Baron

Last-modified: 2021-10-30 (土) 12:26:19

説明

原文

The frontiers of the human realm were defended by landowners known as Barons. Some Barons were warlike and restless. As humankind spread over Elysium and became dominant, these barons tried to usurp their masters' powers and waged war on their neighbors. The large, well-trained forces at their disposal made them formidable foes. They were soon in control of large parts of the human territories. However, not all humans were content with this. The sorcerers of Elysium gathered armies of their own and nonhuman warlords called out for vengeance. The Barons must once again subjugate Elysium.

The Baron has a wide variety of human troops and huge siege engines at his disposal. Knights are formidable units who can inflict additional damage by charging enemies in the initial phase of a battle. Heavy infantry units are strong, but move slowly. Fast cavalry units under the leadership of mounted commanders work as highly mobile forces.

The Baron knows how to keep his subjects in line and can cow peasants into obedience. All farms and villages under the Baron’s rule are required to send a levy of soldiers to the Baron each year. This muster consists of simple spearmen from farms and at least one knight from each village. Large towns and cities do not contribute soldiers. The Baron can also form local militias to defend villages and cities. The larger the settlement, the stronger the militia.

人類世界の外縁はバロンと呼ばれる領主によって守られていたが、そのうちのいくらかは好戦的で活動的な者達であった。人類がエリジウム中に拡がり支配的になるにつれて、こうしたバロン達は主君の力を奪い、周囲に戦を仕掛けるようになった。その大規模でよく訓練された軍勢は彼らをして強力な敵とならしめ、やがて人類世界の大部分はバロン達によって治められるようになった。しかしながら、人々が皆この状況に満足していたわけではない。エリジウム各地の魔術師達が兵を集め、非人間種族の軍勢が復讐を叫んだ。こうした中、バロン達はエリジウムの再征服に乗り出すこととなった。

バロンは多様な人間の兵士と巨大な攻城兵器を指揮下に収めている。ナイトは戦闘の初めに敵に突撃をかけて大打撃を与えることができる。重歩兵は強力だが、鈍重な兵種だ。騎乗した指揮官に率いられた騎兵は高機動部隊として任務を全うする。

バロンは領民を束ね、農民を従順にさせておく方法を良く知っており、バロンの統治下にある農家や村々は毎年徴集兵を送ることを義務付けられている。こうした徴募軍は農家から集められた平民の槍兵と、村ごとに少なくとも1人の騎士から成っている。大きな町や都市がこの軍に兵を送ることはない。またバロンは村や都市を守るために民兵隊を編成することができ、町の規模が大きいほど民兵隊も強力なものとなる。

アビリティ

  • 非常に要塞化された城からスタート。
  • 金の収入が25%増加します。
  • 鉄の収入が25%増加します。
  • 徴兵制では、毎年1回、集落や古代の森から兵士を収めることができます。
  • バロンとハイロードは、村や町でレヴィ(固定式の防衛隊)を募ることができます。
  • ガードタワーから無料でユニットを受け取ることができます。

Special Power(特殊能力)

習得、昇格

名前コスト執行者場所制限効果
Coronationゴールド600、AP1BaronKing's CastleKingに昇格してLv3の儀式を習得する
Benedictionゴールド100、AP1MonkTemplesAbbotに昇格してLv2の儀式を習得する

Lv1

名前コスト執行者場所制限効果
Raise LaviesAP3Baron、High Lord、KingHamletより大きい居住地詠唱地に合わせた規模の固定の民兵が発生する
Swift Justiceゴールド25、AP1Baron、High Lord、KingBrigand Lair盗賊の隠れ家を絞首台にする
Raise Fortゴールド50、AP6Baron、High Lord、KingHamlet村落を柵で囲い収入と守備を強化する
Alchemy鉄1、AP3Alchemist、Master AlchemistCitadel鉄1を4ゴールドに変換する
Drain Swampゴールド25、AP1Monk、AbbotSwamp、Bog沼地を農地にする

