【お前への贈り物を考えていた】/その他(さ行)/(せ)

Last-modified: 2020-03-31 (火) 16:06:28

FF7ACで、クラウドとセフィロスが戦っている最中にセフィロスが言ったセリフ。
「『○○』を贈(送)ろうか?」に続いて贈り物を考えてみましょう。
なお、クラウドの反応もあると吉
 
例:セフィロス「私が使っている『シャンプー』を贈ろうか?」
クラウド「まるまる一本は使わないぞ」


FF関係でもスクエニ関係でもないものはここでお願いします。


【お前への贈り物を考えていた】/FF
【お前への贈り物を考えていた】/DQ
【お前への贈り物を考えていた】/スクエニ(FF以外)


その他

さ行

セフィロス「『声援』を贈ろうか?」
クラウド「あんたに送られてもうれしくない」

  • Take2:セフィロス「『声援』を贈ろうか?」
    クラウド「何だこれは……? カセットテープとラジカセ……?」
    セフィロス「そのカセットをラジカセに入れて、聞いてみろ」
    ~聞いてみた~
    ジタン「クラウド! ここに参加できてうれしいぜ!」
    ダガー「他のFFキャラの皆さんと仲良くなれて楽しいです!」
    ティファ「私も楽しいわよ!」
    フリオニール「俺、お前に出会えてよかったぜ!」
    ティーダ「応援してるっスよぉ!」
    ヴァン「このページ大好きだぁ!」
    FFキャラ全員「このページよ! 永遠なれ!」
    皇帝「ウボァー (^_-
  • クラウド「みんな……ありがとう……って、なんか変な言葉混沌ってなかったか?」
    セフィロス「気のせいだ」

セフィロス「『先生』を贈ろうか?」
クラウド「エクスデスの事か?!」
セフィロス「お前のことだ」
クラウド「はぁ?なぜ俺がせんせ……」
ジタン「なぁクラウド、俺リミット技に興味あるんだ。教えてくれないか?!」
ダガー「『マテリア』があれば、白魔法だけしか使えない私でもファイガとか使えるの?教えてくれませんか?」
セシル「コマンドマテリアってデカントアビリティと似たようなものなの?」
WoL「クラスチェンジが必要なくなるな…。『ひかり』のマテリアとかあるのか?」
エクスデス「(先生としての力量を)試してやろう!」
クラウド「…しかたないな。いいだろう元下級兵士をなめるな。どれだけ物知りか、教えてやる。しかも、無料でだ!」

  • ティーダ「怪しいなぁ、ホントに教えてくれるんスかね?」
    フリオニール「いいじゃないか! ただ だし。おねがいしますっ!」
    • ダガー「ねぇクラウド、私ナイツオブラウンドのマテリアを使ってみたいんだけど、私の武器に付けることが出来ないみたいなの。どうすればいいの?」
      クラウド「あぁ、そっちの世界じゃマテリア穴のある武器は無いからな。さらにこっちの世界に杖の武器はないから多分無理だと思うぞ」
      ダガー「そんな…… (T-T
      • スコール「その程度か…」
        シャントット「このへっぽこ君、なかなかやりますわね……」
        クラウド「がんばって耐えろ!耐え切れればリミットブレイクしてリミット技が発動できるぞ!!」
        スコール「止めだ!!」
        __エンドオブハート__
__シャントットLIMIT BREAK__

シャントット「ぶち切れましたわ~!!!!」

__ぶち切れ__

スコール「ぎにゃああああ!!」

  • サイファー「スコール!お前にだけはその断末魔は言わせたくねえ!!」

セフィロス「『ぜちゅぼう』を贈りょうか?」
クラウド「噛んでるぞ」

  • Take2:セフィロス「『絶望』を贈ろうか?」
    クラウド「興味にゃいね……あ!」

セフィロス「『セフィロス三兄弟』を贈ろうか?」
クラウド「らのことかぁっ!・・・それともらのことか?
      とりあえず前者だと思った人、挙手!」

  • ジタン「はーい!」
  • ダガー「はーい!」
    • セフィロス「・・・・・・・・。」

セフィロス「『仙豆』を贈ろうか?」
クラウド「ドラゴ○ボールの世界でいうエリクサーみたいなものか。」
セフィロス「そうだ。その上、10日間飢えをしのげる効果もあるのだ。ご飯の代わりにもなるのだ。」
マキナ「それがあればレムと零組を救えるのか!?送ってくれ!!頼む!!」


