Top > 酒井重忠


酒井重忠

Last-modified: 2009-11-09 (月) 14:39:36

生まれ Edit

さかいいえだた
1549年生まれ
1617年没

どんな人? Edit

戦国時代の武将
父親の酒井正親?は徳川家の譜代家臣で、その酒井正親?の次男として生まれる。
そのため若い頃から徳川家康に仕えていた。
家康初期の合戦にはほぼ参加し、武功を挙げた
父親が死ぬと、跡をついで三河の西尾城主となる。
本能寺の変織田信長が死んだ時、徳川家康伊賀超え?をして逃げるんだけど、その時本国の留守番をしていて、家康らを船で出迎え安全確保を行った。
徳川家康が関東へ移封になると、武蔵に1万石を貰う。

逸話 Edit



関連のある人々 Edit

父親・・・酒井正親?
母親・・・石川清兼?の娘
正室・・・山田重辰?の娘

子供たち
酒井忠世・・・長男
酒井忠季?・・・次男
西尾忠永?・・・三男
酒井忠正?・・・四男
娘・・・本多正純の正室
娘・・・伊奈忠政?の正室のち分部光信継室

酒井忠清・・・ひ孫

祐筆の人物批評 Edit

祐筆 Edit

●一番手・・・ハガクレ