トレイト

Last-modified: 2021-08-28 (土) 12:06:13

※ゲーム環境によって名称や説明文に表記ブレあり。
 ここではSteam版を基準に記載しています。

レア度:一般

カード名効果対象出現ランク
-英説明文/注釈
恥骨
前恥骨骨盤
自動化、スピードアップ恐竜
-Propubic Pelvis前方を向いた恥骨を伴う三叉骨盤構造。
※竜盤類の骨盤の構造。Pro(前方)- pubis(恥骨)- pelvis(骨盤)。
後恥骨盤
後恥骨骨盤
ペイアウト恐竜
-Opisthopubic Pelvis一部の恐竜は、腹部を支えるために下向きと後ろ向きの恥骨を持ち、その結果、4本の骨盤構造ができます。
※鳥盤類の骨盤の構造。下向きと後ろ向きというより、坐骨に平行に後ろに伸びているのとその逆向き(体の前側に向かって伸びている)。Opistho(後方)- pubis(恥骨)- pelvis(骨盤)。
前歯骨自動化、スピードアップ鳥盤類
-Predentary Bone前歯骨は、下顎の前部に位置する骨であり、植物材料のせん断に最適なくちばしのような装置を形成します。
ダックビルペイアウト鳥盤類
-Duckbills一部の草食恐竜には、アヒルのくちばしのように長く平らな鼻があり、小枝や植物や木の葉を摘むのに理想的でした。
自動化、スピードアップステゴサウルス
-Armourこれらの恐竜は、皮膚に埋め込まれた骨板、スパイク、および鱗を開発することにより、捕食者の攻撃から保護されたままでした。
平歯ペイアウトステゴサウルス
-Flat Teeth幅の広い鈍い歯は、繊維性植物材料を消化可能な状態に粉砕し、草食性の食事に必要です。
テールクラブ自動化、スピードアップアンキロサウロス
-Tail Club草食動物が自分自身を保護するのを助けるための新しい開発、骨の尾のクラブは、大きな捕食者さえもかわすことができました。
骨化ペイアウトアンキロサウロス
-Ossificationアンキロサウロスの頭蓋骨と体全体の多くの骨が融合し、強度と耐久性が大幅に向上しました。それらの名前は、医学用語の強直、骨の融合に由来しています。
アンキロサウロスの頭蓋骨と体の骨の多くが癒着し、強度と耐久性が大幅に向上した。アンキロサウロス(Ankylosaurus)の名前は、医学用語で骨どうしの癒着を指す強直(ankylosis)に由来している。
鼻眉角自動化、スピードアップトリケラトプス
-Nose Brow Horns捕食者や競争に対する防御に使用される翁骨のある角。
捕食者や種族内競争から身を守るための大きな骨ばった角。
フリルペイアウトトリケラトプス
-Frill首の付け根にある大きなフリルは、より強力な筋肉の付着部位として機能し、丈夫で緑豊かな植生を噛むのに適した強力な顎をもたらします。
首の付け根にある大きなフリルはより強力な筋肉が着くのに役立ち、葉の多い植物をついばむのにより津適した強力な顎をもたらした。
自動化、スピードアップ翼竜
-Wings翼竜は、このタイプの肢を最初に開発したもので、空中を移動しながら推力と揚力を発生させ、飛行を可能にします。現代の鳥は翼竜から派生したものではありませんが、飛行の発達は並行進化の例です。
伸びた指ペイアウト翼竜
-Extended Fingerプテラノドンの革のようなコウモリのような翼は、足首から非常に長い人差し指につながっており、飛行を促進するのに役立つ巨大な翼幅を与えました。
プテラノドンのコウモリのようなの皮翼は、足首から非常に長い第四指までつながっており、飛ぶのに力を与える巨大な翼幅をもたらした。
※プテラノドンは第1~3指が非常に短く、休んでいるときに岩などを掴む役割をはたし第5指はほぼ退化していた。第4指はあえていうなら薬指に相当する。
水生ダイアプシオ
水生双弓類
自動化、スピードアッププレシオサウルス
