Top > OBERON
HTML convert time to 0.146 sec.


OBERON

Last-modified: 2017-05-20 (土) 23:06:37

OBERON

仲間の治療と敵の撃破の両方を得意とする。すなわちOBERONはテンノが維持すべきとされるバランスを体現している。

 
SmiteSmite
敵から負のエネルギーを払い出して、それを物理的エネルギーの球体にして撃ち出す。
Hallowed GroundHallowed Ground
前方の地面を正義の炎で浄化する。火炎に触れた敵にダメージを与える。
RenewalRenewal
エネルギーによって作り出した治療の波動が自分と仲間に向かって流れ、ヘルスが徐々に回復していく。
ReckoningReckoning
周囲の敵を天高く持ち上げて、信念を持って叩き落す。
 
ステータス初期値ランク30値
ヘルス125375
装甲値150
シールド100300
エネルギー150225
移動速度1.0
MODスロットMadurai Madurai
AuraスロットMadurai


全身 Edit

アジャイルモーションノーブルモーション
アジャイルノーブル
OBERON FEYARCH SKIN
OBERON FEYARCH SKIN

製作 Edit

完成品 325 Pt

設計図材料製作費製作時間即時製作
マーケット
30,000 Cr
OBERON ニューロティック130,000 Cr72時間50 Pt
OBERON シャーシ1
OBERON システム1
オロキンセル1
 
【製作費用】15,000Cr 【製作時間】12h 【即時完成】25Pt
設計図パーツ名材料
敵ドロップOBERON ニューロティック合金板 (150), コントロールモジュール (1), ポリマーバンドル (150), 回路基板 (500)
OBERON シャーシガリウム (1), ポリマーバンドル (1000), ルビドー (300)
OBERON システムオロキンセル (1), ガリウム (1), ポリマーバンドル (500), 合金版 (220)

パーツ設計図は、各勢力のエクシマスタイプの敵からのコモン・アンコモンドロップとして入手。

概要 Edit

Oberon は攻撃と回復を両立させたバランス志向の Warframe である。

 

回復支援と言えばTRINITYが挙げられるが、比較するとOBERONは攻撃アビリティを持つため、汎用性で勝る。また、設置型アビリティや範囲攻撃アビリティに加え、ある程度のクラウドコントロール能力も持ち、実に多芸多才。効果はそれぞれの分野の専門フレームには劣るが、汎用性の高さを活かし、味方の穴を埋めるように動くことが可能となっている。

 

本体性能はヘルス値と装甲値が高い一方で移動速度は標準を維持、またその他も標準レベルであるため、欠点らしい欠点は見当たらない。全体的に非常にバランスの良い性能を誇っており、ソロでもCoopでも柔軟に戦うことができるだろう。

 

一方、各アビリティで求められる能力調整のベクトルが異なっているため、ビルドを構築する際はそれぞれの優先順位や使い方をよく考える必要がある。尚、アビリティ説明文には浄化や正義、炎、信念といった聖騎士的フレーズが踊るが、ダメージタイプとしては放射線が主体となっている。

 

○公式紹介動画:http://www.youtube.com/watch?v=yAc1tXpH6Ns

Error: Flash Player Cannot Installed.

ビルドについてはおすすめフレームビルド#OBERONへ。


小ネタ

  • 名称の由来は中世およびルネサンス期の文学・伝承上の妖精王、オーベロンにちなむ。シェークスピアの劇、夏の夜の夢の登場人物としても知られ、妖精の女王ティターニアが妻となっている。
    • WarframeのTITANIAの名称は Oberon と同様の由来を持つ。
  • 開発元の Digital Extremes は当初の Oberon のアビリティのアイデアはパラディンやドルイドに基づいていたと述べている。
  • Oberon の肩の上を覆う棘はアーマーパーツとして扱われ、任意のアーマープレートと交換することができる。
  • フレーム名の発音は、プロフィール動画の0:10付近を参照。カナ表記としては「オベロン」がよく見られる。当wiki等でよく見られる愛称については用語集を参照。

