Top > バートラム・トップハム・ハット卿


トップハム・ハット卿

Last-modified: 2018-11-17 (土) 14:16:25

「ああ… ええと… 3時48分発、ケルスソープ駅行きの列車のホームは、ああ…4!いや、3!いや、5番線!いや…」
TV版長編第3作のトップハム・ハット卿TV版第22シーズンのトップハム・ハット卿

名前トップハム・ハット卿/バートラム・トップハム・ハット/太っちょ局長/太っちょ重役
英名Sir Topham Hatt/Bertram Topham Hatt/The Fat Controller/The Fat Director
性別
仕事:(ジャケット&シルクハット&ネクタイ)+薄黄色(ベスト)+(シャツ&ハンカチ)+の水玉模様(パンツ)+灰色(ズボン)
長編第5作第20シーズンのみオレンジ(救命胴衣)、第20シーズンのみ(帽子)+濃赤(帽子のライン)
鉄道制服:(鉄道制服)+(ネクタイ)+(シャツ)+薄青(襟&ライン)
私服:オリーブ色(トレーナー)+(シャツ)
冬服:黄色(ニット帽&マフラー&手袋)→紅色灰緑の縦ストライプ(マフラー)
プライベート1:ベージュ(帽子)+紺色(ジャケット)+黄色(ベスト)+(ネクタイ&ハンカチ)+灰色(ズボン)
プライベート2:濃いベージュ(帽子)+茶色(帽子の模様&帯)+黄色(襟)+(コート)+薄緑色(シャツ)
プライベート3:紺色(上着)+黄色の斜めストライプ(ネクタイ)+ベージュ(ズボン)
キルト:(ジャケット&ベスト&帽子)+朱色灰青灰緑の格子柄(キルト&帽子の帯)
TV版・寝間着:灰白色(パジャマ&ナイトキャップ)+薄紫薄黄色(ストライプ柄)
水着:の横ストライプ(水着)+(スイムキャップ)
クリスマス:(服&サンタ帽)+(襟&袖&帽子の縁)
ハロウィン:(帽子&襟元)+濃藍銀色の月柄・星柄(コート)
未公開シーン:(帽子&ストール)+(全身タイツ)
サッカーユニフォーム:(ユニフォーム&靴)+(襟&胸ポケット&靴下&ユニフォームのライン)
夏服:(帽子)+水色黄色オレンジ黄緑色薄緑色クリーム色のハイビスカス柄(アロハシャツ)+灰色(短ズボン)+薄茶色(靴)
マガジン・寝間着:薄黄色の水玉模様(スカーフ)+水色灰色の縦ストライプ(ズボン)+薄黄色(ガウン)
洗車スタイル:(帽子)+薄青紫(作業着)
料理人スタイル:(コックコート&コック帽)+(スカーフ)
少年時代:灰茶色(帽子&ズボン)+(シャツ)+(サスペンダー&靴)
ちっちゃなトーマス』:(ジャケット&シルクハットの帯)+薄黄色(ベスト)+(シャツ&ハンカチ)+灰色(ズボン&シルクハット&ネクタイ)
所属鉄道ノース・ウェスタン鉄道
本線
TV版初登場シーズン第1シーズンでてこいヘンリー
※『トーマスとゴードン』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV初台詞「おっほん!君を引っ張り出すぞ!」:※宮内幸平さん初台詞
「トーマスにパーシー、あの新しいクレーンには大事な仕事が有るんだ。君達はちゃんと協力しなかったそうだな!機関庫に入って、明日は良い仕事が出来る様に反省したまえ!!」:※青野武さん初台詞
「漁師達が前代未聞の大漁だそうだ!トーマス!アーサーを手伝って、魚を港に運んでくれ!」新シリーズ初台詞
「ソドー島に、新しい空港を作る事になった。今までよりもっともっと、多くの観光客が島にやって来るだろう。」:※長編、納谷六朗さん初台詞
「聞いてくれ!明日は皆とっても忙しくなるぞ。朝早い時間から、仕事をしてもらう事になるだろう。いいかねトーマス?忙しいんだから、重い貨車を引っ張ったりして、下らんレース等しては駄目だ!分かったね!本当に役に立つ機関車が必要なんだ!壊れた機関車等、必要ないぞ!」※CGアニメ初台詞
「おぉ!ん、んん!今日はある仲間の勇気をたたえる為集まってもらった!ビル、そしてベンだ!」:※田中完さん初台詞
「もしもし。」トーマス来島当時
一人称・わし(第1シーズン-第8シーズン第9シーズンなかまはずれのトビー』)
・私(第2シーズンきかんしゃたちのクリスマス・キャロル』、第3シーズンディーゼルがかえってきた』、第6シーズンヴィンテージトラックのエリザベス』、長編第2作-現在)
説明・TV版のノース・ウェスタン鉄道の局長。
・伝統と規律を大切にし、機関車達に的確なアドバイスを贈る。
・基本的にノース・ウェスタン鉄道の責任者として鉄道運営に情熱を注いでいるが、アノファ採石場にもただならぬ権限を持っている*1
・孫が2人いるが、登場してから変わる事なく、局長を続けている。
・物語内では重要な人物として扱われているが、息子は登場しない。
・また、常に付き人2人と共に機関車達に指示を出す。
ジェーンと言う女性と結婚している。
・局長就任前は大西部鉄道のエンジニアだった。その後、先代が退職した為、後を継いだ。
・孫は原作の局長と同じく、スティーブン・ハットブリジット・ハットだが、2人は成長せず、現在も子供のままで登場している。
・容姿がそっくりな母親と顔が『瓜二つ』のがいる。
・彼に息子がいるが、人形劇及びCGアニメには未だ登場した事が無い。然し、周りの子供からは悪戯の標的にされたり作業員赤ちゃんに泣かれた事がある。
エドワードに信頼を寄せている*2
・若い頃は痩せていて、髪の毛もフサフサだった。
・若い頃は運転が下手で、エリザベスに乗って運転の練習をしていた*3
・若い頃は誕生日になるとエドワードが牽引する特別な無蓋客車に乗って各駅を巡礼し、駅員と乗客にお祝いされに行った。その特別な無蓋客車も長い間行方不明だったが、トーマスウィンストンが発見した際は大いに喜び懐かしんだ。そして、トーマスウィンストンにお礼を言って感謝した。
