いちわり君

Last-modified: 2021-04-08 (木) 00:20:54

「おかわり君」こと埼玉西武ライオンズ・中村剛也のこと。

 

概要

2011年オフにフジテレビ系列のバラエティ番組「はねるのトびら」に中村がゲスト出演した際、「パ・リーグの年間総本塁打の1割*1を(中村が)打った」と紹介されるVTRが流れ、それに対してキングコング・西野亮廣が

「じゃあ一割くんだ」

と発言し笑いを誘った。
これだけならただのお笑い芸人によるギャグだが、翌シーズンに突入すると中村は打率が1割台を推移するほどの深刻な打撃不振に陥ってしまい本当の意味で「いちわり君」となってしまう。
中村の不甲斐ない成績を揶揄する言葉としてあまりに語呂が良かったため、同じく彼の愛称をもじった「おわり君」と並んで頻繁になんJでこの呼称が使われた。

 

関連項目


*1 10.57%。パ全体の454本中実に48本が中村で、この年のロッテ球団全体の本数46本を上回っている。