Top > 「ショック・トゥ・ザ・システム」
HTML convert time to 0.007 sec.


「ショック・トゥ・ザ・システム」

Last-modified: 2017-07-16 (日) 20:48:55

◆正式名称「ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ10100745:ショック・トゥ・ザ・システム」◆

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆#1#2#3#4#5#6#7#8
◆実況付◆:#1()/#2()/#3()/#4()/#5()/#6()/#7()/#8

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

日本を離れた遠洋は、この世の果て、あるいは荒廃したランドスケープを思わせる、広大無辺な暗黒領域だった。
そこを往くのは恐るべき沿岸警備隊艦隊。中心部には巨大海上都市めいて君臨するサイバー旗艦、グランド・オイラン級超大型原子力航空母艦「キョウリョク・カンケイ」の姿もあった。

 

キョウリョク・カンケイ艦内をSPを引き連れて歩くスーツの男。彼の名はシキタリ・シャンイチ官房長官。
いかなる感情も読み取れぬこの男の正体はニンジャ……それもアマクダリ最高幹部である。

 

この巨大空母に今密かに迫るは二人の軍団。
10月10日未明からの一連のイクサの目的がついに明かされる!


解説 Edit

「ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ」第5章。前章の終了から1時間半ほど経っての再開だ。
今次作戦におけるフジキドの最大目標、そして世界真実の一端が遂に明らかになる。
これまでひたすらに積み重ねられてきた戦いの連鎖が大いなる流れを生み出し、登場人物全てが、各々にとっての最大のイクサを開始する。
命がけのカラテ、意地、信念、それら全てを賭けて、アマクダリという暗黒の「システムを突き揺るがせ」!!

 

ちなみに余談ながら章題の由来は、かつて紹介されたBilly Idolの「Shock To The System」ではないかという説が濃厚だ。

 

物理書籍版では「不滅のニンジャソウル#7:ロンゲスト・デイ・オブ・アマクダリ(上)」に収録。



「滞り無くコメント委譲プロセスが進む事を期待しております。私一人では少々、荷が重い…」