・口癖は「お前(君)の所為で鉄道に混乱と遅れが生じたぞ」「お前(君)は本当に役に立つ機関車だ」であり*4、機関車が最後まで仕事をやり終えた時には「本当に役に立つ機関車だ」と褒める事を心掛けており、何か過ちを犯した時には「混乱と遅れが生じたぞ」と言って説教する事にしている*5
・事故に巻き込まれる時は、ほとんどの回でが汚れる」帽子が飛んでいく」等の展開になる。
・彼がヘンリーを押す事や、引っ張る事に協力しなかったのは、引いて無理すると医者から説教を受けるらしい。また、医者から押す事も禁じられているらしい。
釣りが得意。アイススケートが苦手。
・また、そりを操った事が無く、ウルフステッド城の斜面を悲鳴を上げながら滑り落ちた
・そして、よく納屋が火事になる。
機関車達からは時々「スクラップにするんじゃないか」*6等と警戒されている面がある。
・たまに、局長らしからぬトラブルを起こす事がある*7
・人形劇時代は不幸な目に遭っても特に何も言う事はなかった*8が、CGアニメ以降は不幸な目に遭う度「そんなぁぁぁぁぁ~!!!!『Nooooooo!!!!』」と叫ぶようになった。
ソドー・チームバロー・チームの試合の日には審判の格好をして登場した。
・マガジンストーリーにのみ、病院に入院するエピソードが存在する*9
・体格が丁度いい為か、CGアニメでは『サンタクロース』に扮装して、クリスマスパーティーに参加している。
子供から悪戯の標的にされた事がある。
薄青のセダンの他に薄青のキャンピングトレーラーを所有している模様*10*11
・常にのジャケットを着ているので、ベストだけの姿やワイシャツ姿は見られない*12
・たまに、ナップフォード駅のアナウンスを担当したり、乗客機関車の不祥事を謝罪する時がある。
・シーズンによって、ベストのボタンの数が変わる。
性格初登場時はいい加減な性格で、ヘンリー引き篭もった時は乗っていた乗客達(長編第10作では付き人2人にも)にを押させたり引っ張らせる等、とんでもない事をしでかしていた*13
いたずら貨車神経質なブレーキ車信号手の責任であっても、棚上げして容赦無く機関車達を説教する。但し、度重なる不調で落ち込んだヘンリーの為に特別な石炭を用意したり*14アーサートーマスの暗躍により失態を犯した際は、トーマスを説教してアーサー「完璧な記録」を継続させたり、仕事を頑張った機関車にはご褒美*15を与える慈悲深さも見せる。
妻子持ちの作業員に育児休暇をプレゼントする等、作業員への誠意も見せている。
・噂話が大好きな母親とは正反対で、噂話に興味が無く、時々「鵜呑みにしてはいけない。」と言う時がある。
・弟のローハムより大きな笑い声で鬼ごっこを楽しんだり、忘れ物の玩具で遊んだり、機関車に任せる仕事を決める際に機関車の玩具を利用する等、子供っぽい一面がある。
・帽子が宝物で*16*17、コレクションをしているが、トーマスが行方不明になって、見つかった時には嬉しさのあまりシルクハットを何処かに落としてしまった。その事をトーマスに言われても、「帽子の代わりはあるが君(トーマス)の代わり等いない」と返した。
自分の鉄道の機関車が起こしたトラブルを迅速に片付けたり、からへと新しい機関車クレーンを購入したり、サッカーの審判の免許や資格を取得している等、お金持ちの様である*18*19
・依怙贔屓を好まない性格で、仕事をせずに遊び呆ける機関車には厳しい発言をする*20
・長年の経験からなのか、騙そうとした誤魔化したりする機関車を見破る事が出来る*21
・何故か子供の悪戯の標的にされやすい。
山羊帽子を盗まれ食べられた*22雄牛追い回されたり、エドワードジェームスとは正反対で、動物に襲撃されるタイプでもある*23
・規則や規律に厳しく、無闇にふざけるのは好きでない様で、バブルスさん自分の動きをまねした時に嫌そうな顔をしていた*24
が一番好きな色、自家用車キャンピングカーの色もで、に来島したばかりのトーマスに塗った。また、青いを優遇する傾向があるようだ*25*26
・運転が上手くない割には大の好きで、青いセダンを所有している。また、ミスター・パーシバル自転車通勤している事を冷やかした事があり、自動車での通勤を勧めた事がある。
・人間・車両に関係無く、女性に親切な面があり、最愛の妻には毎年豪華誕生会を開き、キンドリー夫人をミステリーツアーに招待したり、公爵夫人に帽子を贈ったり、ケイトリンが大きく汽笛を鳴らして近所迷惑になっても許したり*27、そしてエミリー大失敗をやらかしてソドー島騒がせても、エミリーを説教する事無く大目に見たりと、女性に対しては真面目な所を見せている*28*29
・また、第18シーズンではトード衝突しそうになった際、母親を庇った事から、母親思いな所も窺えるが、たまに親不孝な行動をする時がある*30
・恐妻家でに頭が上がらない事がある*31
・彼にも息子はいるが、他所の子供を説教する事が出来ない事から育児はあまり上手ではなかった模様*32*33
ジェームスと同様、身だしなみには矢鱈と気を遣うらしく、自分の服と帽子を汚した元凶厳しく咎めたり、ボディが汚れたまま仕事を続けようとする機関車洗車するよう促したりする*34
・時間に厳しく、待つのが嫌いな一面があり、鉄道のモットーをソドー鉄道は、時間に正確な鉄道です」と宣言している*35。そして、時計懐中時計を見る等して時間をチェックする描写が矢鱈と目立つ。また、ラスティーが時間に遅れて来た時には「路線を閉鎖する」と宣告した*36
・時間に厳しい反面、細かい事は気にしない性格*37
・甘い物が大好きで、アイス地面に落とした時には悲痛の声を上げ、母親からのプレゼントアイスクリームではないかとワクワクしていた。
・『幽霊列車』の存在は全く信じていないリアリストだが*38、臆病と言う意外な面が有り、闇夜で光るヘンリーを見た際はバケツを頭に被り、身を隠した。
だけでなく、クレーン客車の教育にも厳しいらしく、クランキーロッキーフリンウィンストンアニークララベルを説教した事がある*39
