ギルガシ

Last-modified: 2022-01-16 (日) 11:26:03

ギルガシ

  • G19で登場した使徒。異界の神の信者を材料に作られる。ストーリー中に全4形態が登場する。
    第1形態は高い防御力を持ってはいるものの、辛うじて撃退できる程度にダメージを与えることができたが、第2形態以降になるとエリンの神々の力を持つプレイヤーの攻撃も通用しなかった。
    これは使徒がエリンの外に存在する『異界の神々』に属する力を授かっているからで、エリンに属する力では異世界の力の法則を打ち破れないため。
  • また、異界の神の力は防御だけではなく攻撃にもある程度上乗せされているようで、本来不死であるミレシアンですら肉体に変調をきたし「何が起きても不思議ではない」というほどのダメージを負ってしまった。
  • 後期型は防御不可能な数々の攻撃に加え、あらゆる攻撃を防ぐバリアを展開している。
    • 絶対神アートンシミニの力を応用した神聖スキルによってバリアを壊す事ができる。
      アルバン騎士団のメンバーならば初期型は2名、後期型は3名で対処可能。
  • ストーリー進行でトルヴィッシュ達アルバン騎士団のメンバーから与えられた神聖力が定着し、ミレシアンもギルガシに対抗できる力を手にすることになる。

レイドミッション『使徒ギルガシ』

  • 決死団レイドミッションでの討伐対象として出現。こちらはメインストリームで登場した最終形態になる。
    通常は1~16人の決死団を結成してアブネア湖エリアで戦闘を行う。
  • 神聖スキル、とりわけシールドオブトラストが必須になっており、まともに攻略するのであれば通常時は仕掛けの処理に徹し、反撃の糸口となる攻撃からのカウンターで三位一体の連携攻撃を行って敵の防御を下げ、大ダメージを稼ぐ戦術を取ることになる。
    戦術の周知徹底が絶対の高難易度コンテンツだが倒すだけならソロでも普通に可能だったりする。
  • 報酬にはゴールドや神聖経験値、使徒素材などが得られる。
    神聖経験値獲得の為には毎週会いに行かなければならず、また神聖スキルのトレーニングにも通うことになる。
  • 非のけぞり、非ノックバック、俊足、長射程強制ダウン攻撃、割合ダメージ、吸収回復攻撃etc...と、めんどくさいことこの上ないボス。
    • 実装直後こそ高性能エンチャント、高性能武器の素材ともてはやされた。
      ソロミッションも実装されたものの、そもそもの仕様として神聖スキルコンボが不可能という時点で一人で上げられる範囲のスキルトレと神聖経験値稼ぎ専用。
  • 名前の由来は聖書に登場するギルガシ人。