アイバ

Last-modified: 2020-12-28 (月) 18:51:28

概要

♪BGM「錬金術の基礎」

人物

  • 4属性の錬金結晶シリンダーを売っており、実技の無いアルバイトも出している。
    が、募集する物が一癖あり、錬金術で需要があるため、安易に受けない方が良い場合も。
    (例:釘、薪、小さい玉など…)
  • 属性シリンダーを作った本人であり、ヘレッドの台詞からも神童であることが分かる。G12時点で最高のシリンダー修理NPC(97%)であることからも伺える。しかし油断してるとあっという間にシリンダーを削られるのはお約束。

ストーリーへの登場

G12ネタバレ

G12に登場した神々の地ファリアスの門番がアイバと瓜二つの容姿をしている。こちらのアイバは会話すると自分はマナナンの9人の息子のうちの1人で9つの波のうち死の波と呼ばれてるものだと教えてくれる。ここにいる目的は神々の白い骨を収集する事とも教えてくれる。G23の船乗りのセリフの中の一つで判明するがエリンの船乗りには「波の数を9まで数えるな」と言う風習のようなものがあるようだ。これは波の一つが「死の波」で9まで数えると必ず当たってしまうと言う事なのだろう

外観的な違いは眼の色(アイバ:緑 門番:水色)と口元。

G12の終盤で実はエリン世界における最初で最後のホムンクルス完成体だったことが
ドレンの口から語られることになる。しかもそのホムンクルスとしてのアイバの記録は
王政政府によって徹底的に隠蔽されたということも含めて。
つまりスキルとしてのホムンクルス練成実装の可能性は極めて低くなってしまった。

G25ネタバレ

「死の波」がミレシアンが亀裂の中で見た過去で登場。トレジャーハンターと教団の事をクェーサルの心臓に話して取引をもちかけていた。G23でもスカアハが「息子が心臓と共に父(マナナン)の宝の場所を聞きに来た」のような事を言っていたがファリアスから動けない自分の代わりに探しものを探してくれる相手としてクェーサルの心臓を使った事ようだ。心臓に対してのセリフからいくらか未来が見えるようである

その他

  • The Classicのグランドマスターミッションのひとつで登場。もちろん錬金術がメインだが補助武器に鍛冶屋の金槌を持っている。
    • 使用スキルはウォーターキャノン、ウィンドブラスト、フローズンブラスト、チェーンシリンダー。近接攻撃を受けてノックバックすると武器を持ち替えてアタックを行う。
    • ウォーターキャノンの威力は王政錬金術師並の凄まじい威力を誇るが、他が補助スキルのため爆発力はそれほどない。
    • また、なぜかアタックの威力が低くなっている。やはり神童ともてはやされてもまだ子供。腕っ節のほうは年齢相応か。