セフィロス「『全自動卵割り機』を贈ろうか?」
クラウド「びゃあ゛ぁ゛゛ぁうまひぃ゛ぃぃ゛ぃ゛」


セフィロス「『精神コマンド』を贈ろうか?」
クラウド「集中・閃き・必中・熱血・魂・奇跡で頼む」

  • Take2:セフィロス「『精神コマンド』を贈ろうか?」
    クラウド「どんな構成なんだ?」
    セフィロス「自爆・偵察・探索・隠れ身・足かせ・戦慄の六つだ」
    クラウド「せめて集中と熱血ぐらいよこせ!!」

セフィロス「ゼヅドグゾボゾルバサ、ゴブソグバ?」(絶望を望むなら、贈ろうか?)
クラウド「ここではリントの言葉で話せ」


セフィロス「『請求書』を贈ろうか?」
クラウド「ひょっとして、飲み屋のツケのヤツか?」
セフィロス「そうだ」

  • 請求書
    クラウド・ストライフ様
    飲み代として10億ギル
    • クラウド「ちょっ、ちょっと待て!何故こんなに増えているんだ?!」
      ジタン「じゃっ、クラウド勘定頼んだぜ!」
      フリオニール&カイン&そのほか男性陣「ゴチになったぜ!!」
      クラウド「ふざけるな!おい、逃げるな!!」

セフィロス「『星座早見盤』を贈ろうか?」
クラウド「星座…?興味ないね」

  • ラムザ「“興味ない”って…イヴァリースではあんなに気にしていたのに…」

セフィロス「『刹那五月雨撃ち』を贈ろうか?」
クラウド「弓使いの誰かに贈ってくれ。」
ジタン「(切なさ乱れ撃ち?)」


セフィロス「『仙人モード』を贈ろう(伝授しよう)か?」
クラウド「どうなるんだ?」
セフィロス「体があらゆる意味で活性化し、能力が倍増する。つまりスーパーノヴァの演出時間も倍増…」
クラウド「やめてくれ」


セフィロス「『千の風』を贈ろうか?」
クラウド「エアロガ1000発でも撃つ気か!?」


セフィロス「『世界樹の迷宮III~星海の来訪者~』を贈ろうか?」
クラウド「ウィザードリィみたいなRPGか。やってみるか」
~キャラメイキング~
クラウド「俺はウォリアーでいいとして、ティファはモンクでジタンは…シノビが近いか、ダガーは…ビーストキングでいいか。だが、あんたに合いそうな職業がないぞ」
セフィロス「三層B11まで進めることだ」
~プレイ中~
クラウド「ちょ、なんだこれ。B1から死にまくりじゃないか!?」
ジタン「本気で行かないと、ヤバそうだ」


セフィロス「『ゼットセイバー』を贈ろうか?」
クラウド「威力はアルテマウェポンより上なのか?」


セフィロス「みんなの『セクシーショット』を贈ろうか?」
クラウド「何だこれは!?」
ジタン「よく見ろよ!クラウドと俺の写真もあるぞ!!」
クラウド「(ティファ、ダガーの写真も……、しかもゲストキャラの写真も……)下ネタは厳禁だと言ったはずだぞ!! (..;
ジタン「ティファ達にお仕置きされても知らないからな! (..;


セフィロス「『つぼう』を贈ろうか?」
クラウド「『絶望』ならこれで4回目だ!今すぐTake4に書き込んで来い!!」
セフィロス「まあ、そうあわてるな。聞いてあげるが良い。」

