Top > 初心者指南所
HTML convert time to 0.022 sec.


初心者指南所

Last-modified: 2017-07-31 (月) 16:29:06

随時更新中です
解説の要望あればコメントください

ゲームをはじめるまで Edit

先ずはゲームを出来る状態にしましょう。
ダウンロード・登録を参考に、
アプリをダウンロードしてログインしましょう。

ゲームルールも読んでおきましょう。

 

チュートリアル Edit

初めてゲームを始めるとチュートリアルが始まります。
基本的な操作方法を学んでください。

 

出撃準備 Edit

ガレージ画面 Edit

チュートリアルが終わるとガレージ画面に移動します。
画面説明を見て画面項目を確認しましょう。

 

ガレージで出撃車両を選択しよう Edit

自分のガレージには各国1車両ずつ、6つの戦車を所持しています。

  • ソ連:MS-1
    装甲は薄くHPも低いため耐久力は低いがちょっとだけ高火力(単発の攻撃力は並程度だが分間火力が良い)。戦車砲の貫通力に優れる。機動力は並程度。
  • ドイツ:Leichttraktor
    Tier1では平均的な性能。質量に対して馬力があるため、加速力に優れる。後部砲塔(砲塔が車体後部にある)であり、車体前部にエンジンと弾薬庫が存在する。エンジンは大破すると動けなくなるし、弾薬庫は大破すると一撃でHPがゼロ(=お陀仏)になる。遮蔽物から後ろ向きに出ることが大切。
  • アメリカ:T1 Cunningham
    一番最高速度が早く、加速も良好。火力はそこそこ。後部砲塔なうえ後退速度が絶望的に低い。優秀な機動力でやや低い防御力を補う必要がある。
  • イギリス:Medium I
    Tier1唯一の中戦車だが、装甲は最も薄い。全周6mmの紙装甲かつ鈍足。Tier1にしてTier3相当の大口径砲を積めるのが唯一の救いか。高い単発火力をどう活かすかが鍵となる。
  • 日本: Renault Otsu
    車体装甲が厚く、驚異の俯角(砲が下を向ける角度)を持つ。地形対応能力はピカイチだが、主砲の貫通力・機動力ともに低い。
  • フランス:Renault FT
    自動装填砲の高い瞬間火力が売り。1マガジン撃ち込んだらさっさと逃げよう。装甲はあてにできないが、運が良ければ弾ける程度には存在する。機動力は劣悪。

こちらの5車両は撃破されても修理代がかからず、売却してもタダで買い戻せます。
どの車両も個性が強いですが、その使用感がその国の個性というわけではないため(イギリスは総じて小口径のポンポコ砲が売りだが、Medium Iは大口径の単発型であるなど)、様々な車両を開発して自分に合った一両を探すことをおすすめします。

 

ちなみに、このゲームの車両は、重戦車, 中戦車, 軽戦車, 駆逐戦車という4つの車種(車両タイプ)に分類されます。
最初の5車両のうち、イギリスのMedium Iだけは中戦車という分類で、あとの4車両はすべて軽戦車です。

なお、車両タイプごとに、長所や短所、戦闘中の役割などが決まっています。詳しくは車種別特徴を参照してください。

 

ガレージで出撃車両の準備をしよう Edit

砲弾の購入と搭載 Edit

砲弾は搭載しないで出撃すると、攻撃ができないので、必ず搭載する必要があります。

 

frame_ammo.jpg
弾薬アイコンをタップしましょう

 

ammo.jpeg
機関砲は徹甲弾(AP)のみ。
戦車砲は徹甲弾(AP)をメインに榴弾(HE)を5〜10発搭載しましょう。
榴弾砲は榴弾(HE)を搭載して徹甲弾(AP)は積める場合も貫徹力が低いのであまり搭載しないのが基本です。
ゴールドかクレジットに余裕があれば硬芯徹甲弾(APCR)や対戦車榴弾(HEAT)を搭載しましょう。
榴弾砲は対戦車榴弾(HEAT)、戦車砲は硬芯徹甲弾(APCR)がそれぞれ搭載できる砲だと覚えておきましょう(一部例外もあります)

 
クレジットでの購入方法

詳しくは 砲弾 ページへ

 

消耗品・常備品の購入と装備 Edit

 

frame_com.jpg
「消耗品」または「常備品」のアイコンをタップしましょう。

 

IMG_5130.JPG

「消耗品」は1車両3つ搭載できます。
基本的に「自動消火装置」「救急キット」「修理キット」を搭載しておくと、モジュール破損や火災、搭乗員へのダメージへの有効な対策になります。
一方、攻撃面をより優位に進めたい場合は、車両特性を踏まえた上で「アドレナリン 」か「エンジン・ブースト」(両方も可)を選びましょう。ただし、これらを両方載せた場合、ダメージ対策には「多目的レストアパック」を載せる必要があります。

 

また、一戦中に常時効果を発揮して、必ず消費される「常備品」というものがあります。

reserve.jpg

高額なものが多く必ず消費されますが、効果は高いです。クレジットに余裕があれば搭載して、戦況を有利に進めましょう。
もちろん、クレジット収入係数の低い車両や修理費の高額な車両に搭載して、課金弾を多用した場合や、戦闘で活躍できなかった場合などには、トータルの収支が赤字になる場合が多くなりますので、注意が必要です。

なお、常備品の糧食系アイテムは、国ごとに名前が異なります(お国柄が出ている)が、効果はどの国でも同じです。

 