・無自覚で他人口癖を使ってしまう時がある。
・他人の年齢を気にする傾向がある*40
「意地悪されたからとは言え仕返しはよく無い」をモットーとしており、ジョージキャロライン「鉄道の恥晒し」と言っても、ヘンリーウィンストン「ヨロヨロウィンストンと言っても、を説教する事は無かった。そして、局長自身が子供の悪戯の標的にされても、悪戯した子供に怒る事は無かった。
「『変わっている』のは特別」もモットーとしており、来港して早々にエドワードヘンリージェームス変わった野郎扱いされた事で悩んでいたハーヴィーに励ましの言葉を掛けてあげた。
役に立つ機関車はどんな仕事も誇りを持って行うと言う思想を持っている*41
・自分より立場が上の者*42には下手に出る。
・暑さに弱い*43
納屋が3回も火災に遭っている事から、管理人には向いていない模様。
サー・ハンデルに厳しく接する物の、ピーター・サムを大怪我させたのにも関わらず、お仕置きレベルで済ますと言う、厳しい様で少し甘い面が有る。
エドワードヘンリーハーヴィーと同様、世間体を気にする傾向が有る*44
乗客作業員と同じく、静寂を好んでいるようで、トーマス曰く「貨車達が歌うのが嫌い」らしい。
・理由は不明だが、『ボス』と呼ばれる事を嫌っている*45
・お祭りと花火大会とパーティーが大好き*46
・鋭敏な感性を持ち、逐一最先端のの導入を行っており、シーズン毎に車を買い替えている。
・通販が趣味で、衝動買いする時がある*47
母親同様、オペラ鑑賞も趣味らしい。
・自分の理想と美学を他人に押し付ける場合がある*48*49
ノース・ウェスタン鉄道の局長に就任する前は技師だったにも関わらず、機関車の性能を理解していない事がある*50
・その反面、他の鉄道経済事情に詳しい*51
「好きこそ物の上手なれ」で機関車の操縦はできるが機関車の体調の管理はだらしなく、エドワードが正直に話すまでの体調不良に気付けず、エドワード責任重大な仕事を頼んでしまった*52
ジェームスマックスモンティエミリーソルティーフィリップ不機嫌な乗客双眼鏡の男性と同様、空気が読めない一面もある*53
パーシーと同様、気紛れで臆病な面があり、ハット卿夫人ティーポットを割った際にはちゃんと謝罪したが、近所の家の窓ガラスを割った際は何故か謝罪せずに去ってしまった。
トビーと同様、予想外の事態に出くわすと困惑する傾向がある*54
・上述の通り、予想していない事態に遭うと慌ててしまうが、初期ゴードンナップフォード駅に戻って来た時には乗客達から返金を請求されたが、慌てず落ち着いており、乗客達を宥め神対応をした事がある。そして、誕生日には盛大な誕生日パーティーを開かれるなど、乗客達からは愛されている。
ネッドシドニーサムソン程ではないが、少し忘れっぽい所が有り、鉄道で働いている機関車救援クレーン存在を忘れてしまったり、同じ失敗を繰り返したり*55、約束を忘れる時がある*56
ビルベンアニークララベルレックスと同様、優れた聴力の持ち主で、耳が良い*57*58
・夜中に騒ぐ事が好きらしい*59
・嘘を平気でつく時がある*60*61
「親しき仲にも礼儀あり」*62「お客様は神様です」*63を心得ている。
・好きな花は薔薇らしい*64
・他人が揶揄した発言を気にしてしまう*65
・責任感は強い*66。尚、「ノース・ウェスタン鉄道(ソドー鉄道)に休みはない。」らしい。
・豊かな自然が魅力のソドー島で暮らしているにも関わらず花粉症に悩まされており、春先になるとティッシュで鼻をかみつつ仕事をしている。
・しばしばディーゼルや一部ソドー島の住民から局長らしからぬ寂しい扱いを受けるが、時に文句は言う事はあっても最終的には根に持たず笑って許す等器の大きさを見せる。
・座右の銘は「口は災いの元」*67
「後悔先に立たず」が何なのかよく知らない*68
「触らぬ神に祟りなし」が何なのかも知らないらしい*69
パーシーピーター・サムレッジと同様、『勿体無い精神』の持ち主で、破壊されたスクラフィーを見て、「修理すれば、少しはマシになる。」と言って、スクラフィーを修理してあげた事があり、現時点で、局長が機関車達に「スクラップにする。」と発言した事はない*70
・マガジンストーリーでは見晴らしのいい場所が好きで、そこで紅茶を飲むのを日課にしている。
・同じくマガジンストーリーでは料理好きな一面があり、シェフになって、乗客達に手料理を振る舞った事がある。
・年鑑シリーズでは手品に興味があるようで、乗客達にイリュージョンを披露した事がある。
TV版での経歴・全シーズン登場。
第1シーズンナレーターや機関車達から『ハット卿』と略して呼ばれる事が多かったが、第2シーズン以降はナレーターや機関車達から『トップハム・ハット卿』と省略される事無く呼ばれている。また、英国版では『The Fat Controller』と呼ばれているが、米国では『Fat』が幼児向けの放送コードに触れる為、『Sir Topham Hatt』と呼ばれている*71
・孫のスティーブンブリジットからは人形劇時代は「おじいちゃま」と呼ばれていたが、CGアニメ以降は「おじいちゃん」と呼ばれている。
・マガジンストーリーでは、殴れられるエピソードがある。
第4シーズンから第7シーズンまでは、こうざん鉄道の責任者も勤めていたが、第9シーズン以降からミスター・パーシバルに交代した。
サー・ハンデルダンカンを褒めた事は一度も無かった*72
第3シーズン第17シーズンでは服と帽子にジャムが付着して茫然とした。
第5シーズンでは彼の母親、自分と同名の蒸気機関車が登場した。
・また、ゴードンカーク・ローナン駅の壁を突き破った為、怪我をした。
・そして、ジョージうっかりによって、沼地に落ちた。
・シルクハットを落として羊の餌になった事がある。
第7シーズンではを飼っている場面がある。
第8シーズン好きな卵料理はスクランブルエッグである事が判明した。また、このシーズンで初めて水着姿を披露している。
