Top > ミコシ・ユウコ
HTML convert time to 0.006 sec.


ミコシ・ユウコ

Last-modified: 2017-08-08 (火) 23:48:30

◆忍◆ ニンジャ名鑑#(未掲載) 【ミコシ・ユウコ】 ◆殺◆

登場エピソード Edit

 

「私のデスドレイン!お見せなさい!私の力を!」


人物 Edit

  • カブキ・フォースの女性研究主任。非ニンジャ。
    • なお本編中ではミコシ、あるいはユウコとしか表記されていないため、ユウコ・ミコシの可能性もある。
  • マジック・モンキー計画によってニンジャを使役する立場にあり、「ニンジャに首輪をつける事に成功した」と豪語する。
    • マジック・モンキー計画はアキラノ・ハンカバが存在しなければ成立不可能な計画であるのだが、彼女はまるで自分の力のように誇っている。
  • そのため、非ニンジャでありながらニンジャに対して上の立場にいると考えており、デスドレインを始めとした凶悪なニンジャに対して「どこまでも従順」「信頼関係が芽生えている」と信じて疑わない。
    • 特にデスドレインに対しての思い入れは強く、上記のセリフの通り「私のデスドレイン」と呼ぶほど。データ収集のためネオサイタマ兵を一掃した際は感激のあまり涙ぐむほどだった。
       
  • キョートのユタカ・アンド・クラシ貿易会社の若きCEO、クラシ・タケルというフィアンセがいる。
    • 戦争中の前線基地でIRC通信を行うほど仲睦まじかった。実際デスノボリな。
    • タケルはミコシの身を案じ再三ニンジャの危険性を説いてきたが、ニンジャの力を制御した(と信じている)ミコシにとってはその警告も煩わしいものでしかなかった様子。

元ネタ・考察 Edit

  • ミコシという名前の由来は、「神輿を担ぐ」という諺のミコシ(神輿)である可能性が高いと思われる。
    • 神輿を担ぐとは「他人をおだて上げる、持ち上げる」という意味の諺である。デスドレインやその他マジック・モンキー達との間に信頼関係が生まれていると勘違いしおだてる姿から来るネーミングか。

ストーリー中での活躍 Edit

(私今、体温何度あるのかな……華々しいネタバレをもって帰ることができるわ)

一言コメント

「あなたはwikiの宝よ。新時代のコメントよ、私のニンジャ……」