参考:常備品の糧食系上級アイテムの国ごとの名称は以下のとおり。
アメリカ:コーラのケース
ソ連:予備戦闘糧食
ドイツ:チョコレート
イギリス:紅茶とプディング
日本:おにぎり
中国:改良型戦闘糧食
フランス:ホットコーヒー

 

詳しい使用効果などはアイテムページで確認しましょう。

 

拡張パーツの購入と装備 Edit

 

IMG_5128.PNG
拡張パーツアイコンをタップしましょう。

 

IMG_5127.JPG
拡張パーツは3段階のアンロック式になっていて、それぞれ「火力」「体力」「特殊」の3カテゴリーに分けられています。その3カテゴリーもそれぞれ I ~ III の段階に分けられています。
I はクレジットでアンロックした後一定時間待つか(タイマーが表示されます)ゴールドを支払うことで使用可能になります。
しかし II と III はクレジットでアンロックすることはできず、試合やミッション報酬で手に入る「スペアパーツ」というゲーム内通貨が必要になります。スペアパーツは課金しても入手できないので注意してください。

 

詳しい効果や組み合わせ等は拡張パーツページで確認しましょう。

 

戦闘開始の前に Edit

準備が整ったらいよいよ戦闘開始ですが、そこではもう、敵味方ともに実際のプレイヤーとなります。
その前にもう一度、ここのページで戦闘画面を確認してみましょう。

 

戦闘画面を確認しよう Edit

ここでは最低限の画面項目を説明します。
詳しい画面の説明は操作説明を確認しましょう。

beginner.jpg

  • 全体マップ
    最初に確認して進むルートを考えましょう。
    わからなければ2〜3両で固まって進みましょう。
    序盤は赤と緑の中央ライン以上は、突進しないよう気を付けましょう。
  • 制限時間
    00:00になると戦闘終了になります。
    決着がつかない場合は引き分けになります。
  • 敵味方の車両状態
    撃破された車両は黒くなります。
    味方と敵の戦力を比べながら行動しましょう。
    優位な場合は積極的に前進するようにしましょう。
  • ジョイスティック(十字キー)
    上下で前後に動きます。左右は旋回です。
    前後斜めに操作するとカーブします。
  • スナイパーモード切替
    砲から覗く様な視点になり、正確な照準射撃ができます。
    攻撃するときは切り替えましょう。間違えてもスナイパーモードにしたまま動かない事。スナイパーモードでは視界が著しく狭まるため、あなたの車両の真横で敵戦車が狙っていても気づくことが出来ません。
  • 射撃ボタン
    照準を合わせたらタップして攻撃しましょう。
  • 自分のHP
    0になると撃破されます。
    HPが減ったら狙われないよう後ろに下がって味方を援護しましょう。
  • アイテム
    事前に搭載した消耗品をタップで使用できます。
    パーツが損傷したり、搭乗員が負傷したら使いましょう。「アドレナリン」と「エンジンブースト」は勿体ぶらずに積極的に使い、試合に貢献しましょう。
  • ボイスコマンド
    タップするだけで簡単なメッセージをチーム内に発信できます。
    「了解」「拒否」「陣地を占領/防衛せよ」「攻撃せよ/○○(敵車両の名前)を攻撃せよ」「救援を請う」等があります。
    陣地が占領されそうになったら「陣地を占領/防衛せよ」を、敵が多数いて対処できないときは「救援を請う」を使いましょう。勝利時、生存メンバーが「了解」を連打することがあります。
  • 見回しエリア
    試合中、砲塔(砲塔のない駆逐戦車の場合は車体)をまわすことなく周囲の状況を確認できます。
    設定でなくすこともできますが、あまりキョロキョロすると仲間に不審がられたり、敵に砲塔側面を狙われたりするので、慣れた方が良いでしょう。
  • チャット
    チーム内と小隊相手に対してメッセージを送ることができます。
    ボイスコマンドよりも具体的な指示を出すことが出来ますが、まだ慣れない内はあまり使わないようにしましょう。
    英語でのチャット文例を参考にしたりすると味方の指示の内容がより理解出来ます。
     

操作の再確認をしよう Edit

  • 前進と移動
    joys.png
    スティックをスライドすると、車体を移動できます。

  • 照準
    camera.jpg
    画面をスライドすると照準を動かすことができます。
     
    shoujun2.png
    「へ」の部分が敵車両と重なるように照準します。

  • スナイパーモード
    spm.png
    双眼鏡ボタンをクリックすると、筒を覗いたような画面のスナイパーモードに切り替わり、より精密な照準が行えます。
     
    front.jpg
    砲身と同じ視点での照準なので、目標との間に障害物がなければ、まっすぐ敵車両に砲弾が飛んでいきます。
    敵車両に照準を合わせると自動でズームアップするので、弱点に照準を合わせましょう。
    さらにスナイパーモードでは照準した敵の装甲面が赤くハイライトされることがあります。
    これは赤くハイライトされた部分は現在の距離、主砲性能、砲弾では貫通できないことを示しています。
    赤くない部分を狙うか、側背面に回り込んだり、距離を短くして射撃しましょう。
     
    なお、射撃が終わったら、すぐにスナイパーモードを解除する習慣をつけましょう。スナイパーモードは視野が狭く、後方から敵が迫っている事に気付きにくいですし、敵味方の位置の把握(戦況の確認)がおろそかになりがちです。

