Top > リベットスーツ男/オーバーオール男/スキンヘッド男
HTML convert time to 0.004 sec.


リベットスーツ男/オーバーオール男/スキンヘッド男

Last-modified: 2016-03-14 (月) 11:29:24

登場エピソード Edit


人物 Edit

  • アサガオの店に現れたヨタモノ借金取りの三人衆。シツレイな態度と外見から、まともな稼業でない事は明らかだと地の文には解説されている。
  • 借金を背負っているのはアサガオの伯父であり、本来なら彼女に返済の義務は無いのだが、「家族が大事」を題目に彼女に支払いを迫る。
    • そのスタンスは「家族が大事」「正当防衛」などの倫理観を自分たちの非道を行うために都合よく解釈し、欺瞞を押し付ける典型的なヤクザのそれである。
  • ヘッズの間からはその外見の特徴から、某コメディアン・トリオがモデルなのではないか?と訝しむ声が相次いだ。このため彼らの登場する一幕は、ヨシモト・ニューコメディめいたアトモスフィアをどことなく感じさせるものがある。

リベットスーツ男 Edit

 

「アーッ!マッポー!血も涙もない話だぜ!」


  • 三人衆のリーダー格。ストライプ状にリベットを打ち込んだスーツを着、目には埋め込み式のサングラスの男。
  • 暴行を先んじて加えられた事実を捏造し、正当防衛名目で非道をはたらくための演技に手馴れており、抵抗するアサガオを正当防衛前後しようとした。
  • ムエタイの使い手であるようで、屈強な体格であるはずのモーティマーをハイキック一撃で倒すほどのカラテを持つようだが、現役デッカーであるタバタの敵ではなかった。

オーバーオール男 Edit

 

「ウーッ!」


  • 素肌にオーバーオールを着た危険な巨漢。本名は「マユミ」。
  • 基本的に言語を介さず「ウーッ!」と唸るのみ。アサガオが支払いを拒否すると、真っ先に店の招き猫を破壊し暴力的手段に出た暴漢であるが、リベットスーツ男によると「正義感が強く、気は優しくて力持ち」との事。欺瞞!
  • なお元スモトリであるとは記述されていない。

スキンヘッド男 Edit

 

「このアマ!?アニキ、俺許せねえよ!家族が大事だぞ!許せねえ!」


  • スキンヘッドで、頭皮に「強み」と刺青されている。リベットスーツ男を「アニキ」と呼ぶ。
  • 飛び出しナイフを武器として持ち、ヤクザスラングで周囲を恫喝する悪漢だが、ヘッズの間では彼のセリフは何故か甲高い声で脳内再生されるとの声が溢れた。

一言コメント

コメント欄な