第9シーズンではシリンダーの調子が悪く、スクラップに対する不安を吐露したエドワード優しい言葉を掛け、が安心して修理工場に行けるよう手配した。そして、魔法使いの仮装*73を披露した。
第10シーズン声が出なくなった事がある。また、仕事を頑張ったディーゼルに、ご褒美として新しいエンジンをプレゼントした事もある。
第13シーズンでは母親の発言により、彼の名前が明らかになった。
・また、同じく第13シーズンではが登場した*74
第15シーズンではハロルドと一緒に仕事をする事になり、ヒーローらしく振る舞うにはどうすれば良いか迷っていたエドワードに、「ありのままの君(エドワード)で良いんだ」と助言した。その後、火事じゃないのに、ゴードン共々フリンに水を掛けられた。
第16シーズンからウィンストンに乗って移動したり、壊れた線路の点検をする*75。また、納屋が火事になったのに、何故か納屋の心配よりフリンの説教を優先していた。
第17シーズンではと一緒に旧友が主催するお茶会に出席したが、旧友専属の機関車の所為で服と帽子にジャムが付着して茫然とした
第14シーズン-第17シーズンではサンタクロースの格好をして、機関車達と子供達に楽しいクリスマスパーティーを提供した。
第19シーズンからはズボンが破けて恥ずかしい思いをしたり、忘れ物で遊んで目に直撃して痣ができたり、子供に悪戯をされたり、赤ちゃんをあやそうとしたら怖がられて泣かせてしまったり、バローのチームとソドーのチームの試合の日にジェームスと競争していたトーマスの列車に乗り遅れてパーシーに乗る羽目になってしまったり、足首を捻挫したり、雄牛に追いかけられ雪まみれになってしまったり、機関車達から「ソドー島を離れてしまう」と勘違いされた挙げ句ストライキを起こされてしまったりと、理不尽な扱いを受ける事が多くなった。
・また、このシーズンではハット卿夫人ティーポットを割ってしまったり、ミスター・パーシバル自転車に乗ってバラバラに壊してしまったり、近所の家の窓ガラスを割ってしまったりと壊してしまう事も多い。
・そして、サッカーの審判の免許や資格を取得している事が判明し、サッカーの試合で審判を務めた。
・尚、第19シーズンはこれまでのシーズンと比べると随分とトラブルに対して寛大になった。
第20シーズンではアイスを落としたりココアを窓ガラスに吹き出してしまったりと、やっぱり理不尽な扱いを受け、このシーズンでは怖がりだと言う事が判明した。また、母親から帽子をプレゼントされたが、好みのデザインではなかった為、迷惑そうな表情を浮かべていた。そして、スキフと一緒に遭難してしまい、そこで、少年時代にボーイスカウトに入っていた事が明らかになった。
第21シーズンでは病気になったにも関わらず局長の仕事をしていた為、母親局長代理をされて、付き人2人に自宅まで連行された。また、拡声装置を奮発して買うが、却って大混乱を招いてしまう。そして、トーマスエドワードと一緒にイギリス本土まで、新しいクレーンを迎えに行った。
少年時代・小さい頃の彼は病弱でよく麻疹にかかっていた。また、少年時代にボーイスカウトに入っていた。
長編作品での経歴長編第1作ではミスター・コンダクターに留守番を任せて休暇を取っており、直接登場せず、黒電話ベルフラワーの話し相手及びポスターの絵としてのみの登場だった。
長編第2作で映画初出演。
長編第3作ではトーマスグレート・ウォータートンを見つけた報告をハロルドから聞き、ジェニー・パッカードグレート・ウォータートンの復旧を依頼した。
長編第4作では仕事そっちのけでスペンサーと競争するトーマスに呆れていた。その後、トーマスヒロを見つけた事を喜んだ。
長編第5作ではエドワードゴードンジェームスと一緒にソドー・ラインに乗り、トーマスミスティアイランドまで探しに行った。
長編第6作ではソドー整備工場を強奪したディーゼル10ソドー整備工場蒸気機関車に還すよう説得し、荒れ放題だったヴィカーズタウンディーゼル整備工場を綺麗にしてあげた。
長編第10作では鉄道に配属されたばかりのトーマスを優しく出迎え、エドワードトーマスの教育係を頼んだ。また、この頃は『局長』でなく『重役』だったようで、ジェームスからは『太っちょ重役』と呼ばれる。そして、エドワードの想い出話の中ではジェームス付き人2人乗客トンネルに閉じ籠ったヘンリーを押したり引いたりする様子を傍観していた。
・長編第11作ではトーマスの勤務態度に呆れ、ハーウィックで働かせるが、2回目は彼の誤解でトーマスを説教し、関係が悪くなるが、終盤で犯人逮捕の協力をした事を誉め讃えた。
・長編第12作ではグレート・レイルウェイ・ショーに出場する機関車を決めようとするが、様々な機関車達から頼み込まれてしまう。
長編第13作ではエミリーフライング・キッパーの牽引を依頼した。また、無断でメインランドに行ったトーマスの代わりにジェームス彼の支線で働かせた。その後は終始、何かのゲームの様な物*76をしながらも、行方不明になったトーマスをとても心配していた。そして終盤では機関車達が歌う時に指揮を執っていた。
長編第14作では無許可で世界一周の旅に出たトーマスを探してソドー島を飛び出し、トーマスの捜索の為、世界中を走り回った。
その他の経歴・Youtube限定動画『The Steam Games』では『スチーム・ゲーム』の主催者権審査員長を務めた。
家族関係・妻であるジェーンとは良き夫婦関係を築いているが、たまに夫婦喧嘩をする時もあるらしい。
・孫であるスティーブンブリジットを可愛がり、偶に一緒に出かける。
母親を気遣っているが、たまに怒らせてしまう事がある。
・弟であるローハム・ハット卿には手を焼いており、に向けていつもの口癖を言い放った事もある。
祖父は絵本のみ登場。
他キャラクターとの関係トーマスとは親子の様な関係だが、偶にトーマスを気に止めない事がある。その反面、行方不明になった時は凄く心配をし、ミスティアイランドで発見した時はシルクハットを投げ飛ばしてしまう程喜んだ。信頼している事が仇になり、騙された事がある。
