Top > ゲームの始め方
HTML convert time to 0.023 sec.


ゲームの始め方

Last-modified: 2017-08-13 (日) 22:50:33
 

Alpha16での変更点 Edit

  • Daylight Lengthの初期設定を18時間に変更(朝4時日の入)
  • 24 Hour Cycleの初期設定を60分に変更
  • Enemy Spawningの設定をOn / Offの2つのみに変更
  • Enemy Aggression / Enemy Memoryの設定を削除
  • Blood Moon Countの設定を追加
 

はじめに Edit

ゲームを始めるためには、最初に新しいゲームの設定をしなければいけません。
ここではその設定項目について解説します。なお、すでに購入を済ましている事を前提としています。
まだの方は「購入方法」「要求スペック」を参照してください。

なお、このゲームは常にセーブされ続けるため、セーブコマンドはありません。

インストール Edit

Steamライブラリから「7Days to Die 」をクリックしてインストールを行ってください。
以降、Steamライブラリからプレイをクリックするか、デスクトップのアイコンをクリックするとゲームを始めることができます。

起動オプション Edit

Steamから起動する場合、通常の「7 Days to Dieをプレイ」の他にShow game launcherで起動オプションを設定できます。
「Run」を押すと今回のプレイのみ起動オプションを使います。
「Run & Save as default」を押すと、次回以降のプレイでも起動オプションが適応されるように保存されます。

Game engine version Edit

OSのbit数に合わせてbit数を変更します。
Currrent version : ○○bitが現在の設定です。

Exclusive Fullscreen Mode Edit

SLI、Crossfireを用いた構成をしている際や、NVIDIA Shadow Play等使用が推奨されているツールを使う際にONにします。

Show Unity screen selector Edit

他のUnityゲームを使用したことがある場合、そのゲームで使っていたディスプレイにゲームを表示します。

Use GLCore renderer Edit

一部のグラフィックカードで利用可能なGLCore rendererをONにします。(開発推奨)
この設定により、起動不可能な不具合が改善する報告が数件挙がっています。

Use EasyAntiCheat (EAC) Edit

このチェックを外すと、アンチチートを外した状態でゲームを開始します。
特殊なMODを入れてプレイするときや、ゲームが重いときにこれを選択すると改善されたり、配信・録画ソフトとの競合を防げる可能性があります。
しかし、ほとんどのマルチへの参加は不可能になります。一般的には使用する必要はありません。

Use native input module Edit

コントローラーを使用する際に、反応がおかしい場合、これをONにすることで改善されることがあります。

Disable UNET networking Edit

マルチプレイをしている際に、接続の問題がある場合これをONにすることで問題が解決される場合があります。

Additional parameters Edit

他のUnityゲーム同様に、追加オプションを記述できます。通常は使用する必要ありません。
例:
「-logfile %appdata%/7dtd_log -borderless」
Appdata/Roaming直下に7dtd_logフォルダを作り、そこにログファイルを出力。ボーダーレスウィンドウで起動します。

ゲームを始める際の設定 Edit

新しいゲームを始める際には、タイトル画面で「New Game」を選択します。(赤矢印)
title01.jpg
その後、オプション画面で各設定を行い「START」でゲームを開始します。(赤矢印)
title02.jpg

デフォルト設定 Edit

初めてゲームをする場合は、まずデフォルト設定でプレイすることをオススメします。
方法は、まず「Restore Mode Defaults」(黄色○)をクリックし、左上の「Game Mode」「Game World」「Game Name」(赤色○」を下記のように設定します。

  • Game Mode Survival SP
  • Game World Navezgane
  • Game Name 適当な名前(ex.「NewGame」)
    これで、「START」(赤矢印)でゲームを開始してください。

設定の詳細 Edit

デフォルトで設定されている項目を青字で表示してあります。

マップ全般の設定 Edit

設定画面左の設定項目です。ワールドの設定を行います。

Game Mode Edit

  • Survival SP:サバイバル(シングルプレイヤー)1人用のゲームモードです。
  • Survival MP:サバイバル(マルチプレイヤー)多人数用のゲームモードです。
  • Creative:クリエイティブ ゾンビが出現せず、ダメージを受けません。物に対する射程が大幅に伸び、建築がしやすいモードです。

Game World Edit

  • Navezgane固定マップです。四角形のマップの範囲外はダメージを受けるフィールドになっていて、入ることが出来ません。
  • Random Gen:ランダムマップです。Navezganeより広いもののの(半径1万ブロック)、円形のマップの範囲外はダメージを受けるフィールドになっています。

※現在ランダムマップが非常に重くなる場合があるためスペックに自信のない方は固定マップをお勧めします。

Game Name Edit

ゲームの名前です。半角英数字で自分の好きな名前をつけてください。Random Genの場合は名前がワールドの形を決定する要素にもなります。マップを削除しても同じ名前のワールドを作ると同じ形のマップになります。

Standard Options Edit

ここでは主に難易度と、環境に関する設定を行います。
title03.jpg

Difficulty Settings Edit

ゲームの難易度を変更します。具体的には「ゾンビからの被ダメージ」「ゾンビへの与ダメージ」が変化します。
爆発物やトラップなど他のダメージは変化しません。
また、高難度は進行度が少し進んだ状態で開始するため、強力なゾンビの出現が早くなります。

難易度被ダメージ与ダメージゲーム内テキスト(意訳)
Scavenger25%200%初心者の為の最も簡単な設定
Adventurer80%160%すでに初心者で無くなった人向け
Nomad100%100%経験豊富なFPSプレイヤーの為の設定
Warrior150%80%今あなたに感動を与えます!
Survivalist200%40%子供は絶対にマネしないでください!
Insane250%40%あなたは勇者に相応しい!

