Top > 【かぶとこぞう】
HTML convert time to 0.005 sec.


【かぶとこぞう】

Last-modified: 2017-10-21 (土) 20:01:10

概要 Edit

DQ8、DQMJ以降のモンスターズシリーズなどに登場するカブトムシ型のモンスター。
上位種に【アーマービートル】【アイアンダッシュ】がいる。
ついでに少年ヤンガスにはボスの【ギガントビートル】がいるほか、モンスターズシリーズには強化版として【ヘラクレイザー】が登場。後者はツノのデザインが変わっている。

DQ8 Edit

【トラペッタ地方】(東部)、【リーザス地方】(東西部全域)、【リーザス像の塔】【トロデーン国領】(北部の森、南部)に出現する。
終盤はトロデーン国領の南部では森と街道にも出現するようになる。出現率については場所によりやや増えたり減ったりしている。
なお、平原に出現するのは全て夜行性となっている。
 
【トラペッタ】周辺では明らかに最強、というか場違いな強敵。本来なら【リーザス地方】周辺基準の実力があるのだから。
【メタッピー】を超える守備力とHPを持ち、攻撃力も【スキッパー】を超える。
更に時折繰り出す【ツノ攻撃】でこちらを【1ターン休み】状態に追い込んでくるという有様。
「守備力の高い敵には呪文」と思っても、【主人公】【メラ】すら覚えてくれず、最初に習得する【ギラ】はLv11と遥か先。
【かぶとわり】で守備力を下げれば」と思っても、この段階では斧に該当する武器がない。
一応【せいすい】による固定ダメージは通るのだが、聖水はトラペッタでは販売しておらず、【メラゴースト】からのドロップ(1/64)を除けば、固定で手に入る二個だけという貴重品。
ついでに言えばわざわざコイツ対策として聖水を袋から出して手持ちに加えているようなプレイヤーはまずいない。
結局のところ、碌に通じない打撃を繰り返すか、多少の被害を覚悟で逃げの一手に徹するかしか術はない。
バランス調整の一環か出現率自体は低目で、出てきたとしても単独かつ単体のみというのが唯一の救い。
「十分な実力もつけないまま不用意に辺りをうろつくのは危険である」ということを高い授業料でもって教えてくれる人。
 
ただし、ここが彼の絶頂期。
 
続くリーザス地方では複数で出現するようになるものの、相変わらず夜間か森林部限定なので遭遇を避けるのは容易。
リーザス像の塔になってようやくまともに出現し始めるが、このころになると打撃が普通に通じるので、大した脅威でない。
精々【じんめんガエル】用にとためたテンションをツノ攻撃でチャラにされることがあるのがウザいくらいか。
ギラやかぶとわりも使えるが、この時点では全体攻撃ができる【ブーメラン】も手に入っている筈なので、ハッキリ言って使うまでもない相手になっている。
 
落とすアイテムは通常枠が【やくそう】(1/32)、レア枠が【皮のぼうし】(1/64)。
「かぶと」こぞうだけに、その時期に合った頭防具をドロップするのだが、実際に皮の帽子が欲しいのであれば、【いっかくうさぎ】を狩る方が楽。

DQMJ Edit

【モルボンバ島】に出現する。
やはり高い攻撃力と守備力が特徴のパワーファイターとなるが、メラにはめっぽう弱い。
【むしのしらせ】【こうげきアップ】のスキルを持っている。

DQMJ2 Edit

魔界に出現するが、海岸に出現する【エビラ】を利用することで簡単に配合できる。
特性は【テンションアップ】【体技ふうじブレイク】
攻撃力がよく伸び、成長も割と早いため、クリア前の主力になってくれる。
クリア後も【レティス】の凍てつく波動を体技ふうじで封じるなど、スカウト役としても役立つ。
ただし、通信対戦においてはヘラクレイザーの方が有能である。

DQMJ2P Edit

配合方法が【はさみくわがた】×4の四体配合に変わり、エビラを利用して配合できなくなってしまっている。
また、おたけびで怯みまくるため、ラスボス戦に連れて行くのにも向かなくなり弱体化している。

テリワン3D Edit

【だいちの扉】に出現する。配合方法は前作と同じ。
テンションアップと封じブレイクの特性をもち、+25で【ギャンブルボディ】、+50でドルマブレイクの特性を得る。
【ワニバーン】と配合すると【オーシャンクロー】になる他、【メタルキング】と配合すると【ヘラクレイザー】が生み出せる(こいつ4体の4体配合でもいい)。
スキルはやはり「むしのしらせ」。

イルルカ Edit

【宿り木の塔】に出現する。
また、【他国マスター】がコイツとはさみくわがた、【ホーンビートル】という昆虫パーティを率いている。
スキルやランク、系統は変わらず。
特性のテンションアップは【いきなりテンション】に変更された。
【新生配合】【ときどきスカラ】【メガボディ】化で【AI1〜3回行動】【ギガボディ】化で【負けずぎらい】を習得。

少年ヤンガス Edit

【ならくの洞くつ】などに出現する。
1マス突き飛ばしたり、【だいぼうぎょ】を使用してくる。
 
成長限界はレベル15。
デフォルトネームは♂が「かぶたん」、♀が「かぶかぶ」。
レベル15で【スクルト】を覚えるが、連発してすぐにつかれてしまうのが玉にキズ。
ちなみに+値を上げると回避と運の良さがかなり伸びるようになる。
配合パターンは【おおなめくじ】or【うみうし】×鳥系。

DQMB2 Edit

第一章から登場。
ステータスはHP:529 ちから:96 かしこさ:53 みのまもり:111 すばやさ:98。
技は【かちあげ】【ためる】
前者は角で相手を突き上げて転ばせる技。転ばせて相手を動けなくする事が出来る。
後者は仲間のテンションを高める技。ちょっとした火力増強に。
また、勇者と組む事で、ためるが「ブーストアタック」に変わり、攻撃に灼熱属性が加わる。
 
力が強い、速い、硬いと結構能力値が高めに設定されているので使いやすい。
低めのHPは相性や他のメンバーでカバーしよう。