-Aquatic Diapsidワニ、トカゲ、ヘビ、カメなど、非常に多様な動物のグループの出発点。これらの動物には、目の上下の頭蓋骨に2つの開口部があり、顎をより広く開くことができます。
※この穴のことを側頭窓と呼ぶ。側頭窓は顎の筋肉がおさまる場所なので、それが2つもあるということはそれだけ顎を大きく開いて閉じることができることを意味する。この穴が一つの爬虫類は単弓類、二つは双弓類に分類される。
足ひれペイアウトプレシオサウルス
-Flippers恐竜の祖先のように、プレシオサウルスは四肢構造を保持していましたが、これらの脚は、水を介して体を推進するために使用される広く平らな足ひれに進化しました。
モバイルネック
可動性のある首
自動化、スピードアップサウリスキア
-Mobile Neck長くて柔軟な首は、新しい可視性と視点を提供します。それは竜脚類恐竜によって開発され、彼らに彼らの後ろを見るユニークな能力を与え、こうして彼らに捕食者に対する新しい防御を与えました。
直立姿勢ペイアウトサウリスキア
-Upright Postureヒップ、膝、脚の変化により、恐竜は後ろ足で立つことができ、より速く走り、より効率的に呼吸できるようになりました。
急速な歯の交換自動化、スピードアップ竜脚類
-Rapid Tooth Replacementその巨大なサイズに燃料を供給するための莫大な食欲により、竜脚類の広くて鈍い歯は失われ、摩耗を補うために迅速に再生します。
竜脚類の巨体に見合ったエネルギーを摂るための旺盛な食欲のせいで平たい臼歯が摩耗して失われても、歯はすぐに生え替わる。
胃石ペイアウト竜脚類
-Gastroliths胃石は、動物が摂取し、適切な消化のために食物を粉砕するのを助けるために胃腸管内に保持される岩または石です。
胃石(Gastroliths)は、動物が胃腸(gastrointestinal)管内に蓄える岩や石のことで、ちゃんと消化できるように食べ物をすり潰すのに役立つ。
手を握る自動化、スピードアップ獣脚類
-Grasping Hands長く握りやすい指では、つかむことができる手が大きな利点をもたらします。
鋭い歯ペイアウト獣脚類
-Sharp Teeth肉を簡単に切り刻む鋸歯状の縁のある鋭い歯-肉食の食事に最適です。
小さな体自動化、スピードアップコンプソグナトゥス
-Small Bodies小さくて速くなるように進化している恐竜の中には、捕食者と戦うのではなく逃げることができ、初期の哺乳類などの小さな種を食べて捕食者になることができます。
鋭い視力ペイアウトコンプソグナトゥス18
-Sharp Eyesightコンプソグナトゥスは鋭く正確な視力をもたらし、ほとんどの食事を構成する小さくて速いトカゲを狩ることができました。
鎌形の爪自動化、スピードアップヴェロキラプトル17
-Sickle Shaped Claws引き裂きや引き裂きに最適なこれらの鋭く湾曲した爪は、彼らに頂点の捕食者がいる恐竜を作りました。
引き裂くのに最適な鋭く湾曲したこの爪により、恐竜が捕食者の頂点に位置することとなった。
パックハンティング
群れによる狩り
ペイアウトヴェロキラプトル19
-Pack Huntingヴェロキラプトルは獲物をパックで狩り、ペアまたは小さなグループに分かれて、より効率的に餌を追いかけたと考えられています。
ヴェロキラプトルは獲物を群れで狩った。ペアや小規模なグループに分かれ、より効率的に餌となる動物を追いかけたと考えられている。
ハードヘッド自動化、スピードアップパキケファロサウロス19
-Hard Headパキケファロサウロスは骨が非常に厚い頭蓋骨を持っていたが、これは小さな脳を保護するのに役立ち、種間戦闘で使用された可能性がある。
嗅葉ペイアウトパキケファロサウロス22
-Olfactory Lobesパキケファロサウロスには以上に大きな嗅覚ノードがあり、他の恐竜よりもはるかに高度な嗅覚を持っていた可能性があることを示しています。
