Top > ナブケ/カツラ/エビウミ
HTML convert time to 0.004 sec.


ナブケ/カツラ/エビウミ

Last-modified: 2017-08-09 (水) 20:33:20

登場エピソード Edit


人物 Edit

  • ニンジャに奴隷的酷使をされていたところをセイジに助けられた、テンサイ級の実力を持つハッカー達。
  • 以後、セイジに対する恩と謝礼によって、テックの力を持って彼に協力する。……が、どうも「ニンジャスレイヤー」となったセイジの力を過大評価しているのか、はたまたニンジャに虐げられた復讐心からか、ゲーム感覚でニンジャ狩りに参加している節がある。
     
  • 活動内容はニンジャ活動の痕跡発見、及び簡単な作戦プランの提示。
  • システムがまだ急ごしらえだからか、精々サンシタか野良ニンジャの活動しか網にかけられない。それでもニンジャスレイヤーのルーツがマルノウチ・スゴイタカイビルにあると突き止めたり、多数の傭兵をコントロールするといった活躍も見せている。
  • 要はセイジと同じく、「素質はあるが場数が足りない半人前」なのだろう。3人がかりでナンシーシバカリの2人に翻弄されるあたり、格の違いが際立っている。

ナブケ Edit

 

「これなら実際、昔のニンジャスレイヤーよりも上では?」


  • 三人衆のリーダー的存在。性格的には平均的マッポーのアウトサイダーであり、下衆い発言もする。オリジンを軽視する発言が過ぎてセイジに威圧されることもしばしば。
  • マルノウチ・スゴイタカイビル爆破作戦では他の二人と共に傭兵を指揮するが、ナンシーとシバカリの介入に苦戦。同輩たちがシバカリの情け容赦ない攻撃で次々脱落する中でも粘るが、最後はニューロンを焼かれたと思しき悲鳴とともに消えた。
     
  • 書籍版で加筆されたシバカリのセリフによると、「中年の危機の年齢」とのこと。いい年こいた「大人」が、無軌道若年者を焚き付けていたらしいというより邪悪な真実が明らかとなった。

カツラ Edit

 

「幾つかアクティブ・ニンジャ情報があります」


  • シバカリの調べでは「ギリギリ成人」の「女の子」
  • 作中では新たなターゲットを調査し、セイジに行動プランを提示する場面が多かった。
  • スゴイタカイビル爆破作戦ではシバカリの情け容赦ない攻撃を受け、エビウミの直後、二番目に脱落。エビウミと同じく口座を食い荒らされたものとみられる。

エビウミ Edit

 

「ニンジャスレイヤー=サンのキュレーション能力、素晴らしいものがあります」


  • シバカリ曰く「ボースタル子供達」。borstal(=少年院)へ行く年齢という意味であろうか。
  • 登場が遅かったこともあってハッカー三人衆では一番影が薄い。
  • スゴイタカイビル爆破作戦ではシバカリの情け容赦ない攻撃を受け、真っ先に脱落。自身の個人情報と両親の銀行口座情報をすっぱ抜かれ、カネを根こそぎ奪われてしまった。

一言コメント

『あれ?コメント解析に時間がかかるなァ?』