それぞれの恐竜の特徴

Last-modified: 2021-01-02 (土) 10:16:25

※ゲーム環境によって名称や説明文に表記ブレあり。
 ここではSteam版を基準に記載しています。
 記載している数字はベース値です。



データ

恐竜名コスト出力更新時間Lvトレイト
恐竜3.7410.6sLvl12,4
鳥盤類60603sLvl12,6
ステゴサウルス7207206sLvl13,6
アンキロサウロス8,6404,32012sLvl23,5
トリケラトプス103,68051,84024sLvl34,8
翼竜1.24M207,36018sLvl45,10
プレシオサウルス14.93M2.2M36sLvl67,12
竜盤類(旧:サウリスキア)179.16M5.16M14sLvl89,12
竜脚類2.15B235.82M120sLvl1011,14
獣脚類25.80B167.8M16sLvl1213,16
コンプソグナトゥス309.58B223.69M4sLvl1415,18
ヴェロキラプトル3.72T6.71B20sLvl1617,19
パキケファロサウロス44.58T71.58B40sLvl1819,22
ガリミムス534.97T76.36B8sLvl2021,24
始祖鳥6.42Qa1,53T30sLvl2223,26
ブラキオサウルス77.04Qa61.06T200sLvl2425,28
ティラノサウルス・レックス924.42Qa162.82T100sLvl2627,28
スピノサウルス11.09Qi782.86T90sLvl2829,30
イグアノドン133.12Qi2.23Qa48sLvl3031,32
魚竜1.60Sx7.41Qa30sLvl3334,35
カニクイザル19.17Sx26.36Qa20sLvl3637,38
エオラプトル230.02Sx281.16Qa40sLvl3940,41
モササウルス2.76Sp9.00Qi240sLvl4243,44
アルゼンチン33.12Sp63.98Qi320sLvl4546,47
ギガノトサウルス397.5Sp533.16Qi500sLvl4849,50

説明

鳥盤目

鳥盤類

  • 鳥脚類(Ornithischia)
    鳥盤類は恐竜の2つの異なる順序(order、目(もく))の1つです。主に草食動物で、くちばしのような構造をしており、骨盤の構造が現在の鳥の構造に似ているため、「寄」恐竜と呼ばれることがよくあります。ここで紹介されているのは、オルシニス(鳥盤類)の恐竜の1つであるパラサウロロフスです。
    ※「寄」恐竜は英文だとbird-hipped dinosaurs(鳥盤類)。「奇」はhippedの誤訳か
  • イグアノドン(Iguanodon)
    イグアノドンは、大きくてかさばる草食動物であり、直立して歩き、餌を採食するための長いつかみやすい指と、捕食者を追い払うための独特の親指のスパイクを持ちました。

装盾類

  • ステゴサウルス(Stegosaurus)
    背中に大きな直立したプレートの特徴的な列で知られている四足の植物を食べる恐竜(草食動物)。
  • アンキロサウルス(Ankylosaurus)
    アンキロサウロスは、白亜紀後期の大型の装甲草食動物で、捕食者の骨を砕くことができる大きな反り返った尾を持つ。

周飾頭類

  • トリケラトプス(Triceratops)
    白亜紀後期の草食動物であるトリケラトプスは、その顔に3つの防御角と大きな骨のフリルがありました。
  • パキケファロサウロス(Pachycephalosaurus)
    この草食恐竜の頭蓋骨は厚いもので、捕食者の頭突きに使用されていました。

