Top > マシンボーグ
HTML convert time to 0.019 sec.


マシンボーグ

Last-modified: 2008-01-02 (水) 15:54:30

種族別:マシンボーグ Edit

マシンボーグの小攻略集。…って、多いよ(つД`)

あと、マシンボーグはブーストタイプなので、慣性移動を読んでおくといい。


トランスフォーム可能ボーグ全般 Edit

トランスフォームができるボーグは

マシンボーグ6機、タンクボーグ1機の計7機。

トランスフォームの共通点は以下の通り。

  • トランスフォーム時に音が鳴る。
  • トランスフォームするとB射撃がリロードされる。
  • トランスフォームするとトランスフォーム前の射撃は全て消滅する。
  • きりもみダウンでロボ形態に戻る(この時も射撃は全て消滅)

    ジェット形態の時はハイパーアーマーがつくので、タンク変形するボーグ限定。
  • 格闘がヒットした際は後隙をキャンセルしてトランスフォーム出来る。
  • Bチャージしている状態でトランスフォームするとチャージゲージが0に戻る。
  • 天井が低くてロボ形態で入れないところでロボ形態にトランスフォームすると天井に合わせて小さくなる。

    天井が低いところから出ると元のサイズに戻る。収縮分はスモールスペル扱いで能力が低下する。
  • ベノム/ポイズンワームの毒を食らった時にトランスフォームすると、エフェクトが無いのにHPが減るというなんとも不思議な状態に。
  • タンク変形するボーグ限定だが、ロボ形態で上昇中にトランスフォームすると上昇距離を伸ばすことが出来る。
  • 着地と同時にトランスフォームするとなぜか通常より高い位置で変形する、タイミングは非常にシビア。
    • もはや事故レベルなのだが一応詳細説明

      着地と完全同時に(エフェクトが出てからでは遅い)変形を行うと通常より高い位置で変形する。

      着地時のボーグ自体の速度に影響されているらしく、空中格闘などで地面に突っ込んだときに発動すると

      フォートレスのデフォルト位置ぐらいの高々度で変形する。

      なお、この瞬間の判定は空中らしくビクトリーキングはジェット形態となる。


#001:Gレッド Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
マシンボーグ出現ステージ無オールマイティタイプ基本型/+10
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
A3002003446ブーストジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ビームガン(5-10)プラズマナックルGバスターGクラッシュ-

主人公のパートナーボーグ。主人公機だけあって近遠共にバランスの取れた性能を持つ。コストに比してはっきり言って強い。が、やや低めのHPは唯一の弱点と言えるかもしれない。

途中真Gレッドにパワーアップするため強制的に消えてしまうが3周目をクリアすることで再入手可能。ただし、Lvは受け継がない模様。

通常格闘
ストレート→ストレート→アッパー。アッパーはエリアル開始技で、エリアル専用技あり。
ステップ格闘
滑り込んで、ジャンプしつつアッパー。

エリアル始動技で、足が地面から離れる前ならジャンプキャンセル可能。タイミングは相当早めなので意識していないと難しい。
空中格闘
短い溜めの後にキック。
空中ダッシュ格闘
2ヒットする浴びせ蹴り。
着地格闘
サマーソルト。ジャンプキャンセルでエリアルに持ち込める。
エリアル
右ストレート→左ストレート→踵蹴り→蹴り上げ→回し蹴り→浴びせ蹴り

真Gレッドに比べて空中ダッシュ格闘の使い勝手がいい。隙が少なく他の攻撃へと繋げやすい。地上ステップ格闘は空中ダッシュ格闘からつながり、そのままエリアルに持ち込める。

おすすめエリアルのレシピは 空中ダッシュ格闘>ステップ格闘>エリアル3段目キャンセルGクラッシュ>Gバスター。下手に段数を増やすとGクラッシュの一番威力の高い部分(拳に気を溜める動作)がヒットしづらくなる。

複数のボーグを相手にする時は空中ダッシュ格闘→着地→ジャンプ→空中ダッシュ格闘

というのも使える。敵が近づいてきたらすぐやめる事が出来るからだ。

レアカラーのほうが弾数が増えやすい。金のレベル10(レベル16相当)で10発になる。

ちなみに、LvとHPと弾数の関係は、以下の通り。

LV-1012345678910111213141516
HP180190200210220230240250260270280290300310320330340350
弾数5555666677788899910

