MM

Last-modified: 2021-06-25 (金) 09:39:16

オリックス・バファローズ・松井雅人の別称。

中日ドラゴンズ時代にあまりの打撃成績の酷さから「もう名前も見たくない」とアレ扱いをされ名前をイニシャルに略されたのが由来。元々は蔑称だったが最近は意味合いが薄まり、愛称的*1に使われることも多い。


中日時代

2009年ドラフトで中日から7位指名を受け入団。2013年から一軍出場を増やしたが2016年までは「とにかく打てない捕手」として有名だった。特に2015年は打率.135をマークした上に三振が非常に多く、守備でもミスを連発していたため爆発的多数の蔑称を付けられ、松井雅人賞という不名誉な賞を誕生させられた有り様だった。


その後、2017年4月20日の阪神タイガース戦(ナゴヤドーム)で1-1の7回裏に巡ってきた松井の打席で金本知憲監督まさかの敬遠指示。これが裏目に出てしまい、京田陽太にタイムリーを打たれ阪神は敗れた*2。この段階で松井に打撃好調の気配は無く「ヤニキの迷采配」と、なんJ民どころか解説者にまで苦言を呈された。
だが、松井は敬遠の5日後に自身3年ぶりとなる本塁打を放つなど突如打撃好調に。松井のみならず金本の先見の明を評価する人が続出した。
また、同年6月9日の対オリックス戦ではクリス・マレーロが本塁打を放った際にホームベースの踏み忘れを指摘、アウトにするという鋭い観察眼も見せた*3

 

とはいえチームが下降線を辿るにつれ守備やリードで叩かれることが増え、最終的には打撃も今までよりはマシと言えるレベルに収束した。

余談だが、当時同僚だった杉山翔大は2017年打撃成績が松井以上に悲惨*4だったことから、松井に倣って一部から「SS」と呼ばれた。

2018年もそれなりの成績を残しており日本ハムからFA移籍してきた大野奨太と共に併用されていた。
しかし、2019年は加藤匠馬(現ロッテ)の台頭の煽りをモロに受け開幕から二軍暮らしが続いた。

オリックス時代

そして6月30日に松井佑介と共に松葉貴大武田健吾とのトレードでオリックスへ移籍*5した。そしてマレーロとチームメイトになったことを早速ネタにされた。その後は、7月に山岡泰輔を二度の零封勝利に導くなど好リードを見せ、当時の正捕手・若月健矢の体たらくぶり*6もあって名誉生え抜き認定された。

また11月には移籍選手でただ一人「Buffaloesプレイヤーズカレッジパーカー」を作られるなど生え抜き並みの扱いを受けている。
しかし、オリックスがシーズン途中で西村徳文体制から中嶋聡体制になってからは伏見寅威がほぼスタメンマスクを被っており、西村時代の正捕手だった若月でさえ現在は控えに甘んじている。このためDeNAからトレードでオリックスに入るも翌シーズンには2軍の肥やしとなって即戦力外通告を受けた高城俊人(現在はDeNAに復帰)のようになるのではと心配する声もあった。
しかし、そんな中でも2020年9月3日のソフトバンク戦(京セラドーム)では好守を連発し、移籍後初の逆転3ランホームランを放つなど大活躍。これからの活躍が期待されたがその試合中に負傷。復帰後は豊富な試合経験を活かして主にベテラン・増井浩俊の先発時にスタメンマスクを被ることもあり、伏見をメインとしつつも頓宮や若月と状況に応じ併用される状況が続いている。また、2020年には国内FA権を取得したが、行使せず残留した。


また、以前は他にもいろんな蔑称を付けられていたが現在ではよほどの時に使われる「の恥さらし」ぐらいしか残っていない。

関連項目


*1 本来の愛称は「みやび」、その他同チームに松井佑介外野手(「松外」)がいた事に因む「松捕」などがある。
*2 二死1塁から走者の亀澤恭平が盗塁し松井は敬遠気味に歩かされる。次打者は投手で試合終盤に代打が出されるのは明白だが(祖父江大輔→井領雅貴)、その井領も当時は打率.200だった事で阪神サイドが塁を埋めての勝負を選択したと考えられる。なお先発・青柳晃洋から代わった桑原謙太朗は井領に投安打で満塁、京田の勝ち越し打に繋がってしまった。
*3 記録は三塁打(36年ぶりの珍記録)。バファローブルとのハイタッチに気を取られた事が原因と思われる。この出来事をきっかけに二人は男村田スレにデビューした。
*4 2017年度の成績は打率.091(66-6)・0本塁打・1打点・長打なしと前年から大きく成績を落としてしまった挙げ句、2019年に戦力外通告を受けた。現在は琉球ブルーオーシャンズに所属。
*5 このトレードには含まれていないが、同時にスティーブン・モヤも金銭トレードでオリックスへと移籍している。
*6 近年は松井雅人賞受賞候補常連である。2019年も348打席・打率.178・本塁打1・打点21・OPS.460・捕逸3。打点以外は受賞基準を満たしている上に、この打撃成績で300打席以上も与えられている。