  • 照準時の注意
    follow.jpg
    通常モードとスナイパーモードで共通ですが、自分の向けている照準(操作照準)と、主砲が向いている方向(主砲照準)は、同じとは限りません。
     
    site2.png
    三角が点線のサークルに囲まれたへの字が主砲照準です。主砲照準は自分が操作している操作照準(円で囲まれてないへの字)に対し、遅れてついて来ます。
    主砲照準のついて来る速さは、砲塔旋廻速度によって決まります。初心者は主砲照準が合う前に射撃をしないよう十分注意しましょう。

  • 自動照準
    一度敵車両に操作照準を合わせると主砲照準が自動で対象の車両を追尾します。そのため移動中の敵にもある程度対処が可能です。
    ただし、高速で移動中の敵には、砲塔の回転速度が追いつかない事が多く、命中率は非常に低くなります。その場合は、敵車両の進行方向を読み、自動照準に手動操作を加えて、相手車両の現在位置の少し先に向けて射撃します(偏差射撃と呼ばれる)。やや高等な技術となりますので、初心者は無理せず、少しずつ慣れましょう。(偏差射撃については戦術指南所も参照のこと)
     
    なお、自動照準はオプションでOFFにしたり、戦闘時にON / OFFを切り替えられるボタン(下の写真)を表示させることが出来ます。
    auto.png autos.png
    左が標準モード、右がスナイパーモードです。オンオフはそれぞれ設定可。緑に光っている状態がオンです。
    物陰での出入りなど細かく動く敵には、自動照準をオフにした方が当てやすい場合もあります。
     

戦闘開始 Edit

さあ、いよいよ実戦です。
「戦闘開始」ボタンをタップすると、戦場に送り込まれます。

start.jpg

 

自動でマッチングがされた後、戦場マップ名と参加者、参加車両一覧が表示されます。

match.jpg
この画面で、敵・味方にどの車種が何両いるかなど、車両構成を分析することは、戦術を考える上で役立ちます。

 
  • チーム内で Tier が高い車両の役割は、攻撃および防衛を先導することです。試合をつくるのはあなた自身。他の味方に頼ってばかりではいけません。ごり押しをしてすぐ爆散することの無きよう、気合を入れて頑張りましょう。
  • チーム内で Tier が低い車両は、他の味方への支援に徹しましょう。味方の射線上で敵戦車の履帯を切ると、履帯切り中に味方が与えたダメージが「アシストダメージ」としてカウントされます。数値に応じて経験値にボーナスが入ります。仮にすぐ修理されてしまったとしても、敵の修理アイテムを消費させることが出来ています。装甲を貫通できない場合は積極的に狙っていきましょう。
     

戦闘の流れ Edit

マッチングが完了すると戦闘画面に入ります。

  • 戦闘画面に入るとカウントダウンが開始され、カウントダウンが0になった時点で戦闘が始まります。
    prepare.jpg
  • カウントダウン中に、敵味方の戦車の種類とバランスを確認します。
  • また、ミニマップで自分の位置を確認し、進行ルートを考えておきましょう。
  • 進行ルートについて個別チャットで提案が出る場合もありますので、注意しましょう。
     

マップの確認 Edit

戦闘が開始されたらミニマップを見て、自分の位置と進行ルートを考えましょう。
今回は「ディスペア砦」というマップで説明したいと思います。


  • マップの各位置
    df1.png
    画像のが味方の出撃地点で、が敵の出撃位置です。
    矢印が自分を表していて、中央付近の旗マークは占領目標の陣地になります。

  • 進行ルート
    次に進行ルートを考えます。
    多くの場合はマップの地形によって進行ルートがだいたい決まっています。
    ディスペア砦では下記画像が主なルートです。
    dfr.png
    このマップでは、北西ルートは中央への狙撃と裏取り、南東ルートは重戦車を中心とした前線として使われることが多いです。中央ルートは主に序盤での偵察と、中盤以降に占領陣地を巡っての攻防に使われます。
     
    重戦車と駆逐戦車は南東ルートで城郭の端を進み、砲撃戦に臨みます。
    (相手に重戦車がほとんどいない場合は中央ルートを進行し、占領陣地の丘まわりを前線とすることも有りますが、その場合は南東ルートからの狙撃や城郭内からの側面攻撃に注意しましょう。)
    軽戦車や中戦車等の快速戦車は北西ルートからの裏取りを狙います。
    (機動力の高い駆逐戦車の一部も、北西ルートを進み中央への狙撃と裏取りを狙うことも可能です。)
    視界と機動性に優れた戦車は、開幕直後に中央ルートを使い、占領陣地横の茂みで敵の動きを偵察することも重要です。
     
    他のMAPの基本進行ルートはマップ一覧から各マップの説明ページで確認しましょう。

  • 進行の際の注意
    dfr-btline_0.png
    進行の際は画像の黄色のラインで一旦停止し、物陰で相手の状況を確認しましょう。
    定石となっている進行ルートは限られていますので、敵もそれを使って進行しています。
    もし複数の敵がいる中で飛び出してしまえば、集中砲火を浴びて、すぐ大破してしまいます。
    他のマップでも味方と敵の出撃地点の中間ラインを基準とし、その少し手前で攻撃準備を行いましょう。
     

  • マップ上の進行の考え方について、さらに知りたい場合は、マップの見かた を参照して下さい。
     

基本的な行動 Edit

  • 味方の動向を確認しよう
    戦闘が始まったら味方の動向を確認しつつ動きましょう。
    このゲームは事前に味方と戦略、戦術を練ることができません。
    したがって最も大切なのは、単独行動をとらない事です。
    周りの動きを見つつ、時には先導し、時には味方のサポートに回るなど、臨機応変に立ち回りましょう。
    (なお、開始直後にチャットで進行方向の提案が出される場合がありますので注意しましょう。)
  • グループに分かれよう
    ゲームが始まると、多くの場合は2〜3グループ(味方は7両なので、3と4のグループや2、2、3のグループ)に自然に分かれます。バランスを見ながら加わるグループを選びますが、車両の種類なども意識しましょう。
    また、マップ(広大な場合など)やTier(低い場合は特に)によっては、全車両で同じ方面に進行し、進行先でグループに分かれ、各個撃破する方法が有効な場合も多くあります。(ウルフパック戦術)
     
