Top > 染料交易

染料交易

Last-modified: 2007-03-19 (月) 12:38:01

貝紫交易 Edit

 あまり普通の人はやりませんが、高額商品と、2港の相場差を利用した貝紫交易の紹介をしようと思います。相場が際どいので毎日チェックしても良相場になかなか恵まれないこともありますし、スキル上げしにくいスキルです。たまに余りがちになる発注書カテゴリー2でできるのがこの交易のいいところです。楽に儲けたい人は素直に別の交易をしたほうがいいかもしれません。

交易の仕方 Edit

 使うのは貝紫の買えるチュニス、ジャマイカです。売却港が複数選べるチュニスのほうが若干有利でしょう。チュニスからなるべく近く、高い値がつく港を利用するのが稼ぐコツです。今回はチュニスを例にとって話します。

 まずチュニスの相場が100%をきるまで待ちます。貝紫の利用頻度は少ないため90~80%程度はざらで、稀に70%台まで落ちます。100%3600ドゥカートで底値は3000ドゥカート程度です。これをカテゴリー2の発注書で満載します。事前にカテ2を確保しておきましょう。次に最も近く、売却値の大きい港で売ります。109%~118%でだいたい5000ドゥカート程度の値なので、ふっかければ6000ドゥカート、800ほど貝紫を積めば地中海の近接港で2M程度の利益が望めます。

 相場のチェックなどは非常に面倒で、1人で利益を出すペースでは割に会わないので、できれば艦隊を組み複数人数で行いましょう。ふっかけの失敗時には艦隊メンバーでまだ余裕のある人に売ってもらうか、諦めてそのまま売り払いましょう。往復回数のほうが重要です。

 完全に相場に頼る交易なので相場が崩れ始めれば、あっという間に黒字が減ります。カテゴリー2をカスタムスロットにいれる、ctrlを押しながら交易品の個数ボタンを押すなど小技を駆使して時間短縮をこころがけましょう。

ブーストとスキル上げ Edit

 ブーストは孔雀石のアクセサリー(+2)、貝紫染めチャドリ(+2)、インド藍染めチャドリ(+2)、副官をあわせて+5まで可能です。ただしチャドリを男性キャラが着ることはできません。男性の場合○○染めサルン(+1)などがあります

 基本的に貝紫ではスキルは上がりません。貝紫以外の染料があり、二種類の染料がおいてあるカンディアやボンディシェリでスキルを上げましょう。カンディアからはアテネやサロニカに染料を落とします。暴落させないようにあまり黒字にしないようにするか、暴落調整をしましょう。ボンディシェリは染料が安いため、その場で売ってしまうというのも手です。運ぶならマスリパタムやセイロンですが、NPCが多いため少々苦労することになるでしょう。

相場が悪くても Edit

 貝紫は暴落調整に使えることがありますので、相場が悪くなり不良在庫になるなどのときには商館に売りにだしましょう。またアパルトメントに貯めておけば別の交易をするときに暴落素材にできるでしょう。