ヘルメットスキン Edit

ORYX OBERON HELMET Edit

ORYX OBERON HELMET

個性的なデザインのOBERON用ヘルム。
オリックスは角が長いウシ科オリックス属の動物である。
4本の長い角を持つ牛やシカに近いフォルムが特徴。

MARKHOR OBERON HELMET Edit

MARKHOR OBERON HELMET

個性的なデザインのOBERON用ヘルム。
マーコールは螺旋状の角を持つウシ科ヤギ属の動物である。
ORYXと同じく4本の角を持つが長さや配色が異なり、フェイス部が曲線的なデザインとなる。

アビリティ Edit

パッシブ: Edit

仲間のペットはヘルスを回復し、装甲値とシールド値が上昇。更にペットに即時蘇生効果を付与(ミッション中1回のみ発動)。

  • センチネルには効果なし。
     
    Update 20.3.0以前の旧パッシブ「森の王」
    開く

Smite Edit

敵から負のエネルギーを払い出して、それを物理的エネルギーの球体にして撃ち出す。
対象と球体に当たった敵にダメージを与える。
発動エネルギー25Smite
影響するMODPOWER STRENGTH (アビリティ威力)
POWER RANGE (アビリティ効果範囲)/*
POWER DURATION (アビリティ効果時間)*/
ランク0123
ダメージ150200300500
有効射程20m30m40m50m
オーブ数3456
オーブダメージ7585100150
ORB DAMAGE?20%25%35%
オーブ範囲5m7.5m10m12.5m
  • アビリティ威力はダメージ・オーブ数・オーブダメージに影響する。ORB DAMAGEには影響しない。
  • アビリティ効果範囲は有効射程・オーブ飛距離に影響する。
 
  • Oberon がターゲットから負のエネルギーを放出させてダメージを与え、100%の確率で放射線の状態異常とノックダウンを発生させる。
    • ダメージタイプは50%の衝撃衝撃ダメージと50%の放射線放射線ダメージとなっている。
    • 放射線混乱を受けたターゲットの敵は12秒間、近くにいる敵や味方のユニットを無差別に攻撃する。
  • 加えて、ターゲットの敵からはオーブ範囲の敵に向かってオーブ数分のオーブが放出される。オーブは当たった敵に100%のオーブダメージ分の放射線ダメージとヘルスに応じたORB DAMAGEを与え、確率で貫通貫通の状態異常による弱体化を発生させる。
    • ORB DAMAGEはORB DAMAGEをオーブ数で割って敵の最大ヘルスを元にしたダメージを与える。
      • Smite RANK3にintensify RANK MAXを乗せアビリティ威力130%にしてオーブ数が7の場合 35%÷7=5% となりオーブ一つにつきヘルスの5%のダメージとなる。
    • 弱体化は6秒間にわたって敵の与ダメージを30%低下させる。
    • 発動時に範囲内の敵よりもオーブが多い場合、残りはランダムな方向に飛散する。
    • 発動時にランダムな方向に飛散したオーブは最も近い敵をホーミングする。
    • オーブは地形にあたるとバウンドする。
    • 狭い場所で発動した場合、一度の発動によって出現した複数のオーブを反射後に同じ敵に集中してヒットさせる事ができる。
  • Smite は片手アクションのアビリティのため、リロードや射撃、チャージなどのアクションを中断しない。
    • Update20.3でこれらは中断されるようになってしまった。移動しながらの使用は可能。
    • Hotfix20.4.6で修正。再びアクションを阻害しなくなった。
 

Tips

  • 1番アビリティの中では500+(150*6)=1400とかなり高火力でエネルギー効率を高めて連発も面白いがエイムする必要がある=射撃すれば当たるため武器が強くなるほど利点はなくなっていく。リロードを途切れさせずに発動させることができるので、リロードの長い武器と相性がよい。敵が密集している所ならば一種の範囲攻撃技としての運用が可能。性質上閉所だと更なる性能を発揮する。
 

主な修正・変更点

  • Update 14.5: ターゲットにエネルギーが当たったあと飛び出すオーブは、ランダムに飛ぶのではなく敵を狙うように。射出物の速さを50%上昇。最初のターゲットへの放射線の状態異常を与えるように。最初のターゲットはよろけるのではなくノックダウンするように。オーブが当たった敵すべてに貫通ダメージを与えるように。
  • Update 20.3: Smiteの射出物は敵のレベルとMODによって変動するように。グラフィック変更。
 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:28付近を参照。