    マップごとの車両の動きは、マップ一覧から入れる各マップの説明ページに「セオリー」が掲載されていますので、参照して下さい。
  • 複数車両で行動する理由
    なぜ単独行動が良くないかというと、単独で複数の敵と会敵した場合、総ダメージ量でこちらが非常に不利になり、撃破される危険性が極めて高いからです。
    逆にこちらが味方と複数車両で行動し、敵が同数か少数であれば、少なくとも一方的に撃破される可能性が低くなる上、同じ敵車両に対し、味方と同時に集中攻撃を加えることで迅速に撃破することができます。
     
    target2.png
    味方と行動し敵を各個撃破できれば、敵の総合的な攻撃力を下げる事となり、チームの勝利につながります。
  • 「動かない」という単独行動
    敵や味方の動きに一切呼応せず、一人で後方や、自分が好む狙撃ポイントにとどまり続ける行動も、極めて望ましくない単独行動です。
    そのような車両が一台でもあると、戦略の幅が大きく減る事になります。
    また、もしあなたが複数の敵に発見されれば、味方に何の貢献もしないまま爆散する事となります。
    これは「芋行為(英語ではCamp)」と呼ばれ、強く非難される行動です。
    特に悪いのが、意味も無くスタート位置付近にとどまり続ける行為で、実質的な戦闘放棄と見なされ、味方から厳しく非難される事になります。
     

  • その他、重要戦術や個別の戦闘技術については、戦術指南所
     

敵に遭遇したら Edit

  • 射撃は基本停車してから
    命中精度が上がります。
  • 敵から身を隠す
    撃ったらすぐ隠れる(これ大事)。装填中も敵に車体を晒さないようにしましょう。
  • 複数の目標が存在する場合
    HPが最も低い敵車両を優先して狙いましょう。
    target.png
    敵の車両数が減れば、敵の総合攻撃力も低下します。
    逆に、どんなに大きなダメージを受けた車両も攻撃は可能ですから、たとえ多くの敵車両が大ダメージを受けていたとしても、それらが生きているうちは、敵の総合攻撃力は下がりません。
  • 砲の特性に合わせた射撃ポジション
    単発火力が大きい砲は装填時間が長いので、建物などに隠れながら、相手を自分のペースに強引に合わせて攻撃することが大切です(「ダメージ交換」と言います)。逆に単発火力が低い砲は、敵が反撃できないような場所からや、動きながら攻撃することで、その真価を発揮します。単発火力の大きな車両のようにダメージ交換をしてしまうと負けてしまうからです。
  • ※注意:味方車両の後方を塞がない
    上手い人は撃ったらすぐ下がります。その時あなたの車両がすぐ後ろにいると、その人は射撃後も下がれず、撃ち返されてダメージを受けます。
    このような状態をケツブロック(ケツブロ)といい、やってしまうと味方は無用なダメージを受けることになります、試合終了後に戦績画面で「妨害をするプレイヤー」として通報されかねないので、絶対にやめましょう。
     

  • その他、重要戦術や個別の戦闘技術については、戦術指南所
     

戦車の弱点 Edit

armor.jpg
(画像左の赤枠が前面、画像右の白枠が側背面)

戦車の装甲は砲塔の前面、側面、背面と車体の前面、側面、背面で装甲の厚さが異なります。
多くの場合は車体の側背面が装甲が薄く、貫通してダメージを与えられることが多くなります。
また、車体と砲塔の上面や車体下面さらに装甲が薄いので、面に対して直角に近い角度で狙えれば貫通できる可能性が高まります。

さらに砲塔上部にあるキューポラや車体前面にある視認窓は面積が小さいですが、装甲が薄く貫通できる可能性が高くなっています。
どうしても側背面に回りこみにくい場合に狙ってみましょう。

 

攻撃を受けると Edit

敵からの攻撃によるダメージを受け、自分のHPが0になると、車両が大破してしまい、戦闘終了まで行動できなくなります。(逆に敵のHPを0にすれば撃破となる。)

なお、現在、味方への攻撃はダメージが入らない仕様になっています。

ダメージは砲撃によるものを含めて、以下のようなものにより受けます。

  • 敵砲弾による貫通弾
  • 敵榴弾砲による非貫通時の爆風
  • 敵榴弾砲による至近弾
  • 体当たり
  • 高所からの落下
  • 火災
  • 水没(規定時間で全損する。カウントダウンが入るが、時間内で脱出すればノーダメージ)
     

慣れてきたら Edit

所持する戦車を強化しよう・ 新しい戦車を手に入れよう Edit

すでに所持している戦車の強化は、上位の各種モジュール(砲、砲塔、エンジン、履帯)を研究して装備することにより可能です。

ガレージ画面で「戦闘開始」ボタンの右にある「戦車」マークのボタンを押して、モジュールツリーを表示してみましょう。

新しいモジュールの研究には、モジュールごとの必要経験値を、その車両で獲得している必要があります。フリー経験値で補う事も可能です。

 

新しい戦車の研究及び購入は、技術ツリーから行うのが分かりやすいと思います。
ガレージ画面右下の「技術ツリー」を押すと、車両が国籍別でツリー状につながっているのが確認出来ます。

