【ドラハルトJr.】

Last-modified: 2020-01-24 (金) 16:49:24

スラもり1

【ウルオッター川】のボスを務める【ドラゴンキッズ】
【しっぽ団】四天王の一匹にして本人曰く「ドラゴン族のスーパールーキー」とのこと。
だが、【シドもじゃ】【ロードン】曰く「生意気なドラゴンのガキ」で、多くのプレイヤーもそう感じたと思われる。

戦闘能力

最初は高速で飛び回りながら火の息を吐いてくる。
この攻撃を掻い潜って【スラ・ストライク】を何発か当てると、「パパにも殴られたことないのに」とどこかで聞いた台詞を吐いて本気モードになる。
 
本気モードの行動は、フィールド上の水を飲み干してパンパンに膨れ上がった後、その水を少し吐き出し、火炎の息を吐き、一回ジャンプして岩を落とすというもの。
これをいくつか繰り返した後は、水を吐き出して初期の飛び回りと火の息を行い、また水を飲んで……のパターンの行動を繰り返す。
少し水を吐き出す行動はダメージを受けない。これは云わば、後述の岩の回収を難しくする為のもの。
火炎の息は当たり判定が若干大きくて避けるのは意外と難しいため、自信がなければドラハルトの横っ腹に逃げること。
膨れ上がった状態ではスラ・ストライクは効かないので、岩石落としで落ちてきた岩をぶつけよう。
 
HPが3分の1より少なくなってくると、水を吐くことはしなくなり、そのでっぷりとした体を利用して連続でボディプレスをかましてくる。
反撃を伺うより回避に徹し、息切れを起こしたら近くの岩をぶつけて攻撃しよう。
岩は投げて使わないとダメであり、誘導して地面に落ちている岩や主人公が背負って高く積み上げた岩にボディプレスさせて、むっちりとした腹にゴツゴツとした岩を食い込ませようとしてもダメージにはならないので注意。
連続ボディプレス中は土に潜るかスラ・ストライクかで逃げるのが正攻法なのだろうが、何故かボディプレスの着地時にジャンプしておくと回避したことになる。普通はそのまま潰されそうなものだが……。
因みにHP3分の1辺りで飛び回っている状態から連続でスラ・ストライクを当てたり岩を当てたりしても、途中で無敵状態になってしまう為、どうしても飛び回る状態のままで倒すことは出来ない。

共闘

ボスキャラの中で唯一他のステージでも登場し、しかも共闘する場面がある。先述のロードン戦において、こちらの打つ手がなくなった後半にて助太刀に現れる。
曰くロードンとはライバル同士の関係のようで、自分を打ち破った主人公がロードンにやられてしまってはプライドに傷がつくという名目でやって来たらしい。
そのためか、戦闘後に共闘するのはこれが最初で最後と言いながらも、何度ロードンと再戦しようが必ず助太刀に来てくれる。
味方の時は主人公を背負うような形でくっつき、火の玉を吐いて攻撃してくれる。また、高く飛ぶことで攻撃をかわすことになる。