パーシーとは機関車工場購入した際に名付けた。また、最近ではパーシーを説教する場面は少ない物の、親子の様な関係で可愛がっているらしい*77
ゴードンとは親子の様な関係だが、その反面、ゴードンの頑固な態度には迷惑している*78
・マガジンストーリーで、動けなくなったバーティーキャロラインを助けた事があるが、バーティーキャロラインを助けたのが原因で、体の何処か*79を痛めてしまい、入院する羽目になってしまった。
ジェームスとは親子の様な関係で、特別仕事依頼する等して信頼している。然しジェームスに何度か迷惑をかけられ、仕事を没収した事がある。
エドワードとは親子の様な関係で、誕生日お気に入りの客車の牽引を任せたり、新米教育係を頼む等、エドワードに絶大な信頼を寄せている*80*81また、エドワードも局長を大事に思っており*82パーシーから「トップハム・ハット卿がソドー島を去る」と聞かされた際は心配した。
トレバーとはエドワードを通じて知り合い、トレバーにも絶大な信頼を寄せている*83
ヘンリーとは親子の様な関係だが、雨を嫌がったヘンリー閉じ込めた事があり、ゴードン故障によりトンネルから出してあげた。また、ヘンリーから雪男と間違われた事があった。そして、局長自身もヘンリー幽霊と間違えた事がある。
ボコの事も信頼しており、ボコビルベン喧嘩した件で困っていた局長の為に策を考え、局長はボコの秘策に賛同した。
メイビスの事は配属当初から大事にしており、メイビスディーゼルやりたい放題に振り回された時には、メイビスを心配していた。
ダックには、よく働いている御褒美支線を任せた。
アーサーの事は配属当初から可愛がっており、から「漁村の路線を走らせてくれませんか?」とお願いされた際は承諾している。
マードックファーガスレッジの事は配属当初から信頼しており、ファーガス「規則を破った」と思い込んで激しく落ち込んだ際に局長から気遣われ、ディーゼル騙されていた事を教えて貰った。そしてマガジンストーリーには、局長自らファーガスを洗車してあげたエピソードが登場している。
スカーロイ鉄道の責任者を務めていた頃はサー・ハンデルダンカンに矢鱈と厳しく、我侭を言った醜態曝した時は、説教謹慎させたりしていた*84。また基本的にピーター・サムには甘いが、一度だけ説教した事がある。そして、ラスティー「路線を閉鎖する」と言った事もあった。
・情報源や面識が有るかは不明だが、デュークの事を知っていた。
バートラムとは面識は無いが、名前が同じである。
ディーゼルをあまり信用していないらしく*85クラシック・シリーズでは何度も送り返していた。但し、「彼しか居なかった。」と言って呼び戻す場合がある。
と共に旅行に行った際にトビーヘンリエッタと出会い、の神対応に感激し、以前働いていた鉄道が廃線になって困っていたトビーヘンリエッタノース・ウェスタン鉄道で働く事を勧めた。
デイジーとは親子の様な関係だが、配属された当初は、デイジーの頑固な態度を説教した。然し、パーシー事故の後片付けを手伝った際はデイジーを褒め、その後、ライアンハーウィック線働く様に指示した事から、信頼はしているようである。
テレンスとはトーマスを通じて知り合い、に行方不明になったエリザベス捜索を依頼した事がある。
エリザベスとは古くからの知り合いで、彼女は運転を教えてくれた恩師であり*86、局長曰く「ゴージャスなトラック」らしい。
ウィンストンとは親子のような関係で、運転が下手な局長を気遣って、よく注意を促す。
ビルベンの悪戯と喧嘩に困惑する時がある。然し局長のへの信頼は厚い。
フリンが引き起こす残念な失敗ハプニングに頭を悩ませる時がある。然しそれでも、に対する信頼は厚い。
キャプテンの事はソドーレスキューセンター配属時から既に信頼しており、トーマスの捜索時はに乗っている。
ステップニーとはトーマスを通じて親しくなり、ハリーバートに襲われスクラップの危機に陥ったステップニーを救った事がある。
・マガジンストーリーでのみ、バルストロードゴッドレッドと対面した。
・『ちっちゃなトーマス』でのみ、ジョックと対面した。
スティーブンとはノランビー伯爵を通じて知り合った。
ウィフとは親子の様な関係で、ウィフの優等生ぶりに感心しており、ウィフ他の仕事で忙しいゴードン代理急行客車を牽引した時にウィフを褒め称えている。
スペンサーとは公爵夫を通じて知り合った。
ヒロから尊敬されており、局長もヒロの働きぶりを高く評価している*87
チャーリーフィリップとは親子の様な関係で、ミスをしたり、仕事を遅らせたりしても何故か説教しない*88
・また、パクストンの悪ふざけやシドニーの忘れっぽさには可也呆れている。
エミリーとは親子の様な関係で、エミリーソドー島を混乱させても説教する事無く大目に見ている*89
ルークとはトーマスを通じて親しくなり、ミリーとはノランビー伯爵を通じて親しくなった模様。
ケイトリンソドー島を混乱させても、説教する事無く大目に見ているが、深夜郵便配達フライング・キッパーを牽引して騒がしくした場合は、ヘンリーパーシーが代理で局長から説教を受けた。
コナービルベン煽てられて、信号無視した際にやや厳しめに注意した。
ジャックアルフィー重機の方のオリバーマックスモンティとはジェニー・パッカードを通じて知り合った。
サンパーとは一緒に居る場面は無いが、面識はある模様。
・新米だったハーヴィートーマス以外の機関車と仲良くなれない事で悩んでいた際に「『変わっている』と言うのは特別」と言う事を教え、励ましてあげた。
ディーゼル261を手伝いで寄越した事があったが、「揉め事を起こすな」と言った事から、局長自身も「嫌な奴」だと言う事を知っていた。そして、帽子が通気口に吸い込まれる事件があってからは、ディーゼル261を手伝いに、二度と呼ばなかった。