なお、上のTierの車両を購入するには、ツリーの一つ前の車両における、新しい車両につながるモジュールの開発と、必要経験値の獲得(こちらもフリー経験値で補う事が可能)、そして何より購入に必要なクレジットが溜まっている事が条件となります。

 

モジュールや車両の研究、経験値の詳細については、研究と経験値ページを参照してください。

 

搭乗員の熟練度やスキルのアップにより車両性能を強化しよう Edit

「搭乗員熟練度」は車両ごとに設定されるパラメータです。
影響する内容は「旋回速度、砲塔旋回速度、発射速度、照準時間、着弾分布、視認範囲」の6項目で、どれも車両性能に直結する項目と言えます。

 

新規購入した通常車両は、熟練度を100%にするまで、車両本体や搭載した各種モジュールの性能数値が最大になりません。

ちなみに、通常車両において、新規購入時の搭乗員熟練度はたった50%です。(例外として、課金戦車であるプレミアム車両は、購入時から搭乗員熟練度が100%です。)クレジットに余裕があれば必ず熟練度は75%にしましょう。

熟練度は、その車両での戦闘による経験値獲得で上がる他、購入時に表示される「搭乗員訓練」画面で「軍士学校(クレジット使用で75%まで)」「タンクアカデミー(ゴールド使用で100%まで)」といったメニューを選択すると、一気にアップできます。(購入後に「搭乗員訓練」画面を表示させるには、スタートボタン左の「顔」マークボタンを押します。)

また、熟練度は、アイテム「常備品」の一部、拡張パーツ「換気扇」の使用でもアップできます。

詳しくは用語・略語の「熟練度」及び、ゲームシステムの該当項目を見てください。

 

なお、獲得した全ての車両の性能を強化できる搭乗員スキルというシステムが、別途用意されています。こちらの詳細についても、ゲームシステムを参照してしてください。

 

次に入手する戦車の選び方 Edit

どの国の戦車ルートを進めるかで迷ったら、バランスのアメリカか、強さのソ連、というのが多数意見です。
ただしソ連戦車は地形対応能力を犠牲にして、優れた走攻守を獲得しているのでちょっとした起伏で射撃が出来なくなります。こうなってしまうとただの的なので、ある程度地形利用が出来るようになってから手を出すのが良いでしょう。

よって、いずれ他の国の戦車も使いたい場合は、最初にアメリカ戦車でゲームに慣れておいた方が、後々苦労が少ないと言えます。

なお、ドイツ、フランス、日本戦車は特に癖が強いため、初心者向きではありません。

 

<各国の戦車のおおまかな特徴>

  • アメリカ
    癖が少なく、砲も特に俯角が優秀だが車体装甲が貧弱(砲塔は硬いものも多い)。地形対応力が高く、ハルダウンなど稜線を使った戦術が得意。「砲塔ちょい出し」で敵のミスショットを誘い、こちらが攻撃していく形になる。低〜中Tier帯(1〜7)に優秀な戦車が多い。
  • ソ連
    全体的に砲の単発火力と装甲が優秀で生存性が高いが、砲精度は他国に比べ悪い。また、俯角が不足するため地形対応力が低く、平地での戦闘が得意。ちょっとした起伏を見つけてハルダウンするなど、乗り手の地形対応能力が問われる。Tierに対して大口径かつ高貫通の砲を乗せられるのが特徴。中〜高Tier帯(6〜10)に優秀な戦車が多い。
  • ドイツ
    砲の精度が高く俯角もある程度取れる車両が多いが、それぞれの車両ごとに際立った長所と短所がある他、車種ごとの癖も強く扱いが難しい。上級者が扱えばかなりの強さを発揮するが、初心者が乗るとただの柔らかい的である。高Tier帯(8〜10)に優秀な戦車が多い。
  • イギリス
    砲の単発火力は低いが、装填速度や精度・俯角が優秀な車両が多く、中には同格駆逐以上のDPMを持つ軽戦車もあるほど。機動力重視と装甲重視の2タイプに分かれる。高tier帯(8〜10)では高火力砲になるが、弾種や車体特性が変わるため癖が強い。尖った性能を使いこなせるかが活躍への鍵になる。
  • 日本
    基本的に装甲が薄く機動力も低いが、砲は装填速度が早く他国より優れた俯角・精度を持つ。ただし自動装填装置の採用など特殊な砲が多く、乗り手を選ぶ。また、低Tierの一部車両を除き課金弾がAPCRではなく貫通力強化のAPであるため課金弾の貫通力は不足気味。Tier10はバランスの良い(悪く言えば器用貧乏な)車両となる。
  • フランス
    低Tierでは鈍重・貧弱な車両が多いが、Tierが進めば機動力と攻撃力を兼ね備える。特に高Tier帯(8〜10)は自動装填装置による凄まじい瞬間火力を誇るが、その反面弾倉装填時間が凄まじく長い。独特かつ極端な設計の車両が多く癖が強い。戦局を読んで長い装填時間をカバーし、適切なタイミングでリロードを行う戦術眼が試される。
 

各車両タイプ(軽戦車、中戦車、重戦車、駆逐戦車)については、それぞれ得意とする戦い方や、戦場での役割が違います。

一般的には、基本は重戦車と言われますが、まずは自分に合った戦い方を模索してみると良いでしょう。また、逆に乗り始めた戦車の一番有効な戦い方に、自分を合わせるのもありです。

なお、一部の駆逐戦車と中Tier以降の軽戦車は、初心者には扱いが難しいと言われています。

 

