Necromancer

Last-modified: 2021-09-20 (月) 19:46:34

説明

原文

Necromancers are sorcerers who are adept at the dark art of Necromancy, the summoning and creation of the living dead. The Necromancer can raise the buried dead or those that have fallen in battle as undead troops to strengthen his army. This practice is forbidden by the gods and Necromancers who are foolish enough to disturb the dead will lose their sanity in the process. Only dead humanoids can be raised as undead and once they are destroyed, they cannot be raised a second time because by that time their bodies are too broken.

The other aspect of Necromancy is the harvest of hands. On stormy nights, darkly robed men collect the left hands of hanged murderers. These are called the Hands of Glory. The burnt flesh of such hands is pleasant to ghosts and evil spirits who can aid the Necromancer in his horrible art. However, the hands can be used in even worse ways. When enough Hands of Glory are burnt, spirits from the darkest realms can be called to instruct the Necromancer how to turn his body into that of a living dead. Some necromancers use the Hands of Glory to rend the veil between worlds to quickly travel through the Underworld.

he Necromancer has very weak troops at the start of the game. It is essential for him to quickly find a battlefield or a graveyard. The ritual of Dark Knowledge is important in this search. The animated dead are weak and they never heal wounds sustained in battle, which makes them unreliable in the long run.

Use the apprentice to animate undead. Otherwise you will go mad and lose the ability to take rational action. Summoned undead require Hands of Glory, which can be found in villages, towns, cities and gallows. The ultimate goal of most necromancers is to transform into a powerful undead creature and live forever! Transforming into a lich will make you immune to insanity and vampires can cure insanity by eating villages.

ネクロマンサーとは、生ける屍の召喚と創造を行う暗黒の業、死霊術に長けた魔術師である。彼らは埋葬された死者や戦場に倒れた者をアンデッドの軍隊として蘇らせ、自軍を強化することができる。こうした行為は神々によって禁じられており、愚かにも敢えて死の静謐を乱すネクロマンサーは、その過程で正気を失っていく。アンデッドとして蘇らせることができるのは死んだ人型生物だけであり、ひとたび身体が破壊されてしまうと再び蘇らせることは出来ない。

死霊術のもう一つの側面は、手の収穫にある。嵐の夜に暗い色のローブを着た男たちが、絞首刑になった殺人者の左手を集める。これらは「Hands of Glory(栄光の手)」と呼ばれる。このような手の焼けた肉は、ネクロマンサーの悍ましき業を手助けする死霊や悪霊にとって好ましいものである。しかし、この手はさらに良からざる目的のために使われることもある。十分な数の「栄光の手」が焼かれることで暗黒界の霊が呼び出され、この霊達は死霊術師の体を生ける屍の如く変える方法を教示することができるのだ。ネクロマンサーの中には「栄光の手」を使って世界を隔てる境界を破り、冥界を素早く移動する者もいる。

ゲーム開始時のネクロマンサーの兵力は非常に貧弱だ。従って戦場や墓地を素早く見つけることは必須であり、闇の知識の儀式がこの探索行において重要となる。蘇らせられた死者は脆弱で戦闘中に受けた傷が癒えることもないため、長期的には頼りにできない。

死者の復活は見習いにやらせよう。さもなくばネクロマンサー本人の気が触れ、まともな行動が取れなくなってしまう。召喚されたアンデッドには「栄光の手」が必要で、これは村、町、都市、絞首台などで見つけることができる。大抵のネクロマンサーにとっての最終目標は、強力なアンデッドに変身を遂げて永遠の命を手に入れることだ。リッチになれれば狂気に陥ることはなく、ヴァンパイアは村々を餌食にすることで正気を回復することができる。

アビリティ

  • とても強化された暗黒城砦からスタートする
  • タイルに存在する死者の数を感知できる
  • 正気度を代償に死体をよみがえらせることができる
  • 大きな村と町からHands of Gloryを集める
  • Hands of Gloryを使用してアンデッドの召喚と冥界へ入る儀式を行える

Special Power(特殊能力)

習得、昇格

名前コスト場所制限効果
Lesser Ritual of Mastery手10なしLevel1の儀式を習得する
Ritual of Mastery手30(60)なしLevel2の儀式を習得する
Ritual of Grand Mastery手120(240)なしLevel3の儀式を習得する。Regain Sanity(狂気をターン毎に減らす)

