池袋晶葉(デレステ)

Last-modified: 2020-01-18 (土) 19:46:59

概要

特訓前特訓後
PLACE 事務所PLACE 楽屋

ステータス

特訓前セリフ

プロフィール

プロフィール「アイドル…この世に私の才能を知らしめるチャンスというわけだ!だがまずは、ロボの設計図を…ん?レッスンからだと?そんなもの、朝飯前だ!レッスンロボを作るからな!」

ホーム

ホーム「この天才ロボ少女にかかれば、物言わぬ機械も生を得るっ!…予定だ」
「私だって、華の女子中学生だからな。青春はロボに捧げているが」
「私の助手になりたければ、それにふさわしい働きをしてもらおうか」
「私の才能を世の中に知らしめる…アイドルはそのための手段というわけだ」
ホーム
(親密度MAX)
「ずっと孤独だと思っていたのに…。まったく、どうしてくれるんだ…」
「これは認めざるを得ないな。○○は良き理解者だと!」
ホーム
(タップ)
「おっと…安易に触れると、爆発するぞ?…なんてな」
「天才だが、ロボ限定の頭だぞ?テストの点は平均よりやや…平均だ」
「テストプレイか。いいだろう、こちらも試させてもらうまでだ」
「普段は博士らしく、白衣を着ているんだがな。また今度見せてやろう」
ホーム
(親密度MAX)
(タップ)
「私の助手にふさわしい働きじゃないか、○○」
「○○にもプロデューサーとしての生を吹き込んでやろう」

ルーム

ルーム「」
「」
「」
「」
ルーム
(親密度MAX)
「」
「」
ルーム
(タップ)
「」
「」
「」
「」
ルーム
(親密度MAX)
(タップ)
「」
「」

LIVE

LIVE(開始)「(未実装)」
「(未実装)」
LIVE(特技)「(未実装)」
「(未実装)」
「(未実装)」
LIVE(クリア)「(未実装)」
「(未実装)」

親愛度

親愛度①「○○は、私のことを
色眼鏡で見ないでちゃんと評価してくれるんだな。
ふむ……悪くない!」
親愛度②「○○は、
私の予想をはるかに超える結果をもたらしてくれたな。」
「才能を見せつけるために利用するつもりだったのに、
まさか、私の新たな才能を見出すとはな。
……そう、アイドルの才能だ。」
「私は……もしかしたら本当に天才だったのか。
いや、○○に……
プロデュースの才能があるんだろう。」

特訓後セリフ

プロフィール

プロフィール「こうして、天才少女は一歩を踏み出した…。しかし、これは始まりにすぎないっ!世界の果てまで、天才アイドル・池袋晶葉の名を轟かせてやる!」

ホーム

ホーム「成功に失敗はつきもの。そして、天才は成功するまでやるのだ」
「アピールという入力に歓声という出力が返ってくる…いいな」
「披露する場に立つには、準備が重要なのだな。レッスンへ行くか…」
「メカニクスLIVEだ!可能性のその先をご覧にいれよう!」
ホーム
(親密度MAX)
「私には優秀な助手がいるからな。…自慢に思っている…ぞ」
「博士に、助手は絶対に必要だ。…その、この意味、わかるか?」
ホーム
(タップ)
「歯車はひとつではうまく回らない。人も同じだ」
「ひ、人前は緊張するな。大丈夫、対策は立ててきた。深呼吸だ…」
「この拡声器の秘密を教えてやろう。そう…あえて、普通の拡声器だ」
「き、緊張しない!観客はロボだと思えば…ふふふ…楽しい…」
ホーム
(親密度MAX)
(タップ)
「私には優秀な助手がいるからな。…自慢に思っている…ぞ」
「博士に、助手は絶対に必要だ。…その、この意味、わかるか?」

ルーム

ルーム「」
「」
「」
「」
ルーム
(親密度MAX)
「」
「」
ルーム
(タップ)
「」
「」
「」
「」
ルーム
(親密度MAX)
(タップ)
「」
「」

LIVE

特訓前と共通

親愛度

親愛度①「アイドルと私をかけ合わせると、
こんな化学反応が起こるのか……。
君は予想できていたのか?」
親愛度②「楽しいじゃないか、アイドル!
私のことをみんなが注目する最高の職業だ!
今回のLIVE、成功だな!」
「とはいえ、この成功は、私ひとりのものではない。
私の才能に加え、○○の
助力があってこその成功だ。」
「だ、だから……これからも一緒に頑張ろう……な?
世界中に、私の才能を知らしめるのだ!
発明家として!そして、アイドルとしてっ!」

特訓エピソード

晶葉「」
「」
「」
「」
「」
「」
「」