Top > モンスター > 【シルフ】


モンスター/【シルフ】

Last-modified: 2019-08-05 (月) 23:31:20

⇒幻獣としてのシルフはこちら


FF4TA Edit

集結編に登場するモンスター。暴走中の幻獣シルフ
全部倒してしまうと召喚魔法シルフを覚えられなくなる。
それが嫌なら、戦闘から逃げればいい。


最初にエンカウントした時のみ、やる気まんまんのエッジとそれを咎めようとするリディアのやりとりが行われ、基本は戦わず逃げるバトルであることをプレイヤーに教えてくれる。


しかし、全て逃がしてしまうとモンスター図鑑に登録されないので、可哀想に思いつつも1匹は倒した方がよい。
その場合、ファイア、ブリザド、サンダーというチャチな魔法だけだと思っているとアスピル、トルネドと厄介な魔法まで使われてしまうので、早めに倒してしまうべきである。


ファブールとカイポにそれぞれいる。
GBA版FF4のモンク兵?系統と同様に、3匹でモンスターとしては1体と数えるが、
HPを減らしても見た目の数が減ったりはしない。

FF14 Edit

黒衣森:東部森林のシルフ領方面に登場する。
敵として対峙するのは蛮神ラムウのテンパードとなった紫色の個体で、主にサンダー系の魔法を中心に攻撃してくる。


人語を話し、森都グリダニアとは友好関係にある蛮族幻術魔法が使える。
ラムウのテンパードとなった紫シルフたちに住処を追われて「仮宿」として集落を形成している。空飛ぶキャベツみたいな容姿をしており、光合成をして生き、性別はない。
名前が2パターンあり種を作れる個体と、一代限りの個体で分かれる。一代限りの個体は強力な魔力を持ちヒトの姿に成る事も可能で、その姿は性格が反映するのか緑がベースの女性(?)になる。


詳しくはこちら→シルフ

WOFF Edit

Sサイズのミラージュ
セラフィの同族で最序盤に彼女から貰える。


セラフィの色違い。まほうぼうぎょやはやさはよく成長するが、意外とまりょくが伸び悩む。
ステータス異常治療の治癒やダメージは低いがノセノセを解除するくすぐり、相手を倒さないてかげんなどサポート用のアビリティを覚える。
風ダメージ+回復のかぜのささやきも使える。本人のまりょくが低いがノセノセでカバー可能。


序盤は頼ることもあるがタマと同じくなかなかヘンシンカできないため力不足になりやすい。サポート向けなのもあって二軍落ちしやすい。
セラフィ関連のココロクエストをクリアすればセイレーンにヘンシンカできるが最終盤だったり…


実はフィールドに登場することも闘技場で戦うこともできず、今のところはセラフィから貰うしか入手方のない激レアミラージュ。
しかし、タマ達と異なりおわかれできてしまう。コレクターは注意。

  • それは誤り(確かに初期ではその他の入手方法が無いが)。
    飛空艇で行けるダーククレバスや隠しダンジョンで出会える。