フィリップが追い回される所を見ていなかったのか、ヴィニーを説教する事は無かった。
グリンは彼に設計され、製造された。
スキフとはトーマスを通じて知り合い、スキフの勇敢な活躍をハーヴィーダック蒸気機関車の方のオリバーと共に讃えてあげた事がある。
意地悪なブレーキ車ブラッドフォードの所為で遅れた説教しているが*90、遅れの原因となった意地悪なブレーキ車ブラッドフォードには説教しなかった。
・バラバラになったスクラフィー修復した事がある。
ハンナ乗車した事がある。
ボルダーによる機関庫爆発事件の際に発した言葉から、ボルダーについて何か知っていると思われる。
レベッカとは親子の様な関係で、彼女ソドー島に連れて来た。
人間関係母親の友達とも親しく、一緒にバスツアーを楽しんだ事もある。
付き人2人は、秘書あるいは護衛のような存在。
ミスター・パーシバルとは初対面時から責任者同士仲が良く、から尊敬されている*91
ボックスフォード公爵とは顔なじみ。
奥さんボックスフォード公爵婦人と顔馴染みの為か、ボックスフォード公爵婦人は彼とも仲が良く、プレゼントなどを贈っている。
ソドー島在住の農夫であるマッコールさんトロッターさんと親しい。
エドワードトレバーの引き取り手を探して廻ったジェム・コールと親しくなった。
ジェム・コールではない方のトレバーの運転手トム・ティッパーではない方の郵便配達員漁師とは会話は無いが、面識はある模様。
トム・ティッパーウェルズワーズの牧師とは一緒に居る場面は無いが、面識はある模様*92
ファーマー・フィニーとはトーマスを通じて知り合った。
・知り合った経緯は不明だが、ジェニー・パッカードティーレディー人形劇の演者と親交がある模様。
・知り合った経緯は不明だが、ロッホ城城主のカレン卿と親交があり、カレン卿からキルトプレゼントされた。だが、新しく買った拡声装置の所為でを災難に合わせてしまった事がある。
ウルフステッド城のオーナーであるノランビー伯爵とは旧友*93で、の良き理解者でもある*94
不機嫌な乗客説教され、に謝罪した事がある。
ソドー島の市長を尊敬しており、イベント等に一緒に出席している。
作業員のアルバートは信頼できる部下であり、彼の奥様の為にトーマス支線をもう一周する事を許可したり、休暇を与える等している。だが、彼の息子をあやしたが泣かれてしまった。
花屋の店員お世話になった事がある。
ソドーブラスバンドを大絶賛している。
アリシア・ボッティ有名な画家とは来島に歓迎したのがきっかけで親しくなった。
ソドー・ユナイテッドの選手達とはサッカー場までの送迎を依頼されたで親しくなった。
フランツとはノランビー伯爵を通じて親しくなった模様。
キンドリー夫人とはトーマスを通じて親しくなり、局長は夫人悲しんでいた時、夫人喜ばせる為にミステリーツアーを計画した。
博物館の館長と『人魚の話』をした事がある。
オールド・ベイリー「この島の親切な幽霊」と讃えた*95
船乗りジョンとは面識は無いが、オフィスの窓ガラスを割られ、金庫の中の財宝を盗まれた事がある。その後船乗りカフェと遭遇した*96
シリルを年寄り扱いしてクビにしようとした事が有る。
執事とは互いに信頼関係を築いており、尊敬し合っている。
仕立て屋とは身体を密着させた事のあるの仲。
キャロラインの運転手パーティー会場までの送迎をお願いした事がある。
作業員と一緒にトンネルに引き籠ったヘンリー閉じ込めた事がある。
ペンキ屋に薄汚れていたキャロラインのボディと局長室を綺麗にするよう、依頼した。
・マガジンストーリーではファーマー・コレットと親交があり、ファーマー・コレットからブーツをプレゼントされた事がある。
・マガジンストーリーではボコの機関士腕時計をプレゼントした事がある。また、エドワードの機関士マードックの機関士スペンサーの機関士から、修理に出した鳩時計を取りに行ってもらった事もある。そして、トーマスの機関士メイビスの機関士ファーガスの機関士と一緒にバーベキューを楽しんだ事がある。
・日本版の設定ではヒロの所有者、タカボウシ・ヒデキ卿とは友人らしい。
・知り合った経緯は不明だが、ミスター・コンダクターの従兄弟のジュニアと親交があり、自身が留守にしている時はミスター・コンダクター局長代理を任せており、ジュニアから『ハットちゃん』と呼ばれている。
動物関係雄牛に嫌われているのか、追い回された事がある。
・一時期を飼っていた事がある。
ブロンド髪の男の子が飼っているボーダーコリーアイスクリームを舐められた事がある。
英国版CVキース・ウィッカム長編第4作-)
米国版CVケリー・シェイル長編第4作-第18シーズン
キース・ウィッカム長編第10作-)
日本版CV宮内幸平第1シーズン-第4シーズン
青野武Pちゃんのハロートーマス&ジェームス第5シーズン-第8シーズン
納谷六朗長編第2作-第17シーズン第18シーズン(内12話))
田中完長編第9作第18シーズン(内2話)-)、(第17シーズンまっかなおはなのトーマス*97
参照画像参照はバートラム・トップハム・ハット卿/画像





*1 メイビス本線で働いてもらうようお願いしたり、石切場メイビスを手伝うを指定したり、メイビス失敗した時は彼女を説教する等。
*2 実際、ブレーキ車を破壊した件でダグラスを説教した時に、エドワード「ダグラスは立派でした」と言ってを褒めると、手の平を返したようにダグラスを讃えた。
*3 自家用車の運転の腕は上がったが、ウィンストンの運転はあまり上手ではない。
*4 CGアニメ以降は「そんなぁぁぁぁぁ~!!!!」も追加。
*5 但し一度だけ、トーマスの事を「君は本当に臭い機関車だ」と言いかけた事がある。
*6 トーマス、だいかつやく』のトーマス、『エドワードをすくえ』のエドワード等。
*7 トーマス見捨てようとしたり、バブルスさん共々シャボン液で滑ったり、ミスター・パーシバル赤い自転車バラバラに解体したり等。