  • ダガー「私にレギュラーの座を贈ってください!!」
  • WoL「私に光と関係のある贈り物を贈ってくれ。」
  • セシル「そうだなぁ。いじめられることもなくなってきたし、もっと出演したい!」
  • カイン「俺はガリでもアガリでも裏切り者でもない!ちゃんとした竜騎士として出演させてくれ!」
  • エクスデス「ちゃんとした役割で出させてくれ!」
  • ザックス・フェア「なあクラウド、俺たち親友だろ?もっと出たいぜ!」
  • ティーダ「ちゃんと名前で呼んでほしいッス!」
  • ヴァン「もっと目立たせてくれ!」
  • ライトニング「せめて、ホープに出演回数で並びたい!」
  • こうてい「いい加減に技の的として私を呼ぶでない!!」

クラウド「WoLとセシルとザックスとライトニングはまだ現実的だな。ティーダも場合によっては実現するかもな。」
セフィロス「どうだ。『絶望』ではないだろう。」
クラウド「ああ、よくわかった。さて、現実的な切望をしていない奴に『絶望』を贈ろうか?」

  • 一同「ムセテンナヨ!」

セフィロス「『ゼニガメ』を贈ろうか?」
クラウド「こいつはポケモンなのか?ってどこから連れてきた!?」
ジタン「(カメといえば…)」
エクスデス「貴様らを無に還す為にやってきたぞ!さあ、無に飲まれるがいい!」
3人「(やっぱり来たか…)」
クラウド「こうなったらゼニガメの力を見せてもらおう。ゆけっ!ゼニガメ!」

__ゼニガメの みずでっぽう!__
__こうかは いまひとつのようだ__

エクスデス「……カメェェェッー!」

__エクスデスの グランドクロス!__
__ゼニガメは たおれた!__

ジタン「おいおい!お前にはあまり効いてないのに、なんてことするんだ!?」
サ○シ「おれのゼニガメが!許さない!ゆけっ!リザードン!」

__リザードンの だいもんじ!__
__きゅうしょに あたった!__
__こうかは ばつぐんだ!__
__てきの エクスデスは たおれた!__

エクスデス「うごごご!」
セフィロス「やはりエクスデスは樹だから、炎が良く効くようだな」
バッツ「(エクスデスは炎が弱点だったか?)」
ジタン「そもそもエクスデスの急所ってどこだよ!?」
クラウド「それよりあの少年は誰なんだ?」


セフィロス「『絶対に許さない!』を贈ろうか?(言ってみるか?)」
クラウド「それはゴミ箱、プリズンにある投稿に言う台詞だ。」
ジタン「どういう事?」


セフィロス「『セブンセンシズ』を贈ろうか?」
クラウド「セブンセンシズ?何の事だ?」
セフィロス「『第六感』を越える『第七感』(七識、末那識とも言われる)。目覚めた者は小宇宙を最大限まで増幅することができるが、それが可能なのは黄金聖闘士など、聖闘士の中でも少数である。なお、本来の第七感は『セブンスセンス(seventh sense)』である。」


セフィロス「『星座』を贈ろうか?」
クラウド「どれどれ?」

  • 牡羊座:WoL
  • 牡牛座:フリオニール
  • 双子座:オニオンナイト
  • 蟹座:セシル
  • 獅子座:バッツ
  • 乙女座:ティナ
  • 天秤座:クラウド
  • 蠍座:スコール
  • 射手座:ジタン
  • 山羊座:ティーダ
  • 水瓶座:ヴァン
  • 魚座:ライトニング

セフィロス「その星座についた者は黄金聖衣を身につける事が出来るのだ。」

  • クラウド「俺は獅子座だ!」
  • フリオニール「俺も」
  • ティナ「私は天秤座だけど」
  • スコール「乙女座なんだが…」
  • ジタン「俺もだ、人の星座を勝手に変更するな!」

セフィロス「『星座十二宮』を贈ろうか?」
クラウド「何だそれは?」

  • 白羊宮
  • 金牛宮
  • 双児宮
  • 巨蟹宮
  • 獅子宮
  • 処女宮
  • 天秤宮
  • 天蠍宮
  • 人馬宮
  • 磨羯宮
  • 宝瓶宮
  • 双魚宮