Daylight Length Edit

ゾンビの不活性時間である昼の時間を設定します。日没の時間は22時で固定です。
長く設定した場合、メリットもデメリットも発生しますが、プレイヤー有利になります。

  • [12]10時から22時までの12時間が昼間になります。
  • [15]07時から22時までの15時間が昼間になります。
  • [16]06時から22時までの16時間が昼間になります。
  • [18]04時から22時までの18時間が昼間になります。

Zombies Run Edit

ゾンビが走る条件を設定します。NeverRunはプレイヤー有利。AlwaysRunは大幅にプレイヤー不利になります。

  • Default:昼は歩き、夜は走ります。
  • NeverRun:昼夜問わず歩きます。
  • AlwaysRun:非感知時のみ歩き、感知時、視認時は昼夜問わず走ります。

    活性、不活性とは、ゾンビが本来の力を持っているかどうか?の事。
    ゾンビは昼は本来の力が出せ無い状況だが、夜は枷が無くなり襲い掛かってきます。
    感知、非感知は、活性、不活性に関係なく、ゾンビがプレイヤー等の外敵を認識しているかどうか?の事。

Persistent Profiles Edit

ワールド生成後にプレイヤーキャラを変更した場合、ゲーム内のキャラに変更を反映するかを設定します。

  • Off:プレイヤーキャラは最新のものに更新します。
  • On:ワールドに初めて参加した時のキャラを保持します。

Modded Options Edit

ここでは難易度ではなく、バランスや趣向の部分を変更します。
MPで遊ぶときにこの設定を変更すると、サーバー一覧がModdedに移動されます。
title04.jpg

24 Hour Cycle Edit

ゲーム内の1日(24時間)の時間を設定します。長く設定すると昼も夜も長くなります。

  • 10/20/30/40/50/60/90/120/(分)

Block Durability Edit

ブロックの硬さを設定します。自分でのブロックの破壊はもちろんゾンビによるブロックの破壊にも影響を与えます。
大きく設定するとメリットもデメリットも発生しますが、プレイヤー有利になります。

  • 25/50/100/200(%)

Loot Abundance Edit

ゾンビのドロップやストレージ等のアイテムの量が変動します。ここでいうアイテムの量とは種類ではありません。
大きく設定すると、プレイヤー有利になります。

  • 25/50/75/100/150/200(%)

Loot Respawn Time Edit

初めから置かれているストレージ等に再びアイテムが補充される間隔を設定します。
(なお、補充されるストレージ等には条件があります。)
大きく設定する(あるいは補充無しにする)と、プレイヤー不利になります。

  • 無し/5/10/15/20/30/40/50(日)

Drop On Death Edit

死亡時に落とすアイテムの設定をします。
落としたアイテムはその場に青いリュックサックの中身に入れられます。
Toolbelt Only > Backpack Only > Everything >>>>>> Delete All 右に行くほど難易度があがります。Delete Allは相当厳しい設定です。

  • Everything:ベルト、バックパック、装備アイテム全て落とす
  • Toolbelt Only:ベルトのアイテムのみ落とす
  • Backpack Only:バックパックと装備アイテムのみ落とす
  • Delete All:全て消滅(青いリュックサックが出現しなくなります)

Blood Moon Count Edit

プレイヤー集団一つあたり、7の倍数日の襲撃で出現するゾンビの上限数を設定します。
ゾンビの総出現上限数の設定に上書きされ、進行度の上限数より優先されます。

  • 4/8/12/16/24/32/64(体)

Enemy Spawning Edit

ゾンビが湧くかどうかを設定します。

  • Off(途中で設定した場合、既に居る分は消えません)
  • On

Air Drops Edit

空輸される救援物資の届く間隔を設定します。
大きく設定する(あるいはDisabledにする)と、プレイヤー不利になります。

  • Disabled/Every 1 Day(s)/Every 3 Day(s)/Every 7 Day(s)

Cheat Mode Edit

チートモード(デバッグモード)を使用できるかを設定します。
ONにした場合、プレイ中にチート用のホットキーが使用できます。
もちろん使わずに遊ぶことも可能です。詳細は操作方法を確認下さい。

  • ON/OFF

Mark Air Drops Edit

空輸される救援物資の落下地点をマップに表示するかを設定します。
ONにした状態で救援物資が空輸された時、落下地点をマップに表示します。
MAPの生成範囲にあるものは再ログイン後も保持されますが、その範囲外では近づくまで消失します。
ONにした場合、プレイヤー有利になります。

