kouyou

Last-modified: 2021-08-03 (火) 20:49:40

kouyou

DIFFICULTYEasyNormalHard
LEVEL3710
NOTES90616521968
BPM170
TIME5:02
COMPOSERIce
BOOKN.M.S.T. collection
ANOTHERPS4(TV/VR)
 

ver.2.0で追加されたN.M.S.T. collection最奥で待ち構える、LV10を擁する大将曲。ComposerはBeyond The StratusEntranceでお馴染みIce氏。
曲の長さ、ノーツの多さが桁外れであり、楽曲もパーカッションではなくストリングによる低音域が主体となる、これまでのDeemoの楽曲とは一線を画す楽曲。(そもそもDeemo用に作曲された楽曲ではないとの噂も)

「kouyou」とは文字通り"紅葉"。英語版Wikiでは"Autumn Leaves"(秋の葉)と説明される、日本の秋の醍醐味の一つ。

 

ポイント

  • 全難易度共通
    • 現在、Deemo楽曲内で最長演奏時間を誇る楽曲。その時間なんと5:02。ver.2.3でRondo for 97Keysに迫られ、L10: Largoに並ばれ、ver3.0ではWhite Rainに1秒差まで迫られたものの依然としてトップの座は陥落していない。また、Precipitationと同様譜面の大半をスライドが占めており、演奏時間も相まって各難易度とも異常なノーツ数となっている
    • 上記の2点から、FCを狙う時には他の楽曲よりも相当な集中力が要求される。同レベルの楽曲に比べコンボカッターが少なく、また少々の繰り返し部分もあるとはいえ、何らかの楽曲で長時間演奏に慣らさないと持たないので注意。無料曲だとSakura iro no yume(3:57)やWhite Rain(5:01)、Guardian(4:39)もお勧め。
  • Easy
    • Easy最多のノーツ数を誇り、他曲のHardに匹敵する程の物量である。演奏時間も含めるとどう考えてもLV3の範疇ではないのでプレイの際は気合いを入れよう。
  • Normal
    • 非常にノーツ数が多い。Scherzo -pain in rain-に迫られたがNormal全譜面で最多であり、Lv10Hard譜面と比較しても遜色ないレベルである。
    • スライドこそ長いが変な同時押し等は特にない。譜面構成自体は素直なもので、Precipitationや無料曲のLV6~7がしっかり攻略できていれば、あとは長さのみとの勝負になる。
    • 中盤の盛り上がりの直前では、一時的に、左から入ったスライドが右に寄ることがある。楽曲のリズムを見極めて右→右→左→右→右→左、と指を切り替えるとよい。
  • Hard
    ノーツ数において1968という異次元の高さを誇る。ver.3.2にてついに陥落はしたものの、ver.2.0での登場から4年余りDeemo最大のノーツ数を持っていた。生半可な実力では太刀打ちできない高難易度譜面である。
    • 中盤の盛り上がる部分がかなりの難所。長い縦連+長いスライドの後に、細かいトリルがスライドとともに襲い掛かってくる。 スライドとトリルの切り替えを早くしないと確実に追いつかない。
    • 縦連は低音域が集まり、ヘッドホンやイヤホンがないと聞き逃しやすい。攻略するならMyosotisのHard、ダブステを抜けた後だけでも完璧にこなすぐらいの実力が欲しいところ。
    • またNormalに比べ、スライドの中にタップが紛れている、もしくはスライドの末尾にタップが来る場面が多く、気を抜くとそこでミスが起きやすい。このようなタップはANiMAのNormalやThe Red CoronationのHardに多いので練習になるだろう。