滝川雄利

Last-modified: 2010-01-26 (火) 11:45:37

生まれ

たきがわかつとし
1543~1610

どんな人?

戦国時代~江戸時代の武将
常陸国片野藩初代藩主

最初は僧侶をしていて木造家に仕えていたんだけど、織田信長の家臣・滝川一益が雄利の才能を見抜いて、木造家?の当主を織田家に寝返らせ、雄利を還俗?させ、自分の娘婿に迎えた

その後、織田信長の息子・織田信雄北畠家?の養子に行くことになったので、雄利を家老につけた

天正伊賀の乱?北畠具教暗殺などに関わった

織田信長が死ぬと、主君の織田信雄羽柴秀吉と対立するようになっていく

秀吉は雄利に内応するよう勧めたが、その前に信雄が和睦してしまった

が、雄利は秀吉にうまく接近し、信頼を勝ち取った

織田信雄改易されてしまったのに、雄利は所領安堵された

その後は九州征伐小田原征伐にも参加し、活躍をしている

]]関ヶ原の合戦では西軍に入ったため、戦後改易されてしまうが、のちに[[徳川家康に召しだされて滝川姓の存続と2万石の所領を与えられ、家康の御伽集?となる

逸話

九州征伐では、戦後の博多の復興を長束正家小西行長石田三成らと行った
豊臣秀次事件にも連座したが、処分なし
●秀吉から羽柴姓を賜った
●子孫に滝川具挙?がいる

関連のある人々

正室・・・滝川一益の娘
長男・・・滝川正利
娘・・・鳥居忠政の正室

祐筆の人物批評

祐筆

●一番手・・・ハガクレ