<各車両タイプにおける主な役割>

  • 重戦車:前線の構築と維持、主火力
  • 中戦車:有利ポジション奪取、重戦車と一緒に前線構築
  • 軽戦車:偵察による敵車両の発見、側面からの奇襲、裏取りによる撹乱
  • 駆逐戦車:後方からの狙撃、火力支援。場合によっては奇襲もアリ(基本的に奇襲は快速戦車に任せること)
 

以上を念頭に置きつつ、選んでみると良いと思います。
詳しい特性や扱い方については、「車種別特徴」や「車種別の基本・応用テクニック」のページを参照してください。

 

<参考:中Tierのオススメ車両>

  • ドイツ:Tier4 軽戦車 Luchs
    とても優秀な機動力と機関砲らしからぬ貫通力を持つ。格上重戦車とも戦える性能。
     
  • イギリス:Tier5 軽戦車 Crusader
    同格ライバルのLeopardに劣る(しかも履帯性能が低い)機動力を高い隠蔽率と同格駆逐戦車並みのDPMでカバーできる。APの貫通力は130mm、課金弾は180mmと素晴らしく、格上も余裕で貫通可能。怖いKV-1だのChurchill Iだのをスパスパ撃ち抜けるのは大きなアドバンテージ。
  • ドイツ:Tier5 軽戦車 Leopard
    Crusaderの戦車砲に対してこちらは機関砲。Luchsから少し機動力が下がった代わりに凄まじい瞬間火力を誇る。しかしながら砲の貫通力はLuchsと変わらず。Tier6のカチカチ車両ともマッチングすることを考えると不足気味だと言わざるを得ない。Crusaderよりも履帯性能がいいため重戦車のNDKも楽々こなせる。
     
  • アメリカ:tier5 中戦車 M4 Sherman
    高い地形対応力で(俯角12度)、ハルダウンも難なくこなす。使いやすい76mm砲、良好な加速のわりには低い最高速度と高水準でバランスよく性能がまとまっているTHE 中戦車。
     
  • ドイツ:tier5 中戦車 Pz.III/IV
    同格軽戦車Leopardを追いかけられる(追いつけるとは言っていない。同じエンジンを乗っけているがこちらの方が3トンほど重いため。)優秀な機動力と7.5cm砲の扱いやすい攻撃力を持つ。俯角は6度しか取れないのが欠点だが、クレジット係数が高いため稼げる。
  • ソ連:tier5 重戦車 KV-1
    厚い装甲と高い火力の主砲が売り。豚飯などの防御姿勢でカッチカチの鉄壁となれる。85mmと57mmの砲があるが、どちらも優秀なため好きな方が選べる。
 

WoT Blitzでは、各戦車の性能のバランスが良くとれています。基本的に同じTierであれば対等に戦えるでしょう。
ただし、扱い方に癖のある戦車も沢山あるので注意しましょう。

しかしながら、癖のある戦車は魅力も多く、それを使いこなせればますますゲームが楽しくなります。その頃にはあなたも立派な戦車兵です。自分なりのプレイスタイルを探しましょう。

 

※注意:課金戦車である「プレミアム車両」の使用については、そのプレミアム車両のTierに、自分の使う通常車両のTierが追いつくまでは、控えましょう。

理由や詳細については課金戦車のページを読んでください。

 

敵車両について調べよう Edit

ある程度ゲームに慣れてきたら、次は遭遇する敵戦車の特性を調べてみましょう。

 

戦場では、格上(自分よりもtierが高い)車両は勿論のこと、同格以下だからと思って舐めてかかると痛い目に遭います。また、戦車同士の相性もあります。

低tierのうちから、会敵したら脅威となる車両を把握して、車両ごとの適切な対処法を身につけましょう。

特に、弱点を把握していない格上車両に対しては、決して無謀な勝負には出ないこと!
詳しくは要注意車両

 

また、tierが上がるにつれ、全ての敵の弱点や装填時間の把握が求められる状況が増えます。

例えば、「Churchill Iの履帯裏」や、「Pz.Kpfw. Tiger IIのほっぺた」などは、有名な弱点の例です。

遭遇する可能性のある戦車は、まだ自分が進めていない国・車種であっても、本wikiの各車両ページに一通り目を通すことをお勧めします。

これは、自分がいつかその車両に乗ったときに、不用意に弱点を晒さない為にも重要です。

もしあなたが勝率50%以上になりたい!と望んでいるのなら、tier5以上のすべての戦車の特徴・単発火力を把握することは必要不可欠です。とくに単発火力を知っているかどうかで、見えない敵に撃たれたとき誰に撃たれたのかを把握し居場所の見当をつけられたり、残りHPと相談してあえて弾を食らいながら敵を倒したり等々、戦局を左右するレベルの判断が出来るかどうか変わります。ワンランク上のステージをめざしましょう!

