Top > SU-122-54
HTML convert time to 0.016 sec.


SU-122-54

Last-modified: 2018-02-14 (水) 10:05:56

Tier 9 ソ連 駆逐戦車 Edit

12254_0-min.PNG
↑ 122 mm D-49
見た目は近代的で良さそうだが、この状態で戦場へ出ると悲惨な事になる。

 

12254_1-min.PNG
↑ 122 mm M62-C2
特徴的なマズルブレーキのついた砲身はまさしくM62以外の何者でもない。

 
v0.9.14まで

スペック(v0.9.15) Edit

車体

耐久値1,530
車体装甲厚(mm)100/80/45
最高速度(前/後)(km/h)48/14
重量(初期/最終)(t)36.13/36.87
実用出力重量比(hp/t)18.99
砲塔旋回速度(°/s)26
視界範囲(m)390
本体価格(Cr)3,510,000
修理費(Cr)
超信地旋回
 

武装

名称発射速度(rpm)弾種平均貫通力(mm)平均攻撃力AP弾DPM精度(m)照準時間(s)総弾数弾薬費(Cr/G)重量(kg)俯仰角
122 mm D-498.11AP
APCR
HE
175
217
61
390
390
530
3,1620.392.5351,025
12G
608
2,590-4°/+16°
100 mm D-54S9.52AP
HEAT
HE
219
330
50
320
320
420
3,0470.351.9451,230
10G
1,170
2,557
122 mm M62-C26.82AP
HEAT
HE
258
340
68
440
440
530
3,0000.352.5351,065
13G
630
3,397
 

エンジン

名称馬力(hp)引火確率(%)重量(kg)
V-2-5462012700
V-1470012700
 

履帯

名称積載量(t)旋回速度(°/s)重量(kg)
SU-122-54M137.15387,700
SU-122-54M239.2407,700
 

無線機

名称通信範囲(m)重量(kg)
9RM525100
R-11373080
10RT-26760120
 

乗員

1Commander(Radio Operator)2Gunner3Driver4Loader5Loader
 

拡張パーツ

Vertical Stabilizer×Improved VentilationClass2"Cyclone" FilterFill Tanks with CO2RammerLarge Tank
Spall LinerMedium"Wet" Ammo RackClass2Additional Grousers×Enhanced SuspensionTorsion Bars 3 t Class
 

隠蔽性

非発砲発砲時
静止時21.77%3.92%
移動時13.05%2.35%
 

派生車両

派生元SU-101(TD/150,000)
派生先Object 263(TD/220,000)
 

射界

射界左8°/右8°
 

開発ツリー

クリックで表示
 

車両に関する変更履歴

クリックで表示

解説 Edit

  • 概要
    v0.8.0で追加されたTier9のソ連駆逐戦車
    SU-100の後継車両であり、T-54をベースにした対戦車自走砲である。
     
    v0.9.22にてObject 263のTier10→9への調整・格下げに伴い、置き換え削除された
    v0.9.22における本車輛に関する処理について
     
    ...

史実 Edit

SU-122-54[1].jpg
ソビエト連邦軍がSU-100の後継として1949年に開発した対戦車自走砲で、西側諸国ではかつてIT-122と呼ばれていた。
第二次世界大戦時のT-34/85中戦車に対するSU-100と同様のコンセプトで、大戦後主力戦車となったT-54の車体をベースに固定式戦闘室を設け、より大口径な主砲を搭載したものである。
戦闘室は前面装甲厚100mmで、ソ連戦車では通常操縦席は左側か中央にあるが、本車では操縦席を右側に配置している。
主砲はペトロフ砲兵設計局で新規開発された122mm戦車砲M-49Sで搭載砲弾数は35発、副武装には、防楯右側に主砲同軸1挺、戦闘室上部左側の装填手ハッチにある電動式起動装置付き機銃架に1挺の計2挺のKPVT 14.5mm重機関銃を装備している。また車長用キューポラにはソ連自走砲では初めてステレオ・レンジファインダー式の照準器を装備した。
本車は1954〜1956年にかけて生産され、戦車駆逐連隊や旅団に配備されたとされるが定かではない。その後、多くが主砲や防楯を撤去して戦車回収車に改造され、親衛戦車師団に配備され使用された。
参考文献

情報提供 Edit

愚痴や日記など生産性のない話題外部総合掲示板をご利用ください。
マスター(M)バッジ報告専用スレができましたのでそちらへお願いします
使用感や装備など、アーカイブスペック解説に表記されています。

アーカイブ重複内容が無いか確認し、考えてから書き込みをしましょう。
アーカイブ1

コメントの際、当該wikiのモラルを尊重した行動をお願いします。

 
上記を理解した上でコメントを書き込みます

※注意
煽りや誹謗中傷、無関係なコメントに反応しないようお願いします。






*1 T-10の最終砲122 mm M62-T2と同じ主砲だが、このゲームでは互換性が無い