Top > Train Simulator 2018
HTML convert time to 0.005 sec.


Train Simulator 2018

Last-modified: 2017-11-18 (土) 18:49:04
header.jpg

2017年11月16日、Train Simulator 2018(TS2018)が従来のTrain Simulator 2017からの更新により登場した。

紹介映像 Edit

TS2017から変わること Edit

Train Simulatorは毎年1回タイトルの年号が変わるのが通例となっていて、2017年11月16日にTrain Simulator 2017からTrain Simulator 2018への更新が行われた。これまでは9月中旬に移行するパターンが多かったが、今年はTrain Sim Worldの開発との関係もあってか11月になった。

TS2018に移行してから全く新規に本体を入手すると、TS2018で標準の路線が付属する。TS2017を保有済みの場合、本体機能はTS2018仕様になるが、2018標準の路線は無料では追加されないため、必要な場合は例年通り上書き購入が必要になる、というのも例年通りな模様。2017時代の標準付属路線はDLC扱いとなり、今後も引き続き使える。

グラフィックはこれまで通りのRailWorks系であり、Train Sim Worldとの互換性はない。

今回の更新では、Dovetail Live?との連携が行われている模様。

収録路線 Edit

TS2018では、イギリス、ドイツ(とオーストリア)、アメリカの各1路線が標準で付属する。

ドイツ、アメリカの路線は既存のDLCが標準で付属するが、イギリスの路線はTS2018と同時でのみ入手可能となる。

【独】Mittenwaldbahn Edit

ドイツ南部バイエルン州のアルプス山麓の都市ガルミッシュ・パルテンキルヒェンから、国境を越えてオーストリアに入り、チロル地方の都市インスブルックへ至る単線電化の山岳路線。ドイツ鉄道やオーストリア国鉄の都市間列車、近郊列車、貨物列車が走る。

車両はドイツ鉄道の連接式低床近郊電車442系「タレント」と、オーストリア国鉄の貨物用ディーゼル機関車2016形「ヘラクレス」が付属する。

【米】Peninsula Corridor Edit

米国西海岸、カリフォルニア州北部の都市サンフランシスコから、カリフォルニア半島を南へ進みサンノゼへ至る非電化近郊路線。通勤列車「カルトレイン」が運行され、ユニオン・パシフィック鉄道の貨物列車も走る。

車両は近郊列車カルトレインのMP36PH-3Cディーゼル機関車と2階建てのバイレベル客車、ユニオン・パシフィック鉄道のGP38機関車と貨車が付属する。

【英】North Wales Coastal Edit

英国イングランドクルーから西へ向かい、ウェールズの北岸沿いをスランディドノ、コンウィキャッスルまで進む沿岸非電化路線。既存アドオンの収録ではなく、当面はTS2018本体入手者限定の路線となる。

車両はヴァージン・トレインズの221系振り子式気動車「ボイジャー」と、アリーヴァ・トレインズ・ウェールズの175系・158系の各気動車が付属する。

221系はヴァージン・トレインズ社の商標許諾を得た最初の車両となった。今後の単品アドオンでヴァージンの車両が複数登場する見込みである。

関連リンク Edit