Top > ヒナヤ・イケル・タニグチ
HTML convert time to 0.008 sec.


ヒナヤ・イケル・タニグチ

Last-modified: 2017-08-09 (水) 07:16:55

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ヒナヤ・イケル・タニグチ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「…ヘイ、人々、聴け。今夜もDJゼン・ストームと12人のクルーが送る、革命レディオ!キツネ・ムレ・チイサイ!」


人物 Edit

  • 反体制違法放送「キツネ・ムレ・チイサイ・レディオ」(KMC)のDJ。通称 「DJゼン・ストーム」。42歳。
  • ニスイ・タニグチ(デリヴァラー)の養父で、KMC発足前は伝説のミクスチャーバンド「ブルタル・ショウギ・サイボーグ・ヴァーサス・アングリー・タナカ・メイジン」(BSCVATM)のフロントマンだった。
     
  • ストリート出身でありながら、ネオサイタマ大心理学科を卒業し、在学中は弁論大会で優勝するなど、知性と教養は高い。そして文字通り「手も足も出ない」絶望的な状況にすら折れない不屈の精神を持ち、短絡的で組織的な暴力行使を嫌い、マイクと音楽を武器にシステムからの抑圧と戦う事を信念とする。
  • ニスイに対しては実子に劣らぬ愛情を持っているが、父親としては不器用な部分も多く、ニスイがセンタ試験に挫折しかかっている事も手伝い、ここ最近の関係はギクシャクしていた。
ニスイ、ノボルバシとの関係

外見 Edit

  • 白髪交じりのアフロヘア。
...

「キツネ・ムレ・チイサイ・レディオ」 Edit

  • 略称KMC。タニグチが主催し、DJを務める反体制違法放送。
  • 三つのキツネサインをシンボルとし、これはタニグチがノボルバシと共に考案したものである。反体制ながら主義主張は非暴力。目先の怒りや体制メディアの扇動に乗せられて安易な暴力行動に走ることを戒め、本当の敵を見極めて「陰謀」を巡らすように呼びかける。
  • メガヘルツ解放戦線と協力体制にあり、違法改造サイバーサングラスを介した放送システムや、放送電波の増幅中継基地など、技術基盤は戦線の提供による。レディオの主張ではなく放送技術がアマクダリの策謀に抵触したことが切っ掛けで攻撃を受け、その主義に殉じる形で壊滅に至る。

レディオクルー Edit

  • タニグチの同志であり、また彼の息子ニスイを親族のように見守る仲間たち。十二名の名前だけは明らかになっているものの、チーム内の役割や外見など、それ以外の情報が皆無に近いメンバーが少なくない。ショッギョ・ムッジョ!
クルー名簿な

ストーリー中での活躍 Edit

「奴らのブルシット・ハナフダ奪い取り、破り捨てて失禁させ、馬乗りになって殴り続ける!ナムアミダブツ!ネタバレあれ!」

一言コメント

怒りに燃える二人の父親は、厳粛な足取りでコメントの喉笛に歩み寄った。