクエリィとは、古代ローマに存在した、荒縄を使って敵の動きを封じて攻撃する「縄闘士(laquearius、複数形laquearii)」を指す。
    • 古代ローマ剣闘士の中でも、荒縄を扱うのは蛮族的なスタイルな上に実用的では無いとされていたって、センチュリオンが言ってた。
    • ちなみに三闘士の中で唯一、スパルタカス同様、剣闘士にちなんだネーミングのニンジャである。
    • お美体とか言わない。たぶん。
       
  • バルバロスとは、英語のバーバリアンの語源となった言葉で、古代ローマにおいては、主にゲルマン人と北アフリカのベルベル人を指す。
    • 名前的にスキピオと敵対しかねないのだが、仲は大丈夫だろうか。
    • 普通に考えて古代ローマの敵ではないかと思われるのだが、傭兵などの出入りもあったので、そういう感じで古代ローマの威光に感化されたバーバリアンなのかもしれない。

ワザ・ジツ Edit

  • もちろん、いずれも古代ローマカラテの使い手だ。
    • ラクエリィの危険な刃を散りばめた投網により敵の動きを封じ、バルバロスの鎖で攻撃、投網と鎖を脱したところを三闘士中もっとも油断ならぬ戦士であるスキピオが刺しに行くのが基本戦術であるようだ。
  • スキピオはスリケンの使い手でもある。
もっとも油断ならぬスキピオの実力とは…

ストーリー中での活躍 Edit

リージョン中のネタバレ痕跡成分が、この場で行われた戦闘のさまを、影絵じみて朧に浮かび上がらせる。

一言コメント

三闘士は投網や鎖を投げつけ、コメントによるトドメを狙う。