Top > フォールズクリーク
HTML convert time to 0.292 sec.


フォールズクリーク

Last-modified: 2017-03-24 (金) 15:45:24
 

マップ画像 Edit

59IsVE5.jpg

全体マップ Edit

nfc.png nfc.jpg

特徴 Edit

遠方に見える滝が名前の由来か。
南北の東側に各チームの出撃位置がある。
陣地は川と崖に囲まれた南北中央の西寄りにあり、少し小高くなっている。

東側中央には石のアーチ橋がある。ここでの戦闘はわりと序盤は膠着する。一両が凸ったら全員で凸らないと負ける。

川の水深は全般的に浅く、河岸が崖になっていない限り、どこからでも渡ることが出来る。
また、北側には鉄の橋が架かり、南側は川の先端が池状になっており、そこから陣地に向かうことが出来る。

西側 Edit

陣地から建物を隔てた西側である。高台も用意されていて、中央よりは戦いやすいが、通る射線は限定的であり、現状あまり優位に立てる場所ではない。

しかしながら、その高台からはマップ中央方向こそ建物に隠されているが、マップの南端、北端方向はそれぞれ展望できる。従って、逆レミングスから容易く攻めてくる敵に対して射線を通せたり、橋レミへの裏取りが敵を引きずり出して来た時等に射線を通すことが可能である。
しかしながら限定的である事は変わらず、東側を越える優位は存在しない。

中央 Edit

アップデートにより、ここの陣地周辺は、東側から大変良く射線が通るようになった。おかげで、橋周辺の優位が無ければ、陣地はスポット1つで攻撃を受ける事になるため、占領地に対する優位も中央にはない。
東から射線を切れる障害物も限定的で、かなり動き辛いので、ここに開幕から行くのは愚策である。

東側 Edit

アップデート後は非常に価値のある場所となった。
中央部の石のアーチ橋を挟んで、東側制圧を狙った激戦地になることが多い。
アーチ橋周りは民家や岩があるため、それを遮蔽物にして、重戦車、駆逐戦車により激しい砲撃戦が展開される。さらに、西側からは岩で大きく射線が切れているので、正面に集中しやすく、非常に戦いやすい。

今のところ東側は優位であるので、基本は東と思って戦うといい。

 

進行ルートイメージ Edit

参考用のよくある進行ルートイメージです。

 

セオリー Edit

東側の優位性 Edit

アップデートで大きく動き方が変わった。基本主力は東の橋にレミングスと思っておいた方が良いでしょう。
アーチ橋を制圧すれば、ほぼ東側は制圧出来たことになる上、陣地は何処に居ようとスポット1つで攻撃が出来ます。
さらに西側方面にまで建物の隙間からうっかり出た敵を攻撃でき、マップの西側中央付近を除いた広い地帯を射線におさめる事が可能です。

もし敵が分散していた時は、早期に橋を越えて完全な制圧をしたいところですが、橋周りは中央から射線が通るため、電撃的にラッシュを決め込む事が必要となります。これが遅れると裏取りが到着するなどと少し戦いにくくなるので、いざというときは統制をとる事が大事です。

なお、もし裏取りが到着してしまった時、敵の多くがまだ発見できていなければ、その時は裏取りに対してしつこく追うことは厳禁です。岩の東側から出ると西側からの射線が通るようになるため、あくまで冷静に対応していくことが重要となります。
しかしながら、裏取りに射線の支援が無い時は、敵は逃げるときに車体を隠しにくい地形となっているので、敵の把握が出来ていれば返り討ちも可能です。

 

冷戦(東側対西側の戦い)になったとき Edit

東側 Edit

まず、陣地の占領は東西どちら側からでも不可能ですし、どちらもすべきでありません。
この時、射線に関しては東側の方が広くとれます。しかしながら、西側からしてみれば、東側から撃たれてるのは明白なので、必死にスポットを取りに来ます。この時、東側は中央付近の障害物を利用しながら、先にどんどん敵の位置を見つける必要があります。つまり攻めてくる勢力があれば、それを素早く発見し、これも東側の狙撃地点から出来る限り削っていきます。
これが東側を取った陣営の基本の攻勢方法で、南北から来た敵も含め、茂みに潜ませる前に、こちらから痛手を追わせる事が重要です。

1つ注意したいのは、東側の陣営が南から攻勢をかけると、途中が狭路になっており、膠着した際に西南高台から攻撃を受ける点です。ここのスポットをとるには電撃的に押して行くことが必要になりますが、そのためには東側という有効な位置を捨てざるを得ないため、あまり有効とは言えません。
かといって、北からの攻勢も足並みを揃えて進まないと、敵に待ち伏せされると、ウルフパックで各個撃破されるおそれがあります。