公式いわく「ステキ貫通ビーム」Gバスターはあろうことかレバガチャ対応。極悪すぎる性能になってます。真になっても性能変わらず。鬼か。

VSモードでGレッドを先発させたり撃破されると、ストーリーでは喋らないセリフをペラペラ喋る。これこそ主人公機の特権である。

ちなみにGレッドというのは名前で、ボーグ自体の種族名は「ヒーローロボ」。公式のキャラクター紹介欄にあるので間違い無い。

という事はアナザーカラーの青いヒーローロボが実はノーマルカラーなのか? 真Gレッドにアナザーカラーが無いのもこう考えるとちょっと楽しい。

なんと、マシンボーグの中で一番コストが低い…。

#004:アイザック Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
マシンボーグパートナーショートレンジタイプ基本型/+10-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
A3503304354ブーストジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
アイザックミサイル(4)アイザッククロー-アイザックスピン-

キツネのパートナー。ベースはクローロボ。性格等はこちら

格闘モーションはクローロボと同じ。

HPが増えているだけでなく全体的にまんべんなく強くした印象で、心なしかミサイルの誘導性能が高くなっているような気が。その他性能はクローロボと共通。

アイザックやクローロボなどのロボ系は、歩行速度こそ遅いものの地上ステップ(というかダッシュ)の有効時間がかなり長いのが特徴。

LV10まで上げてもミサイルの弾数は4のままだが、かわりにリロードが早まる。(約4秒→約3秒)

注:リロード速度上昇はLv9で確認した。それ以前のLvで変化(段階的に上昇?)している可能性もあるが未検証。

他のパートナーボーグと違い、レアカラーが手に入る可能性がある。

#014:真Gレッド Edit

種族敵フォース編成別タイプ成長型/HP増アナザーカラー
マシンボーグ出現ステージ無オールマイティタイプ基本型/+10-
レアコストHPDEFSHTATKSPDジャンプ特殊
A5004005566ブーストジャンプ-
BショットBアタックBチャージX攻撃Xチャージ
ビームガトリング(10-15)プラズマブレードGバスター真Gクラッシュ-

Gレッドの発展型。当然コストも上がってるので、Gレッドからのバージョンアップ直後はフォースの再編成をお忘れなく。

Gレッドからの主なパワーアップ点は、

  1. HPが2倍
  2. Bショットの弾数が2倍
  3. Bショットの連射力上昇(威力は同じ)
  4. Bショットのリロード速度上昇(弾数が増えているのに!)
  5. 機動力の上昇
  6. X攻撃の隙が減少
  7. スーパーアーマー効果付加

と、ざっと挙げてもとんでもないパワーアップをしている。

性能はあきらかにコスト以上に強すぎるので、対人戦などでは注意が必要。友達無くすなよ?

尚、Gレッドの経験値は引き継かれず、真Gの登場とともにGレッドは消え去る。

通常格闘
右ジャブ→左ストレート→剣で斬り上げ(二ヒット)
ステップ格闘
アッパー。エリアル開始技。
空中格闘
切り払い×2→唐竹割り 唐竹割りは威力が高く、さらに相手を下にたたき落とす効果もあり。
空中ステップ格闘
切り払い×2→唐竹割り 空中格闘とはモーションが若干違う。こちらもたたき落とす効果あり。
着地格闘
サマーソルト→跳び蹴り 飛び蹴りは威力と吹き飛ばし力が高い。
エリアル
右ストレート→左ストレート→斬り払い×4→浴びせ蹴り×2(2段目は下方向に吹き飛ばす)

