Top > レイザーエッジ
HTML convert time to 0.070 sec.


レイザーエッジ

Last-modified: 2017-06-14 (水) 13:16:40

◆忍◆ ニンジャ名鑑#113 【レイザーエッジ】 ◆殺◆
ソウカイヤのニンジャ。全身の至る所に展開式のセラミックカタナを仕込んでいる。
最も強力なのは腰の左右に展開されるカタナであり、ローマ式戦車の鎌の如く、一列に並んだクローンヤクザ20人を真っ二つに切断しながら走り抜けられる。

登場エピソード Edit

 

「見たか!ニンジャスレイヤー=サン!カクシ・キリの前に敵は無い!」


人物 Edit

  • ソウカイヤ末期のシックスゲイツの一人であり、トコロザワ・ピラー最終決戦におけるシックスゲイツ六人抜きミッションにて二番目にニンジャスレイヤーと戦った。
  • あるニンジャ曰く、「あの程度のニュービーめいたサンシタ」。
  • またあるニンジャ曰く、「出涸らしみたいな奴ら」の一人。
  • 実際残念な感じだった彼だが、物理書籍版では戦闘描写が追加されたり、Twitter版で「初期のシックスゲイツに比べて明らかに質が低い」と散々な言われようだったところに多少フォローを入れられていたりと、何故か優遇されている。

外見 Edit

  • スリムフィット黒ニンジャ装束を纏う。

元ネタ・考察 Edit

  • レイザーエッジとは「カミソリ刃」のこと。
    • 下記の通り、全身是「仕込み刀」になっている彼の力を端的に表している。

ワザ・ジツ Edit

カクシ・キリ Edit

  • 全身に仕込んだセラミック・カタナをアンブッシュ的に展開し、敵を切り裂く。
  • 違法サイバネ手術によって身体の各部に仕込まれたカタナは全部で数百本にのぼるとのことだが、そのうち本編中で確認できるのは以下の通り。
    • 両腕の骨に沿って展開するカタナ。
    • ニンジャ名鑑にも記載されている、腰の両側面に仕込まれたカタナ。
    • 両脛から展開されるカタナ。物理書籍版加筆分でのみ確認できる。
    • 両胸から前方へ槍衾めいて突き出すカタナ。物理書籍版では合計六本とされる。
    • 爪先に仕込まれたカタナ。こちらも物理書籍版加筆分のみ。
    • 正確な数は不明だが、肋骨に沿って仕込まれたカタナが複数。ガシャガシャと動かし威嚇行動をとっていた。
    • 両耳にまでセラミック・カタナが仕込まれており、その攻撃はニンジャスレイヤーのニューロンに死の予感を覚えさせるほど……どんなワザなんだ。
    • メンポも「カタナ・メンポ」なる代物らしい。

ストーリー中での活躍 Edit

  • カクシ・キリを駆使して戦い、ニンジャスレイヤーを威嚇したところで場面転換されてしまう。再び両者の戦いに戻ったところ……。
「イヤーッ!」

一言コメント

両耳からコメントが展開された時は死の予感がニューロンをよぎったが、最後はカラテの力量差が出た。