KGBの本気

Last-modified: 2020-01-02 (木) 10:51:41

原義

※削除されたヒテッマン氏の動画の内容が含まれます

元々はヒテッマン氏の動画で『ゴルゴ13第一章 神々の黄昏』をプレイした際、

ゴルゴが画面下に落下→画面上から出てくるという動作を繰り返す

その直後に登場した情報屋が「きをつけな だんなの うごきは KGBに よまれてるぜ」と発言

という場面があったことから、
画面下に落下→画面上から出てくるという動きはKGBに読まれやすい」と解釈され、
以後ゲームを問わずキャラクターが上記のような動作をすると「KGB」のコメントが付くようになった。
横の場合は横KGBとなる。
また、単純な一方向のみの移動ではなく、斜め方向への移動が組み合わさったり、
途中で軌道が変わるなど複雑なループになった場合は「KGBにも読めない動き」などと言われる。
 
「KGBの本気」は分かりやすくするための表現であり、コメントでは単に「KGB」とすることが多い。
ロシア語とドイツ語に倣って「カーゲーべー」と読むと通っぽいが、実在のKGB(ソ連国家保安委員会)に興味を持っている人に
知ったか扱いされて人間関係が悪くなる可能性があるため、興味ない人は英語に倣っておとなしく「ケージービー」と読むのが無難。

実例

キサマゴンボール

キサマゴンボールZ 超なんかイヤ伝説ではKGBが多発する傾向にある。
特に2の界王様のKGBが激しく、10倍の重力をものともしない動きを視聴者に見せつけた。
コメントではKisamaGon Ballの省略形ではないかとの説も。 ← !おまえ なかなかやる

5では界王様のKGBが、さらにグレードアップ。
画面のあちこちに多数の残像を発生させてプレイヤーに修行させる斬新な事態になってしまった。

KGB(英:ケージービー、露・独:カーゲーベー)とは

旧ソ連の情報機関。正式名称はソ連国家保安委員会(Комитет государственной безопасности)、略称КГБ(英語に直すとKGB)。
冷戦期に米国CIA(中央情報局)と激しい諜報戦を繰り広げ、当時の『ゴルゴ13』にもしばしば登場した。
ソ連崩壊とともに解体。
 
本来の意味でのKGBは原語に沿って主に「カーゲーベー」と読まれることが多いのだが、
きれぼし用語としてのKGBは元の意味を失っているため単純に「ケージービー」と読まれることが多いようだ。

関連項目