Top > 森蘭丸
HTML convert time to 0.006 sec.


森蘭丸

Last-modified: 2010-03-30 (火) 13:05:19

生まれ Edit

どんな人? Edit

戦国時代の人
織田信長小姓

信長の家臣・森可成の次男。
お兄ちゃんは勇猛で知られる森長可(もりながよし)。

おいたち年表 Edit

1565年0歳森可成の子として誕生
1570年6歳父親が死去  
 歳この頃から織田信長の小姓になり、気に入られる  
1582年18歳美濃岩村城主になる。5万石を貰い大名に   
1582年18歳本能寺の変。弟らとともに討死する   

幼い頃から利発で、13歳の時に織田信長の小姓に

そのおりこうさんぶりに、瞬く間に信長のお気に入りNO1に

信長の可愛がりかたはすごいもので、「信長3つの自慢」の一つに数えられるほど

が、本能寺の変にて信長とともに行動し、明智光秀によって殺されてしまう

ちなみに蘭丸は、明智光秀の様子がおかしいと前々からチェックしており、信長に何度か忠告したらしい

が、信長は「あんな気弱なヤツに何ができる?」とそっけなかった

生きていたら、織田家臣を引っ張っていく武将になっていたであろう惜しい人物

その他 Edit

好きな人・・・信長様

尊敬する人・・・信長様

嬉しいこと・・・信長に褒められること 「よくボクの顔を褒めてくれました」

嫌いな人・・・明智光秀 「あの人は、いっつもボク達小姓を軽蔑した目でみていました」

欲しいもの・・・光秀の所領 「ボクのお父さんが前に住んでいたので」

特 技・・・信長様の爪探し 「どこにあっても、信長様の爪はわかります」

逸話 Edit

●蘭丸「ボク、コロンじゃいました!テヘッ」事件

ある日蘭丸が、贈られて来たミカンを台に乗せて歩いていました
それをみた信長が「おい、お前の力じゃ危ない。転んでしまうぞ」と注意
すると蘭丸が部屋の真ん中でハデに転んでしまったのです
信長は「それみろ」と笑いました

次の日、蘭丸の友達が「おいおい、お前昨日は派手に転んだなぁ」と笑うと、蘭丸は「ん?あれはわざとサ。信長様が転ぶぞって注意したんだから、転んであげたのサ。信長様の判断は正しいってことを示すためなのさ」と答えました

●信長の爪がない!オロオロ・・・事件

ある日信長が足の爪を切ってました
そして蘭丸に爪を捨ててくるように命令
すると蘭丸、爪がヒトツ足りないことに気がつき、入念に探し始めたのです
その爪は信長の袖から出てきました
信長が「爪ヒトツで騒ぐな」と言うと蘭丸は
「いえ。この爪で呪いをかけられては大変です。そのためワタシは爪をわざわざ堀まで捨てに行くのです」と言いました

●蘭丸 「ボクはズルしません」事件

ある日信長が小姓たちに向かって「この刀に刻まれている模様の数を当てた者に、この刀をプレゼントしよう」とクイズを出しました

小姓たちは思い思いの答えを口にしましたが、蘭丸だけがそのクイズに参加しません

信長が「蘭丸、おぬしも答えてみよ」というと蘭丸は「いえ。ワタシは殿がトイレに行くといってワタシに刀を預けた時、すでに数をかぞえていたのです。そのため知っているので答えられません」と言いました

●蘭丸 明智光秀をぶったたく!!

主君織田信長が、徳川家康がやってくるというので接待役に明智光秀を選んだ
が、光秀失態だらけ
怒った信長は「なにやっとんじゃ!!誰か!光秀の頭をぶったたけ!!」と命令
だけど周りの人たちは「ええっ!?そんなこと出来ない・・」とオロオロ
すると蘭丸が立ち上がり、光秀の頭を鉄扇でぶったたいたのです
光秀の烏帽子は破れ、血がダラダラ
屈辱を受けた光秀・・・
本能寺の変の半月前の出来事でした・・・


関連のある人々 Edit

織田信長

祐筆の人物批評 Edit

●由衣・・・生きていれば有能な武将になっただろうと思われます。残念です

●かこりん・・・美少年といって思いつく人

祐筆 Edit

●一番手・・・ハガクレ
●二番手・・・愛 年表とかをちょっと書き足しました (^Q^