Top > 小ネタ・裏技


小ネタ・裏技

Last-modified: 2019-03-22 (金) 12:01:04

引換券を支払わずに衣装アイテム入手 Edit

衣装が貰える『受付嬢の貸し衣装』などは引換券が100枚~とかなりの枚数が必要。
しかし、衣装アイテム入手情報はシステムデータに保存されるので、この仕様を逆手にとると引換券未払いで衣装が入手できる。
具体的には以下の手順を参照。

1.まずは交換に必要なだけの枚数を溜める(例:『受付嬢の貸し衣装』が欲しいなら100枚)
2.引換券を使い、エスティさんに目的の品を交換してもらう。
3.アトリエに戻り、日記から更衣室を選択し、適当に着せ替え。
4.更衣室から抜けると、システムデータにオートセーブされる。
5.引換券を使用する前のセーブデータをロードすると、引換券未使用なのに衣装は入手している(実質タダで入手)。

※正規に引換券を支払った時同様、ちゃんと交換アイテム一覧からは消えている。
※この方法は衣装アイテムの交換にのみ有効で、材料や装備品の交換には通用しない。
※PS3版・Vita版ともに可能。

お金稼ぎ Edit

旧作でお金稼ぎに使われていた賢者のパイ・ドンケル等のクエスト報酬は軒並み下げられています。

  • 初プレイ最序盤、井戸で水を汲んで売る伝統の稼ぎ。5000コールくらいあればいろいろ楽に
  • 各採取地の人型の敵から装備を強奪して売却
  • 各採取地の悪魔型と幽霊型の敵が落とすペンデロークを売却
  • 3年目以降クアドラぷにが出ているならば、養殖して装備を強奪し売却
  • 3年目3月以降オルトガラクセンの第十三階層の敵を一掃し、風乗りの羽根で帰還し入手した素材を売却
    一日あたり20000強。50日あれば100万稼げる。リアル時間短縮のため仲間はエスティがおすすめ。
  • 延長戦にて真っ先にホム採集を5にしてオルトガラクセンでレア狙いし、材料を売却
  • 延長戦にて深淵の古塔レベル4にて、悪魔シンボルの雑魚敵からの戦利品の装備などを売却
  • 食材の種の特性の上から3つを「ロイヤル御用達」「限定販売品」「コスト枠極大」にして栽培し、種にして売る
    品質101以上なら1個あたり450コール前後で売れる
    • 延長戦で土壌レベルを最大にすると夢見る王冠が採れる。夢見る王冠は1個あたり1400コール前後で売れる
    • コスト枠極大を延長戦の採取地で取れるコスト60以上の特性に変えると更に高く売れる

種で特性を濃縮 Edit

種は自分自身を素材にできるため、あとから特性を足したり引いたりが容易にできる。
まずコストレベルが最大のものを作っておけば、その後の装備用やアイテム用の作成が楽になる。

回数∞のタイムカードを作る Edit

前作「メルルplus」の時にもあった小技。
タイムカード系のアイテムは、特性とそのアイテムの元々の回数を組み合わせて10回になると表記が∞になる(∞なのは見た目だけで実際には有限)。
今回、タイムカード系の特性が中和剤にも付けれるようになったり、入手も容易になったので作りやすくなったのだが
タイム型化・アイテムクローン・オートマテリアル等の特性は持続ターンが減らされおり
通常のアイテムでは回数10回を越せないように調整されている。
唯一の例外がデフォルトで回数3回のタイムカードを持つ「ヒーリングベル」。
このアイテムにオートマテリアル(2)・アイテムクローン(3)・タイム型化Lv2(2)を付けると
3+2+3+2=10で回数∞のタイムカードを作れてしまうのだ。
残念ながら、作った所で非常に長持ちこそするものの、余りにも持続ターンが長過ぎるせいで
残数比例回復とは完全に相性が悪く、3回目までは1しか回復せず、4回目からやっとまともな回復効果を発揮する。
ただ、回数∞表記のインパクトは絶大。1度は作ってみるのも悪くはない。

同じ背面タッチのアクションを何度も見る(vita版) Edit

これもメルルplusの時にあったものと同じ。
ロロナの背面タッチのアクション中にRボタンを押してメニューを開くと動作が中断されるが
その後メニューを閉じると直前に実行したものと同じアクションを最初から行なう。
お気に入りの動作を何度も見たい時にどうぞ。

夜の領域の採取地「夜の支配者」のデーモンをスルーして宝箱をGETする Edit

奥側の壁に沿って歩けばデーモンと接触せずに(戦闘にならずに)宝箱まで行ける。
手前側からだと接触してしまう。

錬金関係の小ネタ Edit

  • 充填系のアイテムは、日数経過で品質が上昇していく。
    • 量販店に登録:品質を低めに作ると、価格が安く出来る。
    • 使用アイテム:使用しても(使い切らなければ)品質が回復(=使用回数が回復)するので
      何個か作ってローテーションすればいちいち作り直す必要がなくなり、便利。
      • 獣の彫り物、ブリッツシンボル、神秘のアンク、自動目覚まし、ネクタルなど
  • テラフラムはそのまま使うと自爆してしまうので、範囲縮小の特性を付ける
  • 量販登録のため特性を煮詰めていく場合、内装の「おしゃれ釜」を外した方が一回の調合に多くの素材を投入でき、物によっては日数を節約できる。

戦闘関連の小ネタ Edit

  • 防御時、十字キー上下で次回行動ターンを選べる。
  • アストリッドはスキルがかなりいいので、毎ターンかばわせれば無理目な敵でもなんとかなる。
  • 武器に「七色の力」「吹雪の力」「眠り付与」全部つければボスでもかなりの高確率で寝る。

その他 Edit

  • タイトル画面で流れるロロナのセリフはプレイする時間帯によって変わる。延長戦クリアでトトリ、メルルも追加される。
  • オルトガラクセンの行き止まりの部屋(9層と14層)では、そのまま出るより風乗りの羽根でアトリエに帰還してから再度行ったほうが早い。