Lv2

名前コスト執行者場所制限効果
Appoint VassalAP1Baron、KingMotte and Bailey騎士を家臣に昇格させる※1
Relocate Manorゴールド100、AP1Baron、KingCastles初夏に徴集する兵士の集合先を執行地に変更する(調査中)※2
Greater Alchemy鉄1、AP3Master AlchemistCitadel鉄1を7ゴールドに変換する
Alchemical CatapultMaster Alchemist
Alchemical TrebuchetMaster Alchemistトレビュシェットの攻撃範囲を拡大し火属性も付与する
Found MonasteryAbbotFarm農地を修道院にする

※1対象は指揮下の騎士からランダムで選ばれ、儀式の後はstupidの属性がついてしまい操作不能になる。初夏の徴兵も執行地のMotte and Beileyの分はその家臣の支配下に入る。
※2儀式をした後もそのマスでグレーアウトせず再行使できてしまうため、同じ場所で2回以上使うとゴールドを浪費してしまう。Steamの掲示板でバグだと指摘されている。(v5.09)

Lv3

名前コスト執行者場所制限効果
Raise CastleKingFarm

解説

※下記は4からの引用の為、5に合わせて自由に修正してください。

多少の収入強化もあるが、一番強烈にBaronを安定させる要因が毎年夏の徴兵である。
FarmやVillageなどの収入源から、槍兵や騎兵を徴収するというものであるが、
たとえばFarmからは二人の槍兵、Villageからは一人の騎士、という具合に、徴兵される兵の種類は占有している場所によって違う。
鉱山などからはこの徴兵は行えないが、中盤頃になると数十人の槍兵、
十数騎の騎士などが無料で手に入る事はザラである。
さらに経済のブーストもあり、攻城兵器も強力なものが揃っている。
ゴールドと鉄を貯めて、2機のTrebuchetを狙うのは定石と言ったところだろう。
ただ、前衛が厚くなりすぎて攻城兵器がまともに動作しないというミスも起こりがちである。
前衛はある程度分散して配備し、二重の収入源であるFarm等を狙って動き回ろう。
また、儀式魔法で沼地を干上がらせ、Farmとする方法もあるので、積極的に狙って行こう。
こうした一般兵で図書館を落とし、魔術師を確保することも怠らなければ、
かなり安定して勝てる種族である。
敵として相手取る時は、逆に特性を狙って農地や村々を襲い、収入源と兵士を断とう。

その他、Tips、使用感コメント等

基本的にゴールドを集めれば強い軍隊が作れるので、プレイの敷居が低いです。

・序盤は一般ユニットSpearman(槍兵)を前衛の壁役として、固有ユニットLongbowman(長弓兵)を火力とする組み合わせによるスタートダッシュが強いです。
・Longbowmanは50ゴールドで4ユニット雇用、射程6、1-4ダメージです。(一般的な弓兵であるArcherは5ユニット雇用、射程5,1-3ダメージ)

・Knight(騎士)は雇用できませんが、年に一度(夏)、HammletとVillageそれぞれ1つにつき1をゲーム開始時の拠点に得ます。
・Spearmanは年に一度、Farm1つにつき2をゲーム開始時の拠点に得ます。壁役は消耗が激しいので、徴兵は重宝します。
・Knight(騎士)は強力ですが、移動力は通常の3移動力なので、Longbowmanと組み合わせて火力を補いつつ、必要に応じてSpearmanも併用したほうがよさそうです。
・Trebuchetは強力な攻城兵器ですが、購入には鉄を大量に使用します。鉄は基本的にはここに回した方が良さそうです。

・頻繁に傭兵が訪れます。金額は変動するものが多いようです。解説にある2機のTrebuchetは、傭兵の購入のことです。
・レヴィ(固定式の防衛隊)は、あまり強くなく、なかなか敵の撃退に成功しませんが、APを1点使用するのみで資源は消費しません。(特に4APを持つ指揮官で、移動力3の部隊を率いている場合はもともと1APが余っています。)そのため、1ターンの足止めと、このゲームではHammletなどを敵に取られてもメッセージが出ないので、メッセージ代わりとしては有効に見えます。
・Baronの儀式Coronationは初期設定でMonarchyにしないと使えないようです。場所制限のKing's CastleがMonarchyにしか出てこないのです。
・Baronが倒されたり、Kingに昇格して自軍からいなくなると再雇用できる。
・強大な軍勢に対してはGuard TowerやCityなどにHalberdierを少数おいて足止めし、Alchemical Trebuchetを引き連れたCaptainを突撃させて削るのも有効です