Top > モービッド
HTML convert time to 0.075 sec.


モービッド

Last-modified: 2015-12-05 (土) 00:26:20

◆忍◆ ニンジャ名鑑#120 【モービッド】 ◆殺◆
シックスゲイツのアンデッド・ニンジャ。
死後まもない脳と脊椎をバイオボディと接続する事に成功した極めて特殊なケースで、ニンジャソウルの移し替えも無く、生前の記憶がある程度保たれている。
ニンジャスレイヤーに邪悪な精神攻撃をかける。

登場エピソード Edit

 

「私は誰だ……お前のせいで……」


人物 Edit

  • ソウカイヤ末期シックスゲイツの6人の最後の一人。
  • 他のシックスゲイツがトコロザワ・ピラー天守閣へ至る上層の各フロアを守護していたのに対し、彼は天守閣エントランスにて鎖で幾重にも縛り付けられ、実際死体めいて天井から吊り下げられるという異様な仕打ちを受けていた。
  • 天守閣に居ながらにして、ピラーを駆け上がるニンジャスレイヤーに度々精神攻撃を加える。ニンジャスレイヤーに強い恨みを抱いているようだが……。
  • 名鑑にある通り、アンデッド・ニンジャとなる以前の記憶をある程度有している模様。しかし、かつて自分が何者であったのかだけは覚えていないらしい。
     
  • アニメイシヨンでの担当声優は緑川光=サン
    • ちなみにスタッフロールでは「モービッ」表記になってしまっている。

外見 Edit

  • 装束から覗く肌は枯れ木のように乾燥し、ミイラめいている。
  • 前述の通り四方から伸びる鎖によって天井に吊り下げられており、周囲の天井には魔方陣めいたザゼン数式が描かれている。

元ネタ・考察 Edit

  • モービッド(Morbid)は「病的」の意。
    • 実際彼の仕掛ける精神攻撃は病的で恐ろしいものであった。

ワザ・ジツ Edit

  • 標的のニューロンに働きかけ、幻覚によってその精神を苛むジツを使う。
    • ニンジャスレイヤーが受けた攻撃は、フユコやトチノキをはじめとした死者を含む近しい人々や、これまで殺してきた敵ニンジャ達、あるいは彼が善意で最期を看取った人達の幻覚を見せつけ口々に怨言をぶつけられるという、人間性を重んじる彼にとってあまりにも辛く惨たらしいものだった。
    • 物理書籍版の登場人物名鑑によると、相手の深層心理に潜む恐れや疑念、後悔といった感情に働きかけるジツであるらしい。深みに嵌まれば、最終的には自我を破壊されるに至るとのこと。

ストーリー中での活躍 Edit

ナムアミダブツ!フジキドは実際このネタバレを知らぬ!

一言コメント

ニンジャスレイヤーはそこから「コメント欄」と書かれた部分を読み取った。