*8 一応、沼に嵌った時は「おっ…おぉ…。」と発した。
*9 原因は壊れて動けなくなったバーティーキャロラインを押して引いた為。
*10 因みに、マガジンストーリーではの馬車を所有している。
*11 玩具では赤いオープンカーと黄色いオープンカーも追加。
*12 但し、ベスト姿は木製レールやマガジンストーリーで見られる。
*13 しかも、ドクターストップを理由に手伝わなかった。
*14 本人曰く「値段が高い」らしく、トレバーより高値だった模様。
*15 主にペンキ塗り替え
*16 然し『好みのデザインじゃない』からを理由に、母親からプレゼントされた帽子を捨てようとした事がある。
*17 マガジンストーリーでは帽子が風で飛ばされて困っていた道化師に、自分のお古の帽子を譲ってあげた事がある。
*18 但し、一時期深刻な客車不足石炭不足に悩んでいた事がある。
*19 然し、ミスター・パーシバル赤い自転車バラバラに解体した時に弁償したかどうかは不明。
*20 然し、チャーリーフィリップを説教する場面は見られない。
*21 但し、ディーゼルの悪巧みの所為で服と帽子が汚れたのに、トーマスエドワードが真相を告白するまでヒロが元凶と決めつけ、ジェフリーの存在をだと見破れずに、信じてしまった事がある。
*22 長編第14作ではラクダに帽子を食べられそうになった事がある。
*23 然し第7シーズンではを飼っており、愛猫には大事にされている模様。
*24 でも、チャーリーが面白い噺を語って他の機関車を笑わせても、チャーリーに注意する事は無かった。
*25 実際トーマスには特別仕事頻繁頼みポスター制作の時はエドワードポスターのモデルに指名し、エリザベス女王来島される時はゴードンお召し列車の牽引を依頼した。
*26 でも、サー・ハンデルを褒めた事は無かった。
*27 代わりに、ヘンリーパーシーが局長から説教を受ける羽目になった。
*28 但しキャロライン警告を聞かなかったり、メイビス厳しく説教したり、デイジー「怠け者」と言った事がある。
*29 然しエミリーバーティー見捨てた時と貨車乱暴に扱った時は、エミリーをやや厳しめに注意している。そしてアニークララベルにもお仕置きを食らわせた事がある。
*30 実際、母親から好みのデザインじゃない帽子をプレゼントされた時は、その帽子を黙って捨てようとした事がある。
*31 実際、夫が自分以外の女性に親切にしたりプレゼントを贈ったりする事にハット卿夫人が嫉妬するエピソードがある。
*32 その反面、説教したり、注意を促したり、褒める等の社員教育は出来ている。
*33 但し、絵本シリーズでは子供達を説教している。
*34 だが、CGアニメの一部エピソードでジェームスがボディが汚れたまま仕事を続けようとした際は、一切洗車を促さなかった。
*35 実際は、混乱と遅れだらけだが…。
*36 でも、トーマスブラッドフォード見捨てたのが原因で事故を起こした時、『速さ』より『安全』が大事」と言って怒っていた。
*37 実際、作業員が通販で取り寄せたスピーカーの件で大事な話があったのに、の話を聞こうとはせず、先に進もうとした。
*38 でも、パーシーに『ペガサスの話』を語ったり、博物館の館長と『人魚の話』で盛り上がっていた事がある。
*39 但し、ウィンストンの場合は局長の不注意が原因なので、説教を受けるのは筋違いである。
*40 実際シリルはもう年だ」と言って、シリルをリストラしようとした事がある。
*41 実際、蒸気機関車の方のオリバー雪の日の線路を走る事を嫌がった時には半場無理矢理、貨車の牽引を押し付けた。
*42 母親母親の友人達警察官副大臣鉄道検査官島の検査官鉄道調査官、「グレート・レイルウェイ・ショー」の審査員等。
*43 実際、猛暑の中で仕事をしていた時に、砂漠の中で焼かれているジャガイモになった様な気分」とぼやいており、汗だくになっていた。
*44 実際ジェームスから仕事を没収して暫くした後に「住民はこの鉄道を笑っている」と愚痴を零していた。またヒロが無許可で他の機関車に指示を出した時はに膨大なを落としたらしい。
*45 実際ファーディナンドから『ボス』と呼ばれた時に、ファーディナンドをやや厳しめに注意している。然し局長も昔、線路係だった男性に変なあだ名をつけて、不快な思いをさせた事がある。
*46 人形劇ではメリーゴーランドに乗ってお祭りを楽しみ、CGアニメではギュラーパーティーに招待された事を嬉しそうに報告し、マガジンストーリーではヘンリーと一緒に打ち上げ花火に見惚れていた事がある。
*47 然し、自身が通販で取り寄せたが原因でソドー島を呼んでしまった事がある。
*48 実際、自転車通勤をしているミスター・パーシバル自動車通勤の便利さと自転車通勤の不便さを語った事があり、ミスター・パーシバル自動車通勤を勧めた事がある。
*49 但し現時点で、ノランビー伯爵「早く嫁貰いなよ。」と言う場面は出ていない。
*50 実際、ヘンリーの機関士機関助手から指摘されるまで、ヘンリーの釜が普段鉄道で使われている石炭と相性が悪い事を知らず、デイジーの車体は本来、貨車の牽引に不向きな構造なのに、デイジー郵便貨車牽引させようとした事がある。
*51 実際、別の鉄道の機関車が炭水車を2両付けていた理由をゴードンに教えてあげた。
*52 然し、トーマス駅長の家に突撃する騒ぎが起きた際は即座に「修理工場に行かねばならぬ」と判断し、エドワードビッグ・ミッキーのボイラーをぶつけられ、薙ぎ倒される騒ぎが起きた際は迷う事無く「修理工場に連れて行く」と告げている。
*53 実際、オールド・ベイリーに変な綽名を付けて不快な気分にさせた事がある。
*54 実際、スキフと共に漂流した(実は、ビーチに停泊しているだけだった)時はネクタイを頭に巻いたり、「再び文明に出会えるのはいつの事になるんだろうな」と愚痴を零したり、に話しかけていた。