 

コメント Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 課金弾ってどの位積んどけばいいですか? -- 2017-03-13 (月) 16:18:49
    • とりあえず、tierが1つ上の重戦車1体〜2体分のHPを削り切れるぐらい積んでおけば間違いない。車両や砲よっては、貫通力が足りないとか逆に通常弾でも十分とか有るから、自分が今から乗る車両のページを見るのが一番良いと思うよ -- 2017-03-13 (月) 17:40:07
    • 一律それは多すぎ。課金弾の割合は戦車、使用砲によって違う。通常弾の貫徹力が上の枝に満たないなら、課金弾をその数量積むってのが筋。 -- 2017-03-14 (火) 02:55:57
      • あと、クレ係数とかも意識すべき。基本的に課金戦車は多めに積んで間違いない。自分は課金戦車の場合は通常弾と同じ数積んでる。チヌ改なんかは通常弾ゼロ運用で課金弾の強化APとHEしか積んでないけどそれでも黒字。また通常戦車でも課金弾を通常弾の2倍載せてる車両もある。あと課金弾がHEATなのかAPCRなのかでも違う。だから木主は上の人の言う通り、つかう戦車のページを読んで、そこのコメで個別に質問すべき -- 2017-03-14 (火) 03:02:47
    • 全弾種が一戦中に弾切れしない程度。榴弾が軽視される傾向にあるが、砲によってはあって良かったって事も必須という事もある。抜き難い敵の砲塔も天板に榴弾を撃ち込んで倒す事も出来るしキャプも切れる。砲口径や単発がが小さい車両でも3ー5発は積む事をお勧めする。 -- 2017-06-12 (月) 21:05:12
  • 初心者だとケツブロって意識せずにしちゃってる時があると思います。たいてい、スナイパーモードで回りが見えていない時かな。なので自分では前進(後進)してるつもりなんだけど動かない時には、スナイパーモードから通常モードに切り替えて回りを一度見るのも重要、なんて思ってるんですがどうでしょう? -- 2017-03-23 (木) 22:52:44
    • それでいいよ、というか意に反して動かない時に延々とスナイパーモードしてる人っているの…?見た感じスナイパーモード多用してそうだけど、なるべく撃つ時だけね。装填中とか移動中は通常モードで常に敵味方の状況を確認。まあ接敵しそうって時はスナイパーモードで先制狙うのもありだけどね。 -- 2017-03-23 (木) 23:05:43
    • ↑の人と同じく移動中は通常モードに戻したほうが良いよ。といってもスナイパーモードで動きたい場面もあるとは思うけど。あと、動いているつもりが動かないときと反対、動くつもりがないのに動いているときも注意。側面で味方をブロックしちゃっているときとか。 -- 2017-03-24 (金) 05:30:54
    • 撃つ時以外はスナイパーモードにしない、撃ったらすぐモードを切り替える、くらいのつもりでも良いと思います。動画とかでは、撃つ前に戻す人すら居るのを見た事が有ると思います。 -- 2017-04-19 (水) 23:07:20
    • 短伸縮の際にサーバーとのラグを回避するために使う程度で、狙撃モード自体はほとんど使わないな…見回すよりもマップ見ながらの方が正確に戦況掴めるし、確実な視界として使えるし。狙撃モードを使わず、マップをちゃんと見る癖を付けることが見回すより大事よ -- 2017-04-20 (木) 19:31:07
  • やっとティア6までいくつかのルート進めて通算3000戦くらいやって勝率が52%くらいなんですけど、どのくらいから中級者を名乗っていいんですかね? -- 2017-04-20 (木) 19:22:41
    • どのtierでもいいから、条件問わずセルブロなら -- 2017-04-20 (木) 19:34:26
    • 勝率よりセルブロとかAPIのWNやSTAR見るかな。確かに。あれで全車両のうち8割以上が深緑以上で埋まっていればそこそこ信用できるプレーヤーだと自分は判断するかな。同じように8割以上が寒色系になったらもう一流プレーヤーだ。 -- 2017-04-20 (木) 22:33:35
      • http://wotbstars.com 英語だけどこことか結構見やすい。期待勝率とか直近1週間の戦績とログとか見れるし上目指すならブクマして定期的に確認すべし。 -- 2017-04-20 (木) 22:37:53
    • なるほどです!ありがとうございます! -- 木主? 2017-04-21 (金) 17:56:05
    • 見てきたんですが、hit rateとaverage tierが赤くなっていて、Confederateとdamage dealt/receivedが青くなってました。今78%くらいなんですが、命中率ってどのくらいまで上げた方がいいんですかね? -- 木主? 2017-04-21 (金) 18:48:00
  • 味方の動きを見よう→キョロキョロして一番最初に動いたやつについていこうじゃないぞ。編成とか見てどこ行くかあらかじめ決めておいて、味方がついてきてるか確認するって意味だからマップのセオリーとかをwikiで確認しておいてください。 -- 2017-05-03 (水) 21:37:37
    • 味方がついてきてたらラッキーだけど、孤立しそうだったらまずいですよね。でも、セオリーを知ってる自分が最初に動いて、Wikiも見なくてセオリーを知らずにキョロキョロして最初に動いた奴について行こうと考えている奴等を連れて行ければいいのかな。 -- 2017-05-03 (水) 22:02:27
  • 連休特有の山登りのスナ芋だらけじゃどうしようもない。どんな立ち回りしても勝てない。 -- 2017-05-03 (水) 23:07:29
  • チャット欄からブロックした人ってメッセージが表示されなくなるだけですか?それともマッチングされなくなるとかあったりします? -- 2017-05-06 (土) 14:01:42
    • マッチングのブロック機能はないな。あったら妨害クランの連中を片っ端からブロックするんだが -- 2017-05-10 (水) 11:33:37
