Top > 「ニチョーム・ウォー……ビギニング」
HTML convert time to 0.012 sec.


「ニチョーム・ウォー……ビギニング」

Last-modified: 2017-03-15 (水) 20:28:50

togetterまとめ Edit

◆まとめ◆:#1#2#3#4#5#6#7
◆実況付◆:#1()/#2/#3()/#4()/#5()/#6/#7(

登場人物 Edit

...

あらすじ Edit

ニチョーム・ストリート。黒い仮設防壁に囲まれ、緩やかに隔てられつつある街。
キョート共和国との不穏が喧伝される中、この街にもまた静かな異変が起こり始めていた。

 

自治の網を掻い潜り、路地裏で蠢く異物「ピュア・オハギ」。一人またひとりと広がっていく中毒者。
派遣総督ディクテイターの圧政下においても、ニチョームのヨージンボたるザクロヤモトは事態打開の為に奔走する。
だが、その黒幕は予想よりも早くに彼女らの前に現れたのであった……!

 

失われゆくヤクザ・ミーミーの暴走。虐げられたニチョームの人々、集結したニンジャたち。
そして、嘗てニンジャとヤクザによって数奇な運命に巻き込まれた2人の若人、ヤモトとショーゴー。
過酷な歩みを経て、成長を遂げた2忍の道が今再び交差する時、運命はニチョームに何をもたらすのか。
ボーイミーツニンジャガールアゲイン……ヤクザノワールカチコミ譚。


解説 Edit

壮絶なる逃避行が描かれた「デス・トラップ、スーサイド・ラップ」から直結するエピソード。今回は少し時間を巻き戻し、少しづつ「その時」へ向かって物語が進んでいく。
確実に追いやられるニチョームの行方、待ち望まれていたティーン・ニンジャの再会、来るべき戦争へのカウントダウンと、ヘッズの注目も厚かった一編である。
特に同時連載されていたコミカライズ版ラスト・ガール・スタンディングとの直結掲載は多くのヘッズの感動を誘った。是非#5実況付まとめを閲覧し、そのムーブメントを追体験してほしい。
さらには2014年エピソード人気投票第にて5位の快挙を成し遂げた。
(しかしここだけの話、一番ヘッズの関心を引いていたのはアイドル最悪の屑=サンの行末であった気がしないでもない。)

 

今ここに「ニチョーム戦争……開戦」



「ハイ。ハイ。その通りでございます。ハイ。全くもって抜かりはありません。ハイ。コメントはしないでしょう。完璧な監視リージョンだ」