Top > テンねンザン


テンねンザン

Last-modified: 2016-12-18 (日) 22:07:06

オジサン「よのなかどうなっとるんかのう。」

概要 Edit

シワワン氏のキサマゴンボールZ 超なんかイヤ伝説の天津飯の別名。
微妙に元の名前が残っていて、微妙に意味が通ってしまう辺りがなんともおかしい。(そうでもないけど)
視聴者には「天然山」と表記される事も。

3 前編で登場。一応、以前にもまポポの修行に登場していたが、まあまあ よかろう
話しかけると以下のような台詞と共に仲間になる。

な・なんかイヤんは ものすごく
つよいそうですね!?
おねえかよ!!

な 何の話だったの?
もしかしたら自身の排球拳に対する自己ツッコミかもしれないが、
ここでそんな話をする意図がわからん!さっぱり、わからん!
そもそもこのゲームじゃ使えないし…。

3 後編 Edit

3 後編でベジータを撃破した際、「テンねンザン」と言う名前が明らかになる。
この時から視聴者には「天然山」として認識されていた。

4 前編 Edit

4 前編にて、アホ戦士の一員としてナメック星に降り立つ。

くそったれめ・・・・どっちにしろ
ねがいをかなえるのは このワタシだ!!
キサマらかとうどうぶつなんかではない!!
ゆるさんぞおーーーー!!!!

と、凶悪な本性を現す。
ところが、弟弟子の餃子を含め、他の連中も同様に黒い奴等ばかりなので、
ある意味、このパーティーの一員としては相応しいのかもしれない。
大体、ソン・ウンチナメピッコキ大魔王なんかがいたパーティーだし…。
この後、メディカルまシンによって、他のメンバー共々死亡。
テンねンザン名義での死亡宣告であった。

4 後編 Edit

4 後編のキュイ戦でもやはりテンねンザン名義で参戦。既に異名として定着した模様。
グルドの技であるはずのタイムストップをいつの間にか会得していたが、
それは名ばかりで、実態はただの股間光殺砲であった。(うわ。
ただ、威力はピッコロの物とは段違いである。何しろ、さいしょからになってしまったのだから。

その後、ドドリア戦でも参加するが、全員の名前がわからん!さっぱり、わからん!な事になっており、
天津飯の名は「これで いい」であった。ど どこがだあッ!?
しかし間もなく、またしても裏切ったソン・ウンチの急襲を受けてしまい、全然これで よくなかった。
おめえはよお 考えが甘いんだよ!

6 後編 Edit

6 後編では、例のラップバトルにテンねンザンも参加、というか外野から合いの手を入れている。
詳細は「ラップバトル(キサマゴンボールZ)」参照。
この合いの手の後、ブルまの待つ場所に移ってラップは2番に…。

7 前編 Edit

全て集まったこりンボールドラゴンボールを前に、どいつもこいつも勝手な願いを挙げる中、

「うむうむ・・・・そうでした・・・・?
ねがいをかなえるのは このワタシのはず・・・・」

と、4 前編で見せた野心を再び覗かせる。…が、どうも記憶が曖昧らしい。しっかりしろよ!
そんなザマなので餃子にもまた悪態を吐かれる始末であった。

7 後編 Edit

ギニューとの戦いにて、暴発したボディチェンジを喰らってしまう。
他のメンバー共々、散々ボディが入れ替わった末にボディチェンジ乱射が収まった時には
テンネンマンになってしまっていた。
テンねンザンがテンネンマンになるとは、これ如何に。←さむいよお

 

オジサン「よのなかどうなっとるんかのう。」

関連項目 Edit

ごチャオ
まザヤール