東側は基本的に利点の多い地形ですので、迎撃にむいており、その恩恵を受ける前に捨ててしまうような速攻は、決して有効でないと言えます。

西側 Edit

東側狙撃地点に強く注意した行動が必要となります。うまく観測をしてもスポットが切られてしまえば、また撃たれるまで見つけれない事も多く、非常に攻めづらいです。西側から中央の建物の間を進んでも、東からは容易に射線を通されてしまう事が多く、それに対して東側には対して攻撃をしにくい事は変わりません。

以上の理由により、単純なにらみ合いだと東側よりも不利になりがちです。

十分な戦力を保っている東側の敵の攻略法としては、敵の分散を見計らって南北からタイミングを合わせて攻勢をかけ、中央でも快速が待ち構え、川へ逃げてきた敵を各個撃破することになりますが、初心者には難易度が高いと言えます。

ただし、もし東側の敵がある程度減っている場合や、弱っている場合には、南北どちらかから押す隊と、中央から川を渡ってハルダウンで側面攻撃する隊の、2隊による十字射撃により、トドメを刺す事が出来ます。

とは言え、総論としては、レミングスをするならば東側が有利になりやすいと言えますので、今のところはこれを頭の片隅においておくと良いと思います。

 

その他のマップ画像 Edit

nfc1.jpg nfc2.jpg
nfc3.jpg nfc4.jpg
nfc5.jpg nfc6.jpg
nfc7.jpg nfc8.jpg
nfc9.jpg nfc0.jpg

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 橋レミするなら一揆に押し切らないとケツ掘られて死ぬマップ。MTは初動で橋に行くなよ、ただでさえ渋滞しやすいんだから的が増えるだけ -- 2016-12-17 (土) 13:07:23
  • 橋レミで自軍の方が台数が多いと判明した時は一気に突っ込むようにすればそこそこ勝てる。味方が付いてこなきゃ終わるけど。重戦車、中戦車が突進しても駆逐が後ろで様子見、敵の裏取り部隊に撃破されることが多々あるので、味方が突っ込み始めたら駆逐も前に出よう。装甲がないなら重戦車をおとりにするなりHPで耐えるなりして、台数での優勢を一気に作れればほぼ勝ち。 -- 2016-12-26 (月) 02:18:58
  • アメリカ産の石頭HTで橋のハルダウン決めた時の快感が忘れられないんだ.... -- 2017-01-13 (金) 19:49:16
    • 中央からパンパン撃たれて死亡♪ -- 2017-01-31 (火) 11:21:59
  • LTで出撃した時のここの優勢戦で戦わずに味方が東側取れそうな場合って西側行かずに中央のcap言った方が良いよね? -- 2017-02-07 (火) 09:03:21
    • 橋で戦闘がないってことは敵は工場側にレミってるという事だろう。中央に単独で突っ込んだら確実にボコられるぞ。capの前に敵の位置を偵察するんだ -- 2017-02-07 (火) 09:22:11
    • 陣地を一瞬踏んで間抜けをおびき出すってんならまだわかるけど、件の戦況でLTがcapする気で陣地にとどまったりしたら骨も残さず溶けるのがオチ。 -- 2017-02-14 (火) 16:27:43
  • 今日ダム?みたいなところの向こう側に行ってる人がいた。明らかに水没してるのに死んでなかったし、トレモで試しても行けなかったし・・・どゆこと? -- 2017-02-25 (土) 19:11:07
    • ↑すまん -- 2017-02-25 (土) 23:16:33
    • 運河マップやった -- 2017-02-25 (土) 23:17:07
    • 運河マップやった -- 2017-02-25 (土) 23:17:09
  • ここのいいスポットポジあったら教えて下さい -- 2017-02-26 (日) 17:35:11
    • 陣地そばのタンクにある茂みが定番じゃないかな?ただ北スタートだと若干スポット取り辛い気がする -- 2017-03-14 (火) 16:33:59
  • TDだと結構行き場に迷う -- 2017-02-28 (火) 14:42:06
  • マップの名前の由来になってる滝がどこにあるのかよくわからない。どっち方向? -- 2017-03-15 (水) 12:33:28
  • 私も分からない。橋の東側の小川には戦車が落ちるからフォールズクリーク、とか? -- 2017-04-29 (土) 23:57:04
  • 滝は昔のマップのことでは? -- 2017-04-30 (日) 06:22:52
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White