床屋の主人

Last-modified: 2021-05-01 (土) 23:26:26

「うちの店に機関車を飛び込ませるなんて、全く迷惑です!」

名前床屋の主人
英名The Barber
性別
仕事:(シャツ&白衣)+茶色(ネクタイ&ズボン)
プライベート:黄土色(スーツ)+(シャツ)+濃青(ネクタイ)
原作初登場巻第13巻『ダックとディーゼル機関車』第4話「とこやへいったダック/ダック、とこやさんへいく」
原作初台詞「いや、許すもんか。お客さんを脅かしたうえに塗り立ての壁を台無しにしたんだ。ええい、こうしてやる。」
TV版初登場シーズン第2シーズンとこやにいったダック
※『おいかけるバーティー』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV版初台詞「いや、許せん!!」
一人称うち
説明クロスビー駅床屋のオーナー。
ダック床屋に突っ込んできた時、彼はカンカンに怒り、ダックの顔に石鹸の泡を塗りたくった*1
・やって来たトップハム・ハット卿に文句を言ったが、訳を聞いてからは態度ががらっと変わり、ダックの顔に水を掛けて謝罪した。
・原作絵本と人形劇のみの登場で、CGアニメには登場しない。
日本版CV郷里大輔第2シーズン
参照画像

*1 お客さんの安全を考えれば怒っても仕方がないが、なぜその行為が泡を塗る事に繋がったのかは不明。