*55 実際、ある年雪の日にチェーンタイヤを装着せず、走って事故を起こしたのにも関わらず、それから2年後雪の日もチェーンタイヤを装着せず、危うく事故を起こしかけた事がある。
*56 実際、母親ランチに行く約束を忘れていた。
*57 実際、直接見て聞いた訳でもないのに、エドワードがスランプに陥ったチャーリーの為に面白い噺を考えた事を知っており、チャーリーがスランプから立ち直るきっかけを創った件でエドワードを褒めていた。
*58 然し、乗客が乗車する機関車を間違え、機関車が停車する駅を間違える騒ぎが起きた時はトーマスに教えて貰う迄、自分が通販で購入したスピーカーが原因だと気付けなかった。
*59 実際、真夜中メインランドから歌いながらソドー島へ帰る機関車達を説教をしなかった。
*60 実際、ライアンが目の前に居るのにも関わらず、本当はアイスを食べる余裕があるのに「今は忙しい」と言った事がある。その結果、天罰が下り、上段のチョコアイスを地面に落とし嘆き悲しんだ。『自業自得』である。また、「依怙贔屓はしたくない」と言ったにも関わらず、を贔屓している節がある。そして、「ソドー島からは出て行かない。何処にも行かん。」と言っておきながら、世界旅行に出かけている。
*61 でも、トーマスがスクラップに対する不安を吐露したエドワードの為に優しい嘘をついた時は、の嘘を看破している。
*62 実際、旧友であるノランビー伯爵「早く嫁貰いなよ。」と言ったりしなかった。
*63 実際、トーマス乗客の我侭を聞いて回った所為で予定より遅く到着した時に元凶乗客でなく、トーマスをやや厳しめに注意していた。その後、トーマスの負担を減らす為と乗客の我侭を叶える為に助っ人を呼んだ。
*64 実際、ナップフォード駅のホームに薔薇の鉢植えを置いている。
*65 実際、鉄道調査官消防車は2台も必要か?」と言われた時と乗客探検帽を被らなきゃいけない。アフリカ探検に行くんでしょう?」と言われた時は戸惑っていた。
*66 実際、体調を崩したのにも関わらず、出勤して機関車達に仕事の指示を出そうとしていた。
*67 実際、アニークララベルデイジー嫌味を言った時に、2をやや厳しめに注意している。然し、自身も危うく、トーマスの事を「君は本当に臭い機関車だ」と言いかけた事がある。
*68 実際、乗客が乗車する機関車を間違え、機関車が停車する駅を間違える騒ぎが起きた時に、原因が通販で購入した新しいスピーカーである事を知らされた後、古いスピーカー貨車に放り込んだ事を後悔していた。
*69 実際、ボルダー採石場の採石作業を進めていたが、ボルダーによる機関庫爆発事件を目の当たりにして、「あの地域だけはそっとしとけば良かったなぁ…」と独白している。
*70 それでも、機関車達から、いつか「スクラップにする(される)んじゃないか?」と恐怖心や不安を抱かれる時がある。
*71 英国では本人の前や自己紹介では『Sir Topham Hatt』と呼ばれている。
*72 但し、ミスター・パーシバルからは、結構褒められている。
*73 未公開シーンでは悪魔の仮装。
*74 原作の局長の兄弟の有無は不明だが、義兄はいる。
*75 運転はお世辞にも上手いとは言いがたいが、自分では上手だと思っているようだ。
*76 蒸気機関車の玩具に番号が付けられていた為、恐らくこれは、トーマス達の運用区間を簡単に決める様な物と思われる。
*77 但し、海に転落した際は、心を鬼にしてに深夜迄放置した上に、ジャムを積んだ台車に突撃しトランクに衝突してズボンを台無しにされた際は、大声で怒鳴ったり、線路を間違えて果物塗れになった際はジャム工場を経営している訳じゃないとやや厳しめに注意したり、の話に耳を貸さなかった事が有る。
*78 実際、ゴードン溝に嵌った時はを見捨てて深夜迄放置した。
*79 恐らく、背中か腰と思われる。
*80 但し、第2シーズンエドワードの前で怒り顔を見せた事があり、第9シーズン第14シーズン長編第10作ではエドワードを説教する場面が存在している。
*81 然し、エドワードを説教した後、すぐにプレゼント運びの仕事を任せた。また、エドワードを可愛がっている映像も少なくはない。そして、エドワードに自身の大失敗をフォローしてもらった時はを褒めて感謝している。
*82 エドワードジェームスが局長の事を『ふとっちょ重役』と呼んだ時、ジェームスに注意している。
*83 実際、トレバーナップフォード港建設作業ダックの支線開業準備のサポートを依頼したり、嵐で大荒れになったソドー空港を元の綺麗な空港に戻す為にトレバーを呼び寄せたりしている。
*84 但し、マガジンストーリーではサー・ハンデルダンカンに親切に接している。
*85 然し稀にディーゼルを信用する素振りを見せており、建築資材の配達を依頼したり、アニークララベル牽引を任せた事がある。
*86 然し、第7シーズンエリザベスの前で怒り顔を見せた事がある。
*87 然しに二度、ヒロを説教するエピソードが出ている。
*88 フィリップの場合は不明だが、チャーリーの場合は本市の局長トーマスを大絶賛してくれているからである。
*89 但し、貨車を乱暴に扱って小麦粉を台無しにしたり、急行客車の最後尾の車両を置き去りにしたり、バーティー乗客を見捨てた際はやや厳しめに注意した。
*90 但し、同じような目に遭ったウィフだけは説教しなかった。
*91 然し、自転車通勤している事を冷やかしたり、自転車をレンタルした結果、バラバラに壊した事がある
*92 但し、マガジンストーリーにはトム・ティッパーウェルズワーズの牧師と一緒に居る場面が存在する。
*93 原作でも親交があったかは不明。
*94 然し一度だけ、ノランビー伯爵の不注意で、不幸な目に遭った事がある。
*95 オールド・ベイリーはその綽名に不快そうにしていたが…。
*96 然し、会話は無い。
*97 きかんしゃトーマス クリスマスコンサート ソドー島のメリークリスマス』。