王シュレット事件

Last-modified: 2021-04-23 (金) 10:00:16

2003年8月13日放送『ワンナイR&R』(フジテレビ系)内のコント「ジャパネットはかた」において、福岡ダイエーホークス・王貞治監督(いずれも当時)の顔を仕込んだ便器が登場した事件。あのWikipediaに記事が存在する*1ことからわかるように、社会に対して非常に大きな影響を及ぼした事件とされている。


発端

このコントは山口智充*2扮する「はかた社長」が福岡や九州にちなんだ「便利グッズ」を紹介するものだが、実際には痛い目に遭うものばかりで司会役の雨上がり決死隊・宮迫博之*3がその被害者、という内容である。

 

その放送分で登場した王シュレットは

  • 便器内いっぱいにダイエーのキャップを被った王を模した人形*4
  • 用を足す時の音を消せる「シゲボタン*5
  • 尻洗浄はO字型に開いた王の口から出る、というか噴き出す
  • しかも尻洗浄強さ目盛りが「0」「756(王が1976年に当時の世界記録保持者であるハンク・アーロンの通算本塁打記録更新を果たした本数)」「868(王の通算本塁打数)」。
    • そして756は「王が756号ホームランを打った時のスイングの勢い」で水が出る。宮迫曰く「肛門千切れます」*6

という不謹慎極まりないシロモノだった。


対応とその後

もちろんダイエー球団が黙っている筈もなく、特に当時球団社長だった高塚猛*7が大激怒。猛抗議されて翌週8月20日放送分でフジテレビは謝罪*8、当然のことながらジャパネットはかたのコーナーは放送から10日も経たずに打ち切りになった。

その結果、ダイエーのお膝元であるテレビ西日本*9もこれの余波を受け、二軍戦の深夜放送を流すなど在福局でも一番ダイエーに力を入れていたにも関わらず、ダイエーの話題を触れるのにも支障が出るなどの影響を受ける。また同年の日本シリーズの中継の際、ダイエー及び対戦相手の阪神タイガース両球団共にフジFNN/FNS系列での放映権の推薦を行わなかったため、テレビ西日本と在阪局の関西テレビ(カンテレ*10は中継が出来ず、両放送局ともキー局・フジテレビとの関係が一層険悪化*11*12する事になる。

なお、空いた放映権は地元系列局のTVQ九州放送が地道に中継していたことが球団に認められたテレビ東京系列だったのだが、テレビ東京系と仲の良い独立系UHF放送局だけでは全国中継することができず*13*14、テレビ大阪開局以来テレビ東京とイザコザがあったサンテレビなどにもテレビ東京系の映像が流れることとなった*15。自業自得とは言えある種くだらない悪ふざけのネタのせいでフジFNN/FNS系列に取って最悪の結果を招いたとも言える。

 

当時の阪神監督だった星野仙一も「あれは怒って当然。やっていいことと、悪いことがある。しかも“世界の王さん”やで」「オレがもし(同じような扱いを)されても怒るし、そうなったら胴上げだろうが、ビールかけだろうがすべて取材禁止や。お笑い同士で楽しくやるのはええけど、こっちは戦っとるんや」と激しく非難*16、便器の元ネタであるウォシュレットの製造元であるTOTO*17やコント名の元ネタであるジャパネットたかた*18から抗議を受けフジ他番組のスポンサーから撤退、視聴者からも「王監督をバカにするな」「日本シリーズが見られない」などと大量の苦情が寄せられた。

 

なお王は地元紙・西日本新聞のインタビューに

  • 野球界と芸能界を一緒にするからこのようなことが起こる。
  • ボク自身は(番組の映像を)観ていないが、かなりえげつないものだったと聞いている。対応?それは球団に任せているから。

と答えている。

 

また、この事件をきっかけに「便器」というダイエーの蔑称が生まれ、金玉添付ライオンズなどのノリで「拭こうか大便放糞」と呼ばれるようになり、ダイエーからソフトバンクに身売りされた後は「ソフトバンク」と「便器」との親和性がよくなったことからか「ソフトベンキ」にはじまり、「糞太便器」や「糞と便器」、大便放糞から「拭こうか糞太便器放糞」など、多数の蔑称が生み出されている。とりわけ「便さん」「うんさん」と罵り合う日本ハムファンとの交流は見ていて微笑ましい。
確認できる最古の「便器」は2003年に遡る。

1 : OH[] 投稿日:03/08/17 23:29 ID:r0yaoh04 [1/1回]
私が監督をしている間はホームラン記録は決して破らせないし、ましてや便器されるなど敬遠させてもらうよ