巣作り自動化、スピードアップガリミムス21
-Nest Building化石の証拠として発見された巣の大規模なフィールドによって証明されるように、いくつかの恐竜は巣を作り、コミュニティとして彼らの若者を保護しました。
恐竜の一部は巣を作り、共同体で幼体を守った。これは大規模な一面の巣の化石の発見によって裏付けられている。
三本足
三本指の足
ペイアウトガリミムス24
-Three-toed Feet平らな足の代わりに3つのつま先で歩くことで、恐竜は歩幅を伸ばして速度を上げ、狩りと回避を改善することが出来ました。
鳥の脳自動化、スピードアップ始祖鳥23
-Bird Brain始祖鳥は、他のほとんどの恐竜よりも脳が大きく、筋肉の協調、聴覚、視覚に関連した発達した領域を持ち、他の恐竜よりも現代の鳥の脳にずっと近い。
飛行羽
風切羽
ペイアウト始祖鳥26
-Flight Feathers始祖鳥の尾と翼にある長く硬い羽毛は、皮でできた革の羽を使って飛ぶ翼竜とは異なり、揚力と推力を助け、飛行を可能にします。
長い尾自動化、スピードアップブラキオサウルス25
-Long Tails一部の竜脚には、捕食者を阻止または傷つけるために防御的に使用された胴体とほぼ同じ長さの尾がありました。
鉛筆のような歯ペイアウトブラキオサウルス28
-Pencil-like Teethディプロドクスのようないくつかの竜脚類には、口の前に鉛筆の形の歯があり、植物から葉をより効率的に取り除くのに役立ちます。
アルファプレデター
頂点捕食者
自動化、スピードアップティラノサウルス・レックス27
-Alpha Predatorかつてスカベンジャーだと考えられていましたが、現在では、T-Rexは偉大なハンターであり、他の恐竜、さらには他のT-Rexで構成された食餌であるという証拠があります。
かつては死肉あさり(スカベンジャー)と考えられていたこともあったが、現在ではティラノサウルス・レックスは偉大なハンターであり、いろいろな他の恐竜を食べていたことが分かっている。時には同じ他のティラノサウルス・レックスでさえも。
たくましい首ペイアウトティラノサウルス・レックス28
-Brawny NeckT-Rexの非常に太くて強い首の筋肉は、非常な噛みつきをもたらしました。
自動化、スピードアップスピノサウルス29
-Spines防衛、展示、または体温調整に使用された可能性のある脊椎の長い延長。
半水生ペイアウトスピノサウルス30
-Semi-Aquaticスピノサウルスは、魚、カメ、トカゲ、およびプレシオサウルスを食べて、海岸線に沿って、沼地および沼地に半水生状態で住んでいました。これらの狩猟場があれば、他の大型の恐竜やワニと競争できたでしょう。
親指のスパイク自動化、スピードアップイグアノドン31
-Thumb Spikesイグアノドンは、親指があるところにスパイクのある委任状を持つという点で独特です。古生物学者は、これが戦闘に、または開いた種と果実を壊すのを助けるのに使用できたと仮定します。
イグアノドンは親指のある位置にスパイク付きの突起を持っていた点で独特である。古生物学者はこれを戦いや、種や果実をこじ開けるのに使ったと仮定している。
姿勢を変えるペイアウトイグアノドン32
-Changing Postureスピノサウルスは、魚、カメ、トカゲ、およびプレシオサウルスを食べて、海岸線に沿って、沼地および沼地に販推背状態で住んでいました。これらの狩猟場があれば、他の大型の恐竜やワニと競争できたでしょう。
イグアノドンの姿勢は一生の間に変わる。若いイグアノドンは普段は二本の脚で二足歩行をしていたが、年を取るとともに体重が増えると四足歩行に移行していった。
※和文だと説明文が「半水生」の説明文と同じになっている。
出生(胎生)自動化、スピードアップ魚竜34