  • ON/OFF

Multiplayer Edit

ここではSurvival MP選択時におけるマルチ環境下での設定を行います。

Friendly Fire Edit

仲間に攻撃が当たるかどうか設定します

  • Off
  • On

地雷等の爆発物に対してはオフにしていてもダメージを与えるので注意しましょう

Public/Private Edit

ゲームを公開するかどうかを選べます。

  • Private Game:検索でヒットしなくなるので、サーバー名かIPを直接入力しない限り参加が出来ません。
  • Public Game:検索によりサーバーを見つけ、入ることが可能です。

知人とのみ遊びたい場合はPrivate、不特定多数の人と遊びたいならPublicを選択しましょう。

Max Players Edit

接続できる最大人数を設定します。

  • 2/4/8/16(人)
    • 公式は最大 8人
    • 1人様MAP生成に2GB-3GBと換算(Alpha7.9-)。
      • [目安:SurvivalSP / OS: 2GB+MAP生成: 2GB+1時間毎:1.5GB-2.0GBずつ増加 5-60分おきにアプリ再起動/
        windows7 64bit 16GB 32bit版 7DAYS TO DIE.exe]

Game Password Edit

ゲームのパスワードです

  • [\   ] 初期状態

Public Game(公開)の時は、必ず確認しましょう。ワールド生成時にエラーを返されます
英字・数字4文字-16文字まで(小文字/大文字は区別しましょう)

Game Port Edit

ゲームのポート番号です.よくわからなければ変えないほうがいいでしょう

  • 26900

NAT Punchthrough Edit

NAT Traversanの自動化設定

  • Enabled:使用
  • Disabled:不使用

Claim Size Edit

LandCraimStornブロック(key stone)の範囲を設定します。

  • 21/31/41/51/71(ブロック)
    • 範囲は緑色の発光エリアになります。最大71(35+1+35 *2)ブロックの立方体(サーバーにより各設定) 
    • 最小の範囲は、∞*41*41 (z高さ)*(x幅)*(y幅)
    • ブロックから上の数値が適応されます
    • ブロックを中心とした∞*21*21-[31/41/51Blocks]-∞*71*71が縄張りの範囲です
    • この範囲を他プレーヤーたちは、key stoneブロックを置く事はできません
    • ただし、効能日数の期限が切れた場合は破壊可能。プラス 設置した本人(グループ仲間)が壊した場合
    • 縄張りのため、拠点のブロックの堅さが倍率変更されます

Claim Deadzone Edit

key stoneを置かれた範囲に、新たな別のkey stoneを置いても効能しない範囲

  • 10/20/30/40/50ブロック

Claim Duration Edit

プレイヤーキャラクターがkey stoneエリアにいない場合、効能が失効する時間の設定

  • 1/2/3/4/5/10(現実日数)

効能が切れた場合、拠点のブロックの固さは元の規定値に戻ります。再設置が出来た場合は縄張り主張できる

ClaimDecay Mode Edit

効能が切れた後、腐敗・風化される速度の設定

  • Slow / Fast / None

限切れ3日後にゲーム時間の7Days/1週間(?)かけて3段階で消えていきます

ClaimHealth Online Edit

プレイヤーがオンラインの状態におけるkey stoneとその範囲のブロックの強度強化の度合いの設定

  • Infinite(破壊不可)/1x/2x/4x/8x/16x/32x/64x/128x/256x

ClaimHealth Offline Edit

プレイヤーがオフラインの状態におけるkey stoneとその範囲のブロックの強度強化の度合いの設定

  • Infinite(破壊不可)/1x/2x/4x/8x/16x/32x/64x/128x/256x
     

デフォルトの設定に戻す Edit

Restore Mode Defaults Edit

  • 設定を初期状態に戻します
     

設定が終わったら Edit

  • スタートボタンでゲーム開始です。ゲームワールドが生成されます
    ワールド生成ののち、『<Enter>to play』の表示ののちEnterキーでゲームを始めます、思う存分楽しんでください。

ワールド生成中のエラーメッセージ Edit

  • ワールド生成でPCのメモリーが足りないとエラーメッセージやプレイ中に<Out of Memory>が表示されます
  • フリーズ・エラー 「asdasdaklsdOadlOkaslOdkaslOdkaslOdkasdOl」 ※大文字のOはロシア語[:o]表記
  • 指定された人数の上限オーバー(マルチ限定)「Connecting to server via NAT Facilltator... (Press ESC to cancel)」
  • Server Ban! (マルチ限定)
    「Server disconnected you;
    Reason:"FF8000"xxx(Steam-Name) has been banned until X/XX/2015/X:XX:XX AM.
    Please choose a different server.」



画面の見方がわからない場合は各種画面の見方
操作方法がわからない場合は操作方法
ワールド設定や起動方法がわからない場合はゲームの始め方
オプションを変更したい場合はオプション
その他わからないことは質問する前によくある質問へどうぞ