増強MOD: Smite Infusion Edit

詳細

Hallowed Ground Edit

前方の地面を正義の炎で浄化する。火炎に触れた敵にダメージを与える。
発動エネルギー50Hallowed Ground
影響するMODPOWER STRENGTH (アビリティ威力)
POWER RANGE (アビリティ効果範囲)
POWER DURATION (アビリティ効果時間)
ランク0123
持続ダメージ255075100
アビリティ範囲8m10m12m15m
角度90100120180
効果時間10s15s17s20s
状態異常確率5%10%12%15%
  • アビリティ威力はダメージと状態異常確率に影響する。
  • アビリティ効果範囲はアビリティ範囲と角度に影響する。
  • アビリティ効果時間は効果時間に影響する。
 
  • Oberon の足元から視点へ向かって円弧状に広がる炎上フィールドを地表に生成する。地上の効果範囲内に触れている敵に放射線放射線の持続ダメージを0.5秒ごとに与える。
  • 範囲内にいる味方は異常状態の除去、および状態異常耐性を得ることができる。
    • 効果を受けている場合はHallowed GroundバフのUI表示あり。
    • 味方が効果を得るためには地上に立っている必要がある。
    • 状態異常耐性は転倒やよろけといった物理的な効果に適用され、無効化する。
      • エクシマスのエネルギー吸収やノーシャス クローラーは無効化できない。ディスラプター エクシマスの磁気磁気状態異常は抵抗できるが、各攻撃のエネルギー吸収は依然として防げない。
    • 角度を最大にするにはアビリティ範囲235%が必要。
 

Tips

  • 設置型なので状態異常を都度解除するより、予防という形の方が使いやすい。
  • 設置系アビリティなので移動の多いステージでは使いどころが少ない。防衛ミッションなどで持続時間の長さを活かし、敵の通り道に敷くというのがわかりやすい運用法。ある程度のレベルまでなら複数設置で対応できる程度のダメージは与えられる。

主な修正・変更点

  • Update 14.5: Hallowed Ground の範囲内にいる味方は状態異常を起こさないように。既に発生している味方の状態異常を取り除くように。アビリティによって、味方の装甲値がランクごとに5、10、15、20%上昇するように。重複してアビリティを使うことによってこの値が累積するように。
  • Update14.6: 設置位置がやや手前に変更され、使用者が設置時点で範囲内に入るようになった。
  • Update20.3: Hallowed Groundは弧形状になり、範囲MODでサイズが変動。状態異常率はアビリティ強化MODに影響され、ダメージと範囲を調整。
 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:42付近を参照。

増強MOD: Hallowed Eruption Edit

詳細

Renewal Edit

エネルギーによって作り出した治療の波動が自分と仲間に向かって流れ、ヘルスが徐々に回復していく。
発動エネルギー25(トグル形式Renewal
影響するMODPOWER STRENGTH(アビリティ威力)
POWER DURATION(アビリティ効果時間)
ランク0123
ターゲット毎エネルギー3
アビリティ持続時間234
アビリティ範囲10m15m20m25m
ダウンタイマー遅延20%25%35%45%
バフ持続時間20s
初期回復量5075100125
効果時間内回復量15202540
毎秒消費エネルギー2
装甲値125150175200
  • アビリティ威力は初期回復量、効果時間内回復量、装甲値に影響する。
  • アビリティ範囲はアビリティ範囲に影響する。
  • アビリティ効果時間はアビリティ持続時間、ターゲット毎エネルギー、ダウンタイマー遅延、バフ持続時間、毎秒消費エネルギーに影響する。
  • アビリティ効率はターゲット毎エネルギー、毎秒消費エネルギー量にも影響する。
 