-Live Birthイルカのような現代の空気呼吸する海洋生物のように、魚竜は卵を産む代わりに若い生き物を産みました。彼らは出産中にdr死しないように、赤ちゃんは尻尾から生まれました。
イルカのような現代の肺呼吸する海洋動物のように、魚竜は卵生では無く胎生であった。生まれる子供が出産中に溺死しないよう、子供は尻尾から先に生まれた。
大きな目ペイアウト魚竜35
-Large Eyes魚竜類は、すべての既知の脊椎動物の中で最大の眼窩を有していました。彼らの大きな目は水中を見るのを助け、彼らが深いところで獲物を狩るので特に役立ちました。
穴掘り自動化、スピードアップカニクイザル37
-Burrowingスリナクソドンは巣穴に住んでいたため、餌食に簡単にアクセスできました。主に昆虫や小さな草食動物です。このシェルターの増加は、彼らが二畳紀-三畳紀絶滅イベントを乗り切るのを助けたのかも知れません。
トリナクソドン(thrinaxodon)は巣穴に棲んでおり、主な餌である昆虫や小さな草食動物に簡単に近づくことができた。この避難所が増えることが彼らがK-Pg境界を生き延びるのに役だったかも知れない。
ウィスカ
ヒゲ
ペイアウトカニクイザル38
-Whiskersスリナクソドンの頭蓋骨に穴を開けると、ひげがあるという証拠が得られます。これらのウィスカーは、夜と地下の暗闇でスリナクソドンをナビゲートするのに役立ち、ステルス夜行性の捕食者になりました。
トリナクソドンの頭蓋骨には小さなくぼみがあり、これは彼らがヒゲを生やしていた痕跡である。このヒゲは夜や地下の暗闇でトリナクソドンが歩き回るのを助け、彼らを夜行性の捕食者にした。
ヘテロドン歯(雑食動物)自動化、スピードアップエオラプトル40
-Heterodont Dentitionエオラプトルは異歯性歯列と呼ばれるものを持っていました。つまり、肉を食べることと植物を食べることの両方に適した歯を持っていました。これは、エオラプトルが雑食動物であり、純粋な草食動物や肉食動物よりも進化的に有利であることを意味しました。
エオラプトルは異形歯性と呼ばれる歯を生やしており、肉食と草食両方の食性に適応していたことがわかる。これはエオラプトルは他の純粋な草食動物または肉食動物よりも進化的に優位にあることを意味した。
※異形歯性とは形や大きさの異なる歯を生やしていることを指し、ヒトなど多くの歯のある動物がこれである。逆に同じ形の歯しか生やしていない様相を同形歯性と言う。
真の化石ペイアウトエオラプトル41
-True Fossilエオラプトルは、最も初期に知られている恐竜の1つです。エオラプトルが住んでいた時代、三畳紀後期のすべての化石のわずか6%が恐竜です。それらがより大きくそしてより支配的になるジュラ紀まで、それらは主竜類と獣弓類によって数が多かった。
エオラプトルはもっとも早くから知られている恐竜の一つである。エオラプトルが生息していた三畳紀後期の全ての化石のうち、恐竜(dinosaurs)が占める割合はわずか6%しかない。ジュラ紀になってはじめて彼らがより大きくより支配的な種となり、主竜類と獣弓類が数で圧倒することとなった。
両開きの顎自動化、スピードアップモササウルス43
-Double-Hinged Jawモササウルスには、蛇のような両開きの顎があり、獲物全体を飲み込むことができました。大型の獲物を捕まえて食い尽くすこの能力は、モササウルスの多様で致命的な食餌を可能にしました。
スケール
ウロコ
ペイアウトモササウルス44
-Scalesモササウルスは滑らかな鱗で覆われていると考えられています。これらは保護を提供し、スケールの暗い色は大きなモササウルスをよりステルスにし、水の中のうごくを合理化しました。
モササウルスはつるつるのウロコで覆われていたと考えられている。このウロコにより身を守り、また暗い色のウロコはモササウルスの巨体を見えづらくし、水をかきわけて移動するのがより効率的になった。