セフィロス「その星座についた者が守護する宮殿だ。」
クラウド「興味ないね」
ジタン「てか星座ネタなら、すでにこっちで出てるだろ。」


セフィロス「『セル』を贈ろうか?」
クラウド「カオスに似ていないか?」
カオス「本当だ。」


セフィロス「『ゼットン』を贈ろうか?」
クラウド「『ウルトラマン』のスペシウムでも倒せなかった怪獣の事か!?」
セフィロス「そうだ。ゼットン星人の切り札ともいうべき侵略兵器。ゼットン星人が銃撃され、「ゼットーン」と断末魔の声を上げながら消滅すると、それに応えるように大型母船の中から出現し、科学特捜隊基地を襲撃しようとした。武器は顔の発光器官から放つ「一兆度の火球」。また目に当たる部分からは光弾を放つ。瞬間移動やバリアーも有し、さらには相手の光線技を胸で吸収し、両腕から波状光線として撃ち返す。ウルトラマンにキャッチリングで拘束されたが、火球をウルトラマンの足元に数回撃ち込んだ後、リングを分散させた。八つ裂き光輪も電磁バリヤーで防いで粉々に砕き、そしてスペシウム光線を当てられるも、吸収し波状光線として撃ち返してカラータイマーを破壊し、ウルトラマンを倒した。しかしその直後、岩本博士が個人的に開発研究していた小型拳銃の試作弾“無重力弾”をアラシ隊員に撃ち込まれ、上空に浮き一撃で爆死した。」
クラウド「興味ないね。さっさと終わらせよう。」

__超究武神覇斬__

セフィロス「『説教部屋』へ送ろうか?」
クラウド「むしろあんたを説教部屋送りにしたい。」
セフィロス「………クラウド、私は規約違反は犯していないぞ
クラウド「………ストーキング行為も十分な説教部屋送りレベルの規約違反行為だぞ。」
ジタン「むしろクラウドを隔離した方がいいかもな。」

  • クラウド「そういえばドラクエ10にもあるんだよな、説教部屋」
    セフィロス「ただ、オンラインゲームにはつきものの話と言えそうだが、詐欺にあったという話など、笑えない話もあるぞ。」
    クラウド「詐欺は犯罪だからな!10年のプリズン送りくらいたくなければ絶対すんなよ!」
    セフィロス「電子マネーが財物に当たるかという問題はあるが、肯定はされると言っていいだろう。解釈上微妙なところだが。」
  • take2:クラウド「どんなところだ?」
    セフィロス「葛葉のサマナーが失態を犯した時に、代々のサマナーにいびられてゲームオーバーになるというものだ。魔王や三途の川とかパトラッシュとかフィレモンとかレッドマンやイゴる以上に(いい意味で)嫌なゲームオーバーといえよう。さしずめ、ffでは歴代主人公たち(WoL以外)にいびられる様が容易に想像できよう。」
    ジタン「【喋らせたい台詞】」でもそう書いてあったぜ。」
    クラウド「ライトニングとかスコールにいびられるのならわかるが、セシルやティーダにいびられる様は想像できないぞ。」
  • take3:クラウド「誰が行くか、リセットで全て戻してやる」
    セフィロス「なぜあなたがここに呼ばれたのかわかりますか?」
    クラウド「わかるわけないだろ」
    セフィロス「では、ここに呼んだ理由をよくお聞きなさい」
    セフィロス「私はこれまでの冒険を書き記してきました。時と空間を隔てても再びこの地に戻れていたのは冒険の記録の力によるものなのです」
    セフィロス「気を苦するには手順があることを知っていますか?」
    クラウド「当たり前だ」
    セフィロス「あなたはその手順を守らなかったために、この世界の時の因果を乱してしまったのです」
    セフィロス「このようなことを繰り返さぬと誓えますか?」
    クラウド「へいへい、わかったよ」
    セフィロスはひどく疑っているようだ
    セフィロス「その言葉に嘘、偽りはありませんね?」
    クラウド「当たり前だ」
    セフィロスはひどく疑っているようだ
    セフィロス「もし、私の加護の届かない闇の迷宮で時の鎖を断っていたら、多くのものを失うところだったのですよ。今後、このようなことがないよう、戒めを与えます」
    セフィロス「それでは、わたしの問いに正直に答えなさい」
    セフィロス「戦いに力尽きようとしていても決して時の鎖を切ろうなどとは思いませんね?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「欲しいアイテムが出なくても決して時の鎖を切ろうなどとは思いませんね?」
    クラウド「わかってるよ」
    セフィロス「冒険中にメモリーカードを抜いたり取り替えたりしませんね?」
    クラウド「しねえよ」
    セフィロス「時の鎖を引っかけたりしないように足下に注意を払っていますか?」
    クラウド「当たり前だ」
    セフィロス「突然、敵に倒され悲嘆に暮れても、落ち込んで決して時の鎖を切ろうなどとは思いませんね?」
    クラウド「わかってるよ」
    セフィロス「時の流れを変えることの愚かさをあなたは理解していますか?」
    クラウド「わかったと言っている」
    セフィロス「時の因果の中に再び戻っても、罪を犯さない自信がありますか?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「一介の人間が時の因果を乱すことは神への冒涜と同義であることを理解しましたね?」
    クラウド「わかったっつの」
    セフィロス「本当に理解していますか?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「本当に理解していますか?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「本当に理解していますか?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「本当に理解していますか?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「本当に理解していますか?」
    クラウド「ああ」
    セフィロス「本当には理解していませんね?」
    クラウド「ああ」
    セフィロスはひどくお怒りのようだ
    セフィロス「・・・あなたを時の流れに戻すのはまだ早いようですね。もう一度、最初から私の問いに答えなさい」
    クラウド「この野郎、ハメやがったな!」
    セフィロス「なぜあなたがここに呼ばれたのかわかりますか?」