竜盤目

獣脚類

  • 竜盤類(Saurischia)(旧:ケラトサウルス、サウリスキア)
    竜盤類は、恐竜の2つの異なる注文(order、目(もく))の1つです。クラスにはいくつかの草食動物が含まれていますが、それらは主に肉食です。骨盤の構造はトカゲの構造に似ているため、「トカゲが寄った」 恐竜と呼ばれることがよくあります。ここで注目されるのは、竜盤類の恐竜の1つであるケラトサウルスです。
    ※「トカゲが寄った恐竜」は例によってlizard-hipped dinosaurs(竜盤類)。
  • ディロフォサウルス(獣脚類)
    中空の骨と3本のつま先の手足を特徴とする二足肉食動物。ここでは、獣脚類恐竜の1つであるディロフォサウロスが紹介されています。
  • コンプソグナトゥス(Compsognathus)
    小さな二足の肉食動物であるコンプソグナトゥスは、七面鳥ほどの大きさに成長し、小さくて速いトカゲを捕食することができます。
  • ヴェロキラプトル(Velociraptor)
    ヴェロキラプトルは、非常に鋭い爪と歯を備えた小さな羽毛の肉食動物であり、獲物を追いかけたり分解したりする熟練したハンターでした。
  • エオラプトル(Eoraptor)
    エオラプトルは最も初期に知られている恐竜の1つであり、約2億3,100万年から2億2,800万年前、三畳紀後期に生息していました。この小さくて速い雑食動物は、主竜類、原哺乳類、および他の初期の恐竜と一緒に住んでいました。
  • ガリミムス(Gallimimus)
    群れの中を移動して巣を作った、鳥のような大きな草食動物。
  • 始祖鳥(Archaeopteryx)
    羽毛恐竜から鳥への進化の移行種である始祖鳥は小さく、鋭い歯と爪と広い翼が飛行に使用されていました。
  • ティラノサウルス・レックス(Tyrannosaurus Rex)
    ティラノサウルスは、巨大な頭、長くて重い尾、小さな前腕を備えた二足歩行の肉食動物で、最も有名な恐竜です。
  • スピノサウルス(Spinosaurus)
    現代のワニと同様に、スピノサウルスの体は地面まで低く、半水生であった可能性があります。彼らの独特な棘は皮膚でつながっており、帆のような構造を形成していました。
  • ギガノトサウルス(Giganotosaurus)
    既知の最大の陸生肉食動物の1つであるギガノトサウルスは、長さ12-13メートルであると推定されています。ギガノトサウルスがティラノサウルスレックスよりも大きいかどうかについては議論がありますが、ギガノトサウルスが住んでいた地域の頂点捕食者であったことが知られています。

竜脚類

  • アパトサウルス(Apatosaurus)(竜脚類/Sauropoda)
    長いクビと尾と小さな頭を持つ巨大な草食動物である竜脚類は、木のてっぺんなどの届きにくい食物源を得る方法として、独特の首を進化させました。ここでは、竜脚類恐竜の1つであるアパトスアウラスが注目されます。
  • ブラキオサウルス(Brachiosaurus)
    人間に知られている最大の恐竜の1つであるブラキオサウルスは、ジュラ紀後期に住んでいた大きな草食動物でした。
  • アルゼンチノサウルス(Argentinosaurus)
    断片的な遺跡(remains、化石)からのみ知られているが、アルゼンチノサウルスは、最大39.7メートルの長さを持つ史上最大の陸上動物の1つであると広く認められている。最初の標本を見つけた農夫は、最初は脊椎が石化した木だと思ったほど大きかった。

その他の爬虫類

陸生爬虫類

  • 恐竜(Archosaur、主竜類
    このクレードには、恐竜・鳥・ワニの祖先が含まれています。「クレード」は、生命の樹上の単一の枝を表します。
    ※クレード(clade)=系統群。この主竜類の下位分類に恐竜(Dinosauria、陸生大型爬虫類)と翼竜(Pterosaur)がある。魚竜(Ichthyosaur)は別の系統群となる。

翼竜

  • 翼竜(Pterosaur)
    動力付き飛行を進化させるための最も速い脊椎動物である翼竜は、革のような翼を持っていて、さまざまなサイズがありました。

水棲爬虫類

  • プレシオサウルス(Plesiosaur)
    これらの大型水生生物は、幅が広く平らな体、長い尾と首、および4つの強い足ひれを備えていました。それらは人間によって発見された最初の化石は虫類の1つであり、1800年代初期にメアリー・アニングによって発見されました。
  • 魚竜(Ichthyosaur)
    魚竜は海生爬虫類でした。現代のイルカと同様に、これらの生き物には大きな目、長い鼻、短い首がありました。彼らは空気を吸って、若く生きるために出産しました。(彼らは肺呼吸を行い、子どもは胎生であった。)
  • モササウルス(Mosasaurus)
    モササウルスは巨大な水生肉食動物でした。長さは17メートルまで成長したモササウルスは、おそらく海の表面近くに住んでおり、魚、鳥、翼竜、プレシオサウルス、およびその道を渡るのに十分な(およびモササウルスの前を横切るほどには)不運な他の小さな動物を捕食していました。

哺乳類

  • カニクイザル(Cynodont、キノドン
    スリナクソドン(Thrinaxodon、トリナクソドン)はカニクイザル(キノドン)、または初期の哺乳類でした。三畳紀に住んでいたこの肉食動物は、キツネほどの大きさで、卵を産み、巣穴に住んでいて、毛皮を持っていた可能性があります。それらは、哺乳類が地球上で支配的な生命体になる前の進化の段階を表しています。
    ※キノドンは古生代ペルム紀後期(2億4,800万年前~)から中生代にかけて存在した単弓類のグループ。現代のカニクイザル(Cynomolgus monkey)とは別物。

コメント