加速した成長自動化、スピードアップアルゼンチン46
-Accelerated Growthアルゼンチノサウルスは、小さな卵の大きなバッチでその若者を出産しました。彼らがhatch化したとき、彼らは約1メートルの長さでした。しかし、彼らは急速に成長し、大人の恐竜が知られている巨大なサイズに急速に成長しました。
アルゼンチノサウルスは小さな卵を大量に産み付けた。孵化したときは体長1mほどの大きさであったが、急速に成長して知られている成体の大きさになった。
※ピーク時には体重が1日に40~50kg増えたとされる。
巨大な椎骨ペイアウトアルゼンチン47
-Giant Vertebraeアルゼンチノサウルスは、その特徴的な脊椎の例から主に知られています。これらの骨は巨大で、この巨大な恐竜の印象的なサイズと重量を支えるために、大きくて太くする必要がありました。
ホームセラピー
慣性高温性
自動化、スピードアップギガノトサウルス49
-Giantothermyギガノトサウルスは少なくとも部分的に温血で、爬虫類と哺乳類の中間の代謝をしていると考えられています。これにより、サイズが大きくてもエネルギーを維持しながら、危険なハンターになることができたでしょう。
※慣性高温性:体積のわりに表面積が少ないことから体温を失いにくい、体の大きな外温動物の特性。
顎関節ペイアウトギガノトサウルス50
-Jaw Articulation獲物をより強く噛むことができるように強力な顎を開発したT-Rexとは対照的に、ギガノトサウルスはより柔軟な顎を開発し、より速く噛むことができました。この迅速な咬傷は、ギガノトサウルスがより速い獲物を捕まえて殺すのを助けたでしょう。

レア度:レア

カード名効果対象出現ランク
-英説明文/注釈
アンモニディア化石クリック増加
-Ammonoideaアンモナイトはデボン紀から白亜紀にかけて絶滅した軟体動物であり、その化石はインデックス化石として重要な役割を果たし、さまざまな地質時代の定義と特定に役立ちます。
三畳紀ディスカウント三畳紀恐竜
-Triassic Age三畳紀(251.9 MYA-201.3 MYA)は、中生代の最初の期間でした。この期間の前半は二畳紀-三畳紀の絶滅イベントによって荒廃しましたが、後半は多様性の増加と恐竜の最初の出現によって特徴付けられます。
三畳紀(2億5190万~2億130万年前)は中生代の最初の紀である。この紀の前半はP-T境界における大量絶滅によって荒廃したが、後半は生物多様性が進み恐竜がはじめて出現したことが特徴である。
※ MYA(million years ago)は百万年前(単位)。P-T境界(Permian-Triassic boundary)はペルム紀(二畳紀)と三畳紀の間に発生した大量絶滅で、隕石落下の影響で恐竜が滅んだK-Pg境界と異なり原因がまだ特定されていない(火山活動説が有力)。また、絶滅発生から回復まで非常に時間がかかったことが特徴。(種の数が回復したのは約1000万年後とされる)
ジュラ紀ディスカウントジュラ紀恐竜
-Jurassic Ageジュラ紀(201.3 MYA-145 MYA)は、中生代の第2期でした。この期間、超大陸のパンゲアが分裂し始め、恐竜が地球上で支配的な種となり、三畳紀の砂漠を緑豊かな熱帯雨林に置き換えました。
ジュラ紀(2億130万~1億4500万年前)は中生代の第二紀である。この時期にゴンドワナ大陸がパンゲア超大陸が分裂し始め、恐竜が地上音支配的な種となり、三畳紀の砂漠が緑豊かな熱帯雨林となった。
※原文にはsupercontinent Gondawana(ゴンドワナ超大陸)と書いてあるが和文の通りパンゲア超大陸が正である。パンゲア超大陸がこの時期に分裂してローレシア大陸とゴンドワナ大陸に分かれた。パンゲアは超大陸なので海から遠い内陸はカラカラの砂漠であった。
白亜紀ディスカウント白亜紀恐竜27?
