梅野容疑者

Last-modified: 2021-12-04 (土) 17:01:26

阪神・梅野隆太郎につけられた別称のこと。

概要

2021年5月15日の巨人対阪神戦(東京ドーム)*1の7回裏に先頭打者の梶谷隆幸はレフト前ヒットで出塁する。 
後続のゼラス・ウィーラー丸佳浩が倒れ、岡本和真の打席で梶谷は盗塁を試みるも梅野の送球により2塁タッチアウト*2。このプレーについて、日刊スポーツの記者(ふくださん)がTwitterで「梶谷、梅野に刺される」とツイート。この時点では、(表現が物騒である点を除けば)ツイート自体に特におかしな点はなかった*3

しかし、9回表開始時に「東京ドーム○○事件は9回の攻防へ」とツイート。さらには先頭の梅野がレフトへの2塁打で出塁した際には「梅野(容疑者)二塁打」とツイートしたことで、「梅野が(比喩ではなく)本当に梶谷を刺していた」という解釈が発生した。Twitterはこの解釈に湧いた一方で、「酔っ払っているのか?」「選手を容疑者呼ばわりは非常に不愉快」「本当の容疑者は梅野の先輩*4だ」という棚に挙げた批判の声も上がった。

実際のツイート

関連項目


*1 なおこの試合は巨人対阪神戦の通算2000試合目であった。
*2 梅野は「梅ちゃんウォール」と呼ばれるブロッキングや、「梅ちゃんバズーカ」と称される強肩と正確な送球を持ち味とするなど、守備にかなりの定評がある。
*3 野球用語に「刺殺」という言葉があるが、守備記録としての「刺殺」はこの場合梶谷にタッチして直接アウトにした二塁手の糸原健斗に記録され、梅野には「補殺」が記録される。
*4 福岡工業大学附属城東高等学校の1学年先輩に2015年に起きた野球賭博事件の首謀格だった笠原将生がいた。笠原は実際に賭博容疑で刑事訴追され、最終的に懲役1年2ヶ月執行猶予4年の判決を受けている。