Top > Strv m > 40L

Strv m/40L

Last-modified: 2017-12-20 (水) 14:42:10

S12_Strv_M40-min.png

Tier 3 スウェーデン 軽戦車 Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP200
車体装甲厚(mm)48/13/13
最高速度(km/h)45
重量/最大積載量(t)9.66/10
本体価格(シルバー)38,500
修理費(シルバー)

パッケージ Edit

Lago
(3,690/140,000)
Strv m/40
(1,065/38,500)
L-60 m/40L
(490/3,370)
L-60S/V
(1,540/20,070)
Strv m/40K
(2,140/25,140)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
Strv m/40LScania-Vabis 166437 mm kan m/38 strvStrv m/40LStrv m/40L20025 W Sv/1 m/39
142AP
APCR
HE
55
78
19
40
40
50
10012
2G
10
25
2
0.38
4250/13/1335300290
L-60 m/40LScania-Vabis L 60337 mm kan m/38 strvStrv m/40KStrv m/40L20025 W Sv/1 m/39
162AP
APCR
HE
55
78
19
40
40
50
10012
2G
10
25
2
0.38
4250/13/1335300290
L-60S/VScania-Vabis L 60337 mm kan m/38-49 strvStrv m/40KStrv m/40L20025 W Sv/1 m39-42
162APCR
APCR
HE
78
98
19
40
40
50
10018
3G
10
27.27
1.80
0.38
4550/13/1335300345
Strv m/40KFord 31737 mm kan m/38-49 strvStrv m/40KStrv m/40K23025 W Sv/1 m39-42
205APCR
APCR
HE
78
98
19
40
40
50
10018
3G
10
27.27
1.80
0.38
4550/20/3535300345

解説 Edit

史実 Edit

本車は元々、南スウェーデンのランツベルク社製L-60軽戦車として開発されたもので、車体は溶接構造、主武装は20mm機関砲で、サスペンションはトーションバー式、無線機を搭載していましたが、スウェーデン陸軍では予算不足で採用が遅れ、ハンガリーが先にトルディの名でライセンス生産したという、変わった来歴の持ち主でもあります。

1940年になり、スウェーデン軍は緊急で装甲車輌を確保する必要に迫られており、この問題への対応策のうちのひとつが、L-60軽戦車の近代化改修でした。
まず、主砲をL-60の20mmから37mmへ換装しStrv m/38と改称され、防楯を改良したm39を経て機関部に手を加えたものがStrv m/40として改修後の最初の100両は、装甲が強化され、新型の自動トランスミッションが搭載されて、本格的な量産がスタートしました。この近代化改修は開発元のランツヴェルク社によって行われたため、社名の頭文字である Lに由来してStrv m/40Lという呼称で部隊配備されました、L型は初期型として一括されています。後にカールスタードにある工場で生産された車輌には、より強力なエンジンと改良型サスペンションを搭載し、装甲もさらに強化されており、これらの車輌には、カールスタードの頭文字であるKに由来してStrv m/40Kという呼称が与えられ、これが後期型となりました。

派生車種にL-62対空戦車があり、車体を延長して転輪を1個増やし、車体前方の誘導輪を非接地式として、オープントップの全周旋回式砲塔を搭載、ボフォース60口径40mm機関砲1門を装備していました。エンジンは車体後部にあり、トランスミッションは車体前部右にあるレイアウトになっています。
乗員は操縦手、砲手2名(旋回・俯仰担当)、装填手、車長の5名。

コメント Edit

コメントはありません。 Strv m/40L/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White