セフィロス「『背番号10のついたサッカーユニフォーム』を贈ろうか?」
クラウド「今度はクラウド・ストライカーとでも言いたいのか!?そうだ、ジタンに贈ってやれ。」
ジタン「某国の頭突きストライカーとごっちゃにするな!」
クラウド&セフィロス「いいじゃないか!ただ だし」
ジタン「いいわけあるか!」


セフィロス「『セシリア』を贈ろうか?」
クラウド「セシリア?誰だそれは?」
セシル「母さんのことかぁっ!!」
セフィロス「母さん?何のことだ?インフィニット・ストラトスのセシリアの事だ」
クラウド「どっから連れて来た!?今すぐ元の世界に帰して来い!!」
セシリア(IS)「その前に皆さんのIS返して下さいな!!」
セフィロス「ほう、そんなにこの ISがだいじか(ry」
リーン&蒼龍武官&ミュリン&デュース&シェルロッタ「いいですとも!!」
セシリア(IS)「ありがとうございます!」
セフィロス「なンだと!?勝手な真似は許さん!」
リーン&蒼龍武官&ミュリン&デュース&シェルロッタ「いいじゃないか!贈り物 だし」
セフィロス「ムセテンナヨ!!」
クラウド「ってかあんたらどっから沸いて出た?」

なおセフィロスはその後、渋々セシリア(IS)とISを元の世界に帰した模様


セフィロス「『絶望神アンチホープ』を贈ろうか?」
クラウド「使ってる方が絶望するようなクソカードを押し付けるのはやめろ!巷ではウンチホープと言われてるほどの文字通りのクソカードだ!」
セフィロス「代わりにお前のSNo.0 ホープ・ゼアルを頂こうか」
クラウド「それは明らかなシャークトレードだ!」

  • take2:セフィロス「『絶望神アンチホープ』を贈ろうか?」
    クラウド「使ってる方が絶望するようなクソカードを押し付けるのはやめろ!巷ではウンチホープと言われてるほどの文字通りのクソカードだ!」
    セフィロス「確かにアンチホープ単独はかなり扱いづらいカードだ。だがこれならどうだ?」
    __セフィロスはダーク・フュージョンを発動した!__
    __E-HERO ダーク・ガイア(ATK8500)が現れた!__
    クラウド「何だ?とんでもないバケモノが現れたぞ!?」
    セフィロス「アンチホープと磁石の戦士マグネット・バルキリオンを融合させることでATK8500のダーク・ガイアが出せるのだ。もっともエフェクト・ヴェーラー等を使われたらせっかくの攻撃力も0になってしまうがな」