-Cretaceous Age白亜紀(145 MYA-66 MYA)は、中生代の最後の時代でした。恐竜は地球を支配し続けました。開花植物はこの時期に最初に現れました。この期間は白亜紀-古第三紀の大量絶滅イベントで終わりました。このイベントでは、地球上のすべての生命の75%が突然絶滅しました。
白亜紀(1億4500万~6600万年前)は中生代の最後の紀であった。恐竜はまだ地球の支配種であった。顕花植物はこの時期に初めて出現した。この紀はK-Pg境界の大量絶滅で終了し、この時地球上のすべての生命のうち75%が突然絶滅した。
※顕花植物とは、花をつける植物で裸子植物と被子植物を含む。種子植物という表記の方が一般的。
※K-Pg境界(Cretaceous-Paleogene boundary)は隕石衝突による環境の激変に伴い恐竜をはじめとする多くの種が絶滅した、中生代と新生代の境目。CretaceousなのにK表記なのはC始まりの紀が多くて紛らわしいのでドイツ語由来にしたせい。
二足歩行スピードアップ二足歩行恐竜
-Bipedal直立した姿勢で2本の足で歩く生物は、二足歩行と呼ばれます。ティラノサウルスレックス、ヴェロキラプトル、ハドロサウルスなど、一部の恐竜は二足歩行でした。二足歩行により、これらの恐竜の速度と柔軟性が向上しました。
四足歩行スピードアップ四足恐竜
-Quadrupedal水平な姿勢で4本の足で歩くクリーチャーは、四足動物と呼ばれます。ステゴサウルス、ディプロドクス、トリケラトプスなど、一部の恐竜は四足歩行でした。四足歩行により、これらの恐竜は頑丈になり、多くの体重を運ぶことができます。
草食動物ペイアウト草食恐竜
-Herbivore植物を完全に食べる動物は草食動物と呼ばれます。すべての恐竜の約半分は草食動物でした。葉、小枝、新芽を粉砕するために特別に設計された歯がありました。
完全な草食の動物を草食動物と呼ぶ。恐竜の約半分は草食動物であった。葉や小枝、新芽をかみ砕くために特化した形状の歯を有していた。
肉食動物ペイアウト肉食恐竜
-Carnivore完全に肉を食べる動物、または他の動物の肉を肉食動物と呼びます。恐竜の約半分は肉食動物でした。裂け目と引き裂きのために特別に設計された歯で、肉食動物の一部は狩猟者であり、他の肉食動物はスカベンジャーでした。
完全な肉食の、または他の動物の肉を食べる動物を肉食動物と呼ぶ。恐竜の約半分は肉食動物であった。彼らは狩猟者あるいはスカベンジャー(死肉あさり)であり、引き裂くために特化した形状の歯を有していた
並行進化スピードアップ並行進化恐竜27
-Parallel Evolution平衡進化の例では、プテラノドン(恐竜ではない)は三畳紀の間に飛ぶ能力を獲得しましたが、恐竜は始祖鳥の進化で飛ぶことができ、最終的にはプテラノドンが死んでいる間に現代の鳥に変わりました。
水生スピードアップ水生恐竜33
-Aquatic一部の恐竜は半水生生物でしたが、中生代に存在した真の水生爬虫類には、プレシオサウルス、魚竜、およびモササウルスが含まれていました。これらの動物は広大な海に生息しており、一部は空気呼吸と温血でした。

※雑食恐竜は「草食恐竜」「肉食恐竜」のどちらも適用される

レア度:エピック(叙事詩)

カード名効果対象備考出現ランク
-英説明文/注釈
群れ行動ペイアウト全恐竜
-Herd Behavior恐竜は社会集団に集まり始め、捕食者に対する防御のためにゆるい家族単位で生活します。
中空の骨スピードアップ全恐竜
-Hollow Bones中空または半中空の骨の発達により、一部の恐竜はより軽いがより強い骨格システムを身につけています。この開発により、後に飛行能力を開発できるようになります。
羽毛ディスカウント全恐竜21
-Feathersセラポディアンの恐竜がどの程度羽毛状になったかはまだ不明ですが、少なくともそれらのいくつかがさまざまな程度の羽毛状の皮膚を覆っていることを示す証拠が存在します。
獣脚類の恐竜にどの程度の羽毛が生えていたかはまだ不明だが、少なくともその中に大なり小なり羽毛に覆われた皮膚を持つ恐竜がいた痕跡がある
暖かい気候ペイアウト全恐竜順位50で小惑星追突後に獲得、以降威信レベルが上がるごとに獲得51
-Warm Climate中生代の時代、地球の温度は非常に暖かく、それが大量の地質学的および生物学的移行をもたらしました。この気候は、時代の大きな変化の舞台を設定しました。
中生代の時代、地球の気候は非常に暖かく、それゆえに大量の地質学的および生物学的な変遷をもたらした。この気候は時代の大きな変化の舞台を整えた。

コメント