空中格闘と空中ステップ格闘は、段数は一緒だがモーションが若干違う。

空中格闘の方は上から下へと切り払った後、更に下から上と切リ払うが、空中ステップ格闘の方は下から上、上から下と、逆の切り払いモーションになっている。

両方とも最後は唐竹割りで、着地してからやはりエリアルに持ちこめる。

唐竹割りの威力は非常に高いのだが、その前の切り払いはかなり抑え目のダメージになっている。

そのため空中格闘で大ダメージを与えようとすると唐竹割りまで繋ぐ必要があるが唐竹割りまで出すと空中で長い時間停止する事になり危険。

敵が多い場合などは欲張り過ぎないように。

真GクラッシュはGクラッシュに比べて突撃までの時間が短縮され使い易くなったが、攻撃判定が消えてから行動可能になるまでの時間は大幅に増えている。

そのため上方向に向かって撃つと攻撃後にかなりの間は放物運動をすることになる。

これを回避するためには 下に向かって撃つようにするかGバスターでキャンセルをかける必要がある。

近接コンボの鬼。

  • 通常格闘三段 → 真Gクラッシュ → Gバスター
  • ステップ格闘 → ジャンプキャンセル → 空中エリアル1〜7段 → 真Gクラッシュ → Gバスター
  • 空中格闘三段 → ステップ格闘か着地格闘1段目 → ジャンプキャンセル → 空中エリアル1〜7段 → 真Gクラッシュ(大抵ここできりもみダウン) → Gバスター(当たっても数ヒット)
  • 空中ステップ格闘三段 → 着地格闘 → Gバスター

などなど、挙げればキリが無い。ほとんどの格闘が低吹き飛ばし力なので色々つながる。

「真Gクラッシュ → Gバスター」のつなぎには多少の慣れが必要。

バーストすると着地格闘2段目の跳び蹴りや、空中エリアルの踵落とし二段目からも真Gクラッシュがつながるようになる。

ちなみに通常格闘は3段ヒットに見えて実は4段ヒット。

3ヒット目の直後にジャンプキャンセルして、空中エリアルに繋げる事が可能(タイミングはちょいシビア、ずれるとエリアルを外してしまう事が多い)。

更に着地格闘のサマーソルトもジャンプキャンセルで空中エリアルに繋げられる。こちらもタイミングがシビアだが、実質三個もエリアル開始技を持っている。

ビームガトリングの弾数はノーマルカラーLv10では最大13と中途半端である。

金のLV10はノーマルのLv16相当(というべきか)であり15発。

尚、LvとHPと弾数の関係は、以下の通り。

LV-1012345678910111213141516
HP380390400410420430440450460470480490500510520
弾数1010101011111111121212131415

2周目以降は最初から真Gなのは有名だが、序盤で使う真Gにレアカラーのものを選ぶことができる。

やり方は簡単。ノーマルカラーよりも前(左上)にレアカラーを置いておくか、ノーマルカラーを倉庫に入れておこう。

複数個所持している場合は一番先頭のものが出ます。レアカラー真Gを育ててる人も安心。

真Gを全て倉庫に入れていた場合は、ノーマルカラーの真Gレッドが出てきます。

その場合、真Gレッドに経験値は入りません。

#include(): Limit exceeded: クローロボ

#include(): Limit exceeded: ビルドロボ

#include(): Limit exceeded: サンダーロボ

#include(): Limit exceeded: マグネットロボ(+)

#include(): Limit exceeded: マグネットロボ(−)

#include(): Limit exceeded: メガトンロボ

#include(): Limit exceeded: ドリルロボ

#include(): Limit exceeded: ハンマーロボ

#include(): Limit exceeded: アーミーロボ

#include(): Limit exceeded: プロトレッド

#include(): Limit exceeded: プロトブルー

#include(): Limit exceeded: プロトタイタン

#include(): Limit exceeded: プロトイーグル

#include(): Limit exceeded: プロトマーズ

#include(): Limit exceeded: プロトアトラス

#include(): Limit exceeded: プロトキング

#include(): Limit exceeded: プロトパンサー

#include(): Limit exceeded: パンサーロボ

#include(): Limit exceeded: マシンレッド

#include(): Limit exceeded: マシンブルー

#include(): Limit exceeded: タイタンロボ

#include(): Limit exceeded: イーグルロボ

#include(): Limit exceeded: サイバーマーズ

#include(): Limit exceeded: サイバーアトラス

#include(): Limit exceeded: ビクトリーデューク

#include(): Limit exceeded: ビクトリーバロン

#include(): Limit exceeded: ビクトリーキング

#include(): Limit exceeded: サイバーマシン・青龍

#include(): Limit exceeded: サイバーマシン・朱雀

#include(): Limit exceeded: サイバーマシン・白虎

#include(): Limit exceeded: サイバーマシン・玄武

#include(): Limit exceeded: Gブラック