Top > 沼者
HTML convert time to 0.002 sec.


沼者

Last-modified: 2017-11-14 (火) 09:26:46

かつて西武ライオンズ・横浜ベイスターズに所属していた元プロ野球選手・大沼幸二のこと。
俺達の流れから沼者(総帥)と呼ばれる。


大沼幸二とは Edit

2000年のドラフトで、社会人野球のプリンスホテルから逆指名で西武に入団。
制球難で伸び悩みながらも、敗戦処理や谷間の先発として起用され2008年から一軍の中継ぎに定着。以降は小野寺力と並ぶ西武中継ぎの総本山として君臨した。


沼者伝説、そして総帥襲名へ Edit

なお中継ぎ定着の同年、対千葉ロッテマリーンズ戦の9回裏から登板すると四球→死球→犠打→敬遠→暴投で相手に何もさせずサヨナラ負けという俺達総帥の襲名披露を催している*1

 

その呼び名に相応しい投球と愛らしい外見で俺達一番人気の投手として愛されてきたが、2011年の開幕前に横浜ベイスターズへ移籍*2してしまう。
俺達大本営である西武を離れはしたものの、その功績と横浜でも西武時代と変わらぬ投球を続けた事から沼者の呼び名は変わらなかった模様。

しかし2012年6月、肩の故障を理由に突然の任意引退公示*3。現在でも俺達スレでは名誉総帥として君臨している。ただし引退は私生活が原因との噂もあり、その後の動向は全く不明。


関連項目 Edit



Tag: 西武 横浜






*1 チームメイトの遊撃手・中島裕之にキレられ、解説の初芝清氏には「ロッテは何もしてませんよね」と呆れられ、暴投での打者だった事からお立ち台に呼ばれたベニー・アグバヤニにも「何故呼ばれたのか分からない」と困惑される。
*2 交換相手は坂元弥太郎。密かに背番号を15から61へ変更していたがキャンプイン直前の移籍で披露される事はなかった。
*3 後に自由契約へと切り替えられている。