ただし、これらの蔑称を使う時にはこの事件があった経緯を忘れてはならない。


関連項目



Tag: ソフトバンク 巨人 阪神 芸能人 報道機関 絶許


*1 Wikipediaは巷のまとめwikiに比べて記事作成に必要な基準(独立記事作成の目安)がかなり厳しく、「百科事典の記事として言及するだけの価値」(特筆性。例えば事件などの場合はその出来事が社会にもたらした影響など)がないと削除されたり、他の記事に統合されたりしてしまうケースが多い。
*2 愛称は「ぐっさん」、同姓の山口鉄也(元巨人)にも使われた。
*3 2019年に闇営業に関与していたことにより吉本と契約解消、コンビは活動休止中。現在はYouTuberとして活動している。
*4 ウ○コが当たりそうになると自動で避けてくれる、という設定。ちなみに帽子のマークはなぜか本来の大文字の「FDH」ではなく小文字の「fdh」となっている。
*5 ビデの捩りで、長嶋茂雄からとられている。ただし本来のビデの機能は女性器を洗うのが目的で、用を足す時の音を消すのは「音姫」である。なお番組内における用消しの音声は山口による長嶋のモノマネ。ちなみにこの件については長嶋や親族および読売ジャイアンツ関係サイドからコメントは出されていない。
*6 868は通常のウォシュレットの868倍の洗浄力、宮迫曰く「全身千切れます」。
*7 1947-2017。リクルートから招聘されホークス球団再建に当たるも、公私混同が激しかった事でも有名で、この王シュレット事件後の2003年オフに、それに抗議した小久保裕紀に対する報復として無償で巨人へ放出した「小久保事件」などで非常に悪名高い。その翌年オフに強制わいせつで逮捕され失脚。
*8 その内容が15秒だけの上辺だけだった事。しかもこの放送中和光堂の粉ミルクをぶっかける事件を起こし、さらなる批判を浴びた。
*9 福岡県を担当するフジFNN/FNS系列基幹局。地元有力紙で西日本スポーツを発刊している西日本新聞が出資している。
*10 近畿エリアを担当するフジFNN/FNS系列準キー局。開局時より阪急電鉄の資本が入り、東宝と縁が深かったためのち阪急阪神東宝グループの一員になった。
*11 ただしカンテレに関しては以前からフジテレビとの関係が非常に悪い事で有名であり、現在でもドラマ等の製作もカンテレの東京支社製作が大半と言う徹底ぶりである。テレビ西日本に関してもそれほど関係は悪化していなかったが、この一件のせいで鹿児島テレビを除く九州の系列局の恨みを買う事に。
*12 なお、類似事例として、2006年10月10日の巨人対中日戦で、この試合で勝てば優勝が決定する中日の様子を放送したかった在名局の中京テレビと、その試合を、映せたのにも関わらず読売資本のため映さなかった日本テレビの仲が、険悪になった。(ただし、中京テレビは開局時から日テレとの仲が悪く、中京圏のネットワーク一本化の際もNETテレビ(現・テレビ朝日)系単独加盟になることを望んでいたが、日テレと朝日新聞の横槍で日テレ系単独加盟にならざるを得なかったために中京テレビと日テレとの関係が悪い。)ただし、メーテレ以外の名古屋の民放局がそうであるように、中京テレビには中日新聞社の資本が入っている。
*13 基幹系列でも、1都2府1道13県しか放映されず、区域外再送信も、権利上の大人の事情で極僅かであった。また余談ではあるがテレビ東京系のテレビ北海道がある北海道でも2006年パ・リーグプレーオフ第2ステージ・第2戦の放映時に道東エリアがカバーされておらず視聴できなかったため大量の苦情が寄せられたことがある。
*14 NPB側が系列局がないとこは、NHKのBS1やNHKハイビジョンでカバーできるからええやろ(ハナホジー)と言う判断で決定してしまった事も一因。なおこの当時のBS衛星放送普及率は2割しかなかったのだが・・・。
*15 業を煮やした阪神球団がテレビ東京へサンテレビとKBS京都に対しても中継させるように要請し、テレビ東京が承諾したため。なお、テレビ東京とKBS京都は競馬中継の映像の相互ネットを行っている。
*16 星野のこの発言を受け、前述の通り阪神球団も日本シリーズ放映権をフジFNN/FNS系列に推薦しなかった。
*17 本社は北九州市。定期的にホークスの主催試合が開催されるもう一つのお膝元。
*18 本社は長崎県佐世保市。ホークスのスポンサーについていた時期もあった。
*19 名将として評価される前、低迷期ホークスを率いていたころの王に降りかかった災難。