  • トグル型アビリティ。
    • トグルをOFFにするとフィールドは消え、Renewalバフは即座に消滅する。
    • エネルギーを使い果たす、落下する、自身がダウンすると、自動でOFFになる。
    • TrinityのEnergy Vampire、Energy Siphon は Renewal が使用されている間、無効化される。
  • Oberon はアビリティ持続時間中徐々に広がるフィールドを発生させる。範囲内に入るとまず初期回復量分回復
    し、ついで効果時間内回復量分の持続的に回復する「Renewal」バフを受ける。
    • Renewalバフは効果時間が存在しない。
    • ペット、救出対象やシンジケート工作員、スペクター、ソーティ防衛のスパイにも効果あり。
    • 発掘機やコンソール等には効果はない。
    • バフはアビリティ一回につき一度のみで、味方が穴に落ちる等でバフが解除された場合、再度同じフィールドに入ってもバフは受けられない。
  • Hallowed Groundバフを受けている状態でRenewalバフを受けると装甲値増加バフ「Iron Renewal」もかかる。
    • 装甲値増加バフはRenewalが有効な間持続し続け、Renewalが切れた場合でもバフ持続時間の分継続する。
  • ダウン中の味方はダウンタイマーが遅くなる。
    • Update 18で以下のように変更: Renewal はダウンタイマーを増加させるのではなく、ダウンタイマーの速度を遅くする。
  • ダウンタイマー延長を100%以上にすると、ダウン時間がまったく進まなくなる。
    • ダウンはするものの維持している間は不死身になる。
    • センチネルは本来蘇生猶予がなくすぐ爆発してしまうが、延長によりDEAD状態のまま残る。この場合、しゃがんでXキーで蘇生できるようになる。
  • エネルギー消費について
    • 「ターゲット毎エネルギー」は回復を行っているかに関係なく、毎秒消費する。
    • 回復中の味方1名につき追加で「毎秒消費エネルギー」を消費する。適用中の員数はUIに表示される。
  • ナリファイアバリアに入った場合は入った者のRenewal及びIron Renewalバフは解除される。
  • リワーク前にあった状態異常の回復効果はなくなっている。
 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の0:51付近を参照。

増強MOD: Phoenix Renewal Edit

詳細

Reckoning Edit

周囲の敵を天高く持ち上げて、信念を持って叩き落す。
これによって殺された敵はヘルススフィアをドロップすることがある。
発動エネルギー100Reckoning
影響するMODPOWER STRENGTH (アビリティ威力)
POWER DURATION (アビリティ効果時間)
POWER RANGE (アビリティ効果範囲)
ランク0123
ダメージ50075010001250
追加ダメージ100225400625
攻撃範囲8m10m12m15m
アーマー減少10%15%20%30%
ヘルスオーブドロップ率25%35%45%50%
ブラインド範囲2.5m3m3.5m4m
ブラインド効果時間1s2s3s4s
  • アビリティ威力はダメージと追加ダメージ、アーマー減少に影響。
  • アビリティ効果時間はブラインド持続時間に影響
  • アビリティ効果範囲は攻撃範囲とブラインド範囲に影響。
 
  • Oberon は攻撃範囲内の敵を持ち上げ、それらを激しく地面に叩きつけてダメージを与え、100%の確率で放射線混乱と転倒をもたらす。これによって死亡した敵はヘルスオーブドロップ率を持つ。
    • ダメージタイプは50%の衝撃衝撃と50%の放射線放射線となっている。
    • 放射異常の敵を叩き付けた場合、追加ダメージを与える。
    • Hallowed Ground上にいる敵のアーマーを減少させる。
    • 放射線混乱を受けた敵は12秒間、近くにいる敵や味方のユニットを無差別に攻撃する。
  • 最初の発動の影響を受けて生き残った敵は強烈な閃光を放出し、ブラインド範囲内の敵をブラインド効果時間中、盲目化させる。
    • ブラインドの仕様や影響を受けた敵の行動は EXCALIBUR の Radial Blind と同一である。
  • プレイヤーは上下の敵を攻撃することができる。
  • 空中やスライディングしながら使用することができる。
 

アビリティ名の発音は、プロフィール動画の1:03付近を参照。

 

主な修正・変更点

  • Update 14.5: ターゲットへのダメージに放射線の状態異常を与えるように。アビリティでヘルスが残った敵に、叩き落した衝撃による小さい放射状の目潰し効果を追加。この目潰し効果は、発動後範囲内に入ってきた敵にも叩き落した衝撃によって適用されるように。
  • Update 20.3: 放射線状態の敵はボーナスダメージを受け、Hallowed Groundの効果を受けている敵の装甲値を弱体化。

増強MOD: Hallowed Reckoning Edit

詳細

増強MODの入手先 Edit

スティール・メリディアン または ニュー・ロカ

公式フォーラムへのフィードバック Edit

フレームについての議論、改善案等が有る方は公式フォーラムから直接DEへフィードバックが可能です。

書き込む際には上記の「フォーラム使用のルール」「フォーラムの使い方」を良く読んでからご利用下さい。

コメント Edit

過去ログ