Lv1

名前コスト場所制限効果
Raise Dead死体 AP3なしタイルに存在する人型の死体からLongdead、Soullessを生成する。実行する度に狂気が蓄積
Reanimate Animals死体 AP3なしタイルに存在する動物の死体からアンデッドを生成する。実行する度に狂気が蓄積
Minor Summoning手10 AP1なしアンデッド(Ghost Warrior、Shade、Bane、Wightなど)をランダムに召喚する
Dark Knowledge手3 AP1なしElysiumの死体が多く存在する座標とその周辺の計9タイルの様子を見る
Twiceborn手30 AP1Citadel、GraveyardNecromancerが死亡したときにWightかGhostとして復活する呪いを掛ける。Citadelで詠唱した場合はWightに、Graveyardで詠唱した場合はGhostとなる。高位のNecromancerはWight KingやGhost Kingとして復活する
Raven Spy手5 AP1Land LocationStealthy能力を持つRavenを召喚する。Ravenはランダムに動き回って情報を収集する。拠点の占領はできない
Pierce the Veil of Death手1 AP1なしElysiumでの詠唱地点の座標に対応するHadesの座標とその周辺の計9タイルの様子を見る

Lv2

名前コスト場所制限効果
Major Summoning手75 AP1なし強力なアンデッド(Ghost、Banshee、Wraith、Dragolichなど)をランダムに召喚する
Raise Legion手100 AP1Old Battlefield古戦場に眠る戦死者たちを呼び起こす(Bane LordとBane15体 召喚)
Ravenous Curse手40 AP1Village、Farm等村人たちをGhoulに変える呪いを掛けて隷属させる。Villageは壊滅する
Blood Rite手125 AP1Old castle ruinNecromancerがVampireに変身する
Mummification手20 AP1Pyramid、Temple2体のMummyを生成する。Mummyは死亡しても最初に生まれた場所で再生する能力を持つ
Stygian Paths手25 AP0なしNecromancerとその軍勢をHadesに転移させる。転移先の座標はElysiumでの詠唱地点の座標のそれに対応する。Hadesでは呪文の効果が切れるまでの間(1ターンの間)、驚異的な速さでの進軍が可能となる(移動時にAPをほとんど消費しなくなる)。呪文の効果が切れるとElysiumに再び転移する
Wall of Unlife手25 AP6Fortified Location拠点の壁に接近した敵を弱体化させ生命力を奪う呪いを掛ける
Pyramid of Skulls手25 死体25 AP2Fortified Location大量の死体からPyramid of Skullsを生成する。Pyramid of Skullsを拠点防衛のための砲台として機能する
Animate Abomination手50 死体50 AP2なし大量の死体からAbominationを生成する

Lv3

名前コスト場所制限効果
Planar Swap死体50 AP1なし現在位置の全てのユニットをHades(またはElysium)に永続的に転移させる。転移先の座標は元の世界の詠唱地点のそれに対応する。
Lichcraft手250 AP1TempleNecromancerがLichに転生する
Greater Lichcraft手250 AP1TempleLichが肉体を捨ててDemilichに転生する
Lich Gate手2 AP1なしElysiumの指定地点周辺に転移する。転移先は人型の死体が多く存在する場所が高確率で選択される

解説

※下記は4からの引用の為、5に合わせて自由に修正してください。

初期から使えるRise deadは非常に強力。
軍勢が倍々に増えていく感じで、最初期のネクロマンサーを超える兵数を雇える種族はまずないだろう。
しかしながら、バランスのためかこのRise deadをするたびに狂気に侵されていくことになる。
狂気の数値が増えれば増えるほど、行動不能になる確率が発生する。
たとえば50の狂気を得ている状態だと、半分の確率で行動不能になる。
こうなると単純に行軍速度が半分になるわけで、
これが思った以上にストレスとなる。
ほぼ確定で弱くもない兵隊が、ゴールドも鉄も使わず大量に手に入るので、当然と言えば当然なのかもしれないが、
数ターン動けなくなるのもあるので、狂気のマネージメントは重要な要素になっている。
この狂気を抑える方法は、アンデットとして復活したり、最高位のネクロマンサーになること。
このコンセプトが「ネクロマンサーらしく行動する」という誘導になっており、
ロールプレイがしやすい種族ではあるが、ゲームに対する深い知識が要求される。
何度も死んでいろいろ試して、という行為が他の種族より要求されるため、すべてを熟知しているAIが敵に回った時は強敵になりやすい。
「通常のプレイ」には飽きてしまった人は、この種族をプレイしてみよう。

その他、Tips、使用感コメント等

Animate Abominationの原料はリリース当初は人型の死体だけでしたが、後のパッチで動物の死体も対象となりました。
Grand NecromancerがBrood RiteをするとVampire Courtになります。
Major Summoningはコストの割に妙に強いユニットがでるので使わない手はないですね。不死持ちのチビワイバーンはハズレですけど…