  • これを見た初心者さん、お願いがある。ドンドコ高ティアに行くのはやめてくれ。ほんとに。低ティアで練習して、マップや動きを覚えて上達してからにしてくれ。そうしないとやってて楽しくないし、周りも楽しめなくなるんだ。高ティアのかっこいい戦車に乗りたい気持ちもわかる。でもそれをグッと我慢して練習してから高ティアに行くのが立派な戦車長なんだ。ほんとにお願いします。 -- 2017-05-15 (月) 00:54:35
    • ほんと、そう思うよ。Mバッチを取ってから次に行くようにしたら、6割安定すると思う。あと1つのツリーだけ開発するのはやめた方がいい。 -- 2017-06-18 (日) 21:37:40
    • 木主さんの警告する突っ走りをしようとしていた初心者です…開始4日で日本ツリーtire4まで来てます。ソ連とかアメリカとかも進めてみますね! -- 2017-07-02 (日) 13:31:53
  • すみません、経験者の方々に質問です。総戦闘数3桁の者です。チトに乗って敵の側面を攻撃していたのですが、先に死んだ味方重戦車から芋るな、と言われました。射撃可能な位置にいて、打ち放題だったのですがこれも芋行為になってしまうのでしょうか。また、中戦車は重戦車に混ざって正面戦闘をするべきなのでしょうか。ご意見頂けると嬉しいです。 -- 2017-06-20 (火) 22:35:13
    • 人によっては【正面切って戦わない=芋】と思ってるやつもいるから、あまり深く受け止め過ぎなくていい。装填完了と同時に撃って全弾貫通させられていたなら、充分に仕事してるし文句言われる筋合いはないはず。 -- 2017-06-20 (火) 22:47:23
    • 敵に着実にダメージを与えられていたとしても、敵から300mとか離れていればそれは芋たり得る。重戦車と並んで戦えとは言わないが、敵にある程度接近して、自分に注意を引きつけさせるのは味方の負担が減って勝ちやすくなる -- 2017-06-20 (火) 22:57:22
      • なんか日本語が変になっちまったな…。まぁチーム内のヘイト管理が上手くいくと勝てるし味方から文句言われなくなると思うぞ -- 2017-06-20 (火) 23:04:34
    • れっきとした駆逐ならスナポジにいてもそんなに言われない。砲塔付き駆逐にトライしてみては -- 2017-06-21 (水) 06:02:50
    • チトの戦闘スタイルはそれで良い。側面取って、きっちり貫通できていればそれで良い。確かに理想としては前線のヘイト分散させるために発見されに行ったりできれば勝率繋がったりするんだろうけど戦闘数3ケタだとその引き際分からないでしょ?今はダメージ稼ぐことに専念しな。ヘイト分散は慣れてからだ。 -- 2017-06-21 (水) 10:19:39
    • 上に書かれてるように、長距離の狙撃であれば、前線部隊がHP削られたときに弾受け役の交代ができないから好ましくない。そうではなく、前線ともそれなりに近くて敵の視認範囲ギリギリぐらいで、DPMをフルに発揮できるような撃ちまくれる状態であれば問題ないと思う。たまに前線に立って撃ち合わない=狙撃屋みたいに文句言ってくる奴もいるけど、『DPMフルに生かせる撃ち放題』ならそれでOKだと思うよ。重戦車使ってるならアウトだけど今回はチトだし。 -- 2017-06-21 (水) 10:41:32
    • 皆さんありがとうございます。遠すぎる位置からでなく、敵がこちらを向きたくなるような距離を取れってことですかね…?距離感がまだわからないのですが、頑張っていきたいと思います! -- 2017-06-21 (水) 18:05:57
      • ヘイト分散は勝率6割7割が目標になってから だ。発見されて逃げるために射撃できなくなるより、見えない狙撃者としてプレッシャーを与え続けた方が戦略的有効な事が多いよ。重戦車で2000戦ぐらいしたらヘイト分散は自ずと身につく。 -- 2017-06-21 (水) 18:21:30
    • 逃げ足もそんなにないチトだもんねえ。それに重戦車が先に死んでるって、豚飯やハルダウンで防御出来てないのを転嫁してるだけな臭いが漂う。 -- 2017-06-28 (水) 15:57:24
      • 追記。こういう状況では重戦車ではスポット維持の為にフェイント重視でしばらく防御に徹してればいいのに、下手くそは状況見えてなくて無理して撃ち返して無駄に被弾する。 -- 2017-06-28 (水) 16:03:31
  • starsってところで自分の戦績を見たら、命中率79.3%で赤表示だったのですが、これって低いんですかね…?あと、どのくらいで黒や緑表示になるんでしょうか? -- 2017-06-30 (金) 17:42:40
    • セルブロの方がいいと思うよ。wnレート見ないならassistantアプリ。で、自分はセルブロ基準で言うけど命中率は80で青、50で赤だったと思う。十分高いけど、戦績確認が初めてらしいから総合戦闘数は高くないかも。今後命中率その他の値が下がらないように注意しつつ戦績を積むべし(関係ない蛇足 -- 2017-06-30 (金) 19:48:27
      • セルブロ?あんな怪しげなサイト…Twitterとかで晒すわけでないならstarsで十分だろ。 -- 2017-07-02 (日) 02:44:25
      • 怪しげで草。1ページに必要な情報が収まってるから見やすくて楽だと思うけどな -- 2017-07-02 (日) 04:48:26
  • やっぱりWoT Blitz では周回 命なんですか? -- こへしゃ? 2017-08-01 (火) 19:36:59
    • このゲームも三人称視点で味方と協力して戦うゲームだから、他のFPSやTPSと同じ用にマップの把握やキャラクター(WoTbの場合は車輌)の相性を覚えた方が戦いやすいから周回は大事だね。ただし、闇雲に周回すりゃ良いってもんじゃなくて、1戦毎に自分のダメだった所を反省して次に生かせれる用になれるといい。そっちの方が周回よりも更に大事。 -- 2017-08-01 (火) 20:08:55
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White