銭隈

Last-modified: 2020-02-29 (土) 05:44:17

岩隈久志の蔑称。
「銭畜」と呼ばれることも。


経緯

岩隈は2010年オフにポスティングシステムによるMLB移籍を希望し、アスレチックスが交渉権を獲得。だが岩隈は7年契約・総額1億2500万ドルを要求したとされ、結局期限までの契約合意には至らず残留した。

 

しかし、楽天は岩隈移籍を前提として松井稼頭央岩村明憲を獲得していたため、予算が圧迫されてしまう。そして、数少ないレギュラー格の生え抜きで人気も高かった渡辺直人を、契約改正後に金銭トレードで横浜へ放出。
ネット内外では岩隈のポスティング失敗のため「渡辺は補強費確保のため放出された」という見方が定着し、蔑称が生まれることになった。

 

結局2011年オフに海外FA権でメジャーに挑戦し、2019年に8年振りにNPB復帰したが、財力の高い巨人に入団したことで、再び「銭隈」呼ばわりされた。*1

関連項目



Tag: 楽天 MLB 巨人 契約更改 蔑称


*1 ただし年俸は5000万と安めで元から一軍で投げられれば儲け物的な扱いであり、二軍では若手投手にいい影響を与えているため、同じ時期に巨人に入団したこの人ほどヘイトは高くない。