アレ

Last-modified: 2023-09-21 (木) 12:13:57
  1. 名前を出してはいけないもの扱いされるようになってしまったものへの呼称。お粗末な行為を繰り返したりその舞台となったりした結果、名前を呼ぶ気すら無くなってしまったまたは犯罪行為により存在そのものがなかったことにされる場合が多いが、稀にいずれでもない場合もある。
  2. 特定の選手に関する有名なプレーの総称。「江尻のアレ」「長野のアレ」など。
  3. 「優勝」のこと。岡田彰布監督による、いわゆる「どん語」の代表例。

ここでは1.と3.について解説する。

1.の例

斎藤隆(アレ様)

横浜ベイスターズ時代は先発投手として1998年の日本一に貢献するが、2001年にリリーフへ転向すると救援失敗を繰り返し、いつしか「あんなのはアレで十分だ」などと言われるようになり、次第に定着していった。
しかし調整法を掴んでからは投球内容が安定・向上しクローザーに定着。前任者である「佐々木(主浩)様」*1にあやかって「アレ様」という愛称・尊称に昇格した。

 

2003年は山下大輔監督の意向で先発へ再転向するも度重なる故障に悩まされ成績は下降。以降は佐々木*2・鈴木尚典*3・若田部健一*4と並ぶ四大不良債権としてファンからのヘイトを集め再びアレ扱いされた。しかし、2006年に36歳でロサンゼルス・ドジャースとのマイナー契約し7シーズン5球団に渡って安定した活躍を見せ、最終的にはMLB屈指のクローザーに定着していた。

2013年に地元であり復帰時に入団を望んでいた東北楽天ゴールデンイーグルスで日本球界へ復帰すると同年の球団初となる日本一に貢献、2015年に引退するまでブルペンの中心として活躍した。

渡米後の横浜晩年とは同一人物と思えないほどの活躍もあり蔑称としての「アレ」は殆ど使われなくなったが、現在でも敬意を込めて「アレ様」と呼ばれている。

金本知憲

右肩の負傷で満足に守れない状態にも関わらず連続フルイニング出場記録更新のために強行出場を続け拙守を連発、2010年に様々な蔑称をつけられたが、名前を出したくないファンが増えるにつれ「アレ」も多用されるようになっていった。ただし、現役引退、監督退任後は「ヤニキ」同様に単なるあだ名として定着しており、蔑称としての意味合いは薄くなっている。

時が過ぎ2020年10月4日の阪神対巨人戦(甲子園)でMBSの解説を務めた新井貴浩に「名前は忘れましたけど*5」と言われてしまった*6

西岡剛

メジャー移籍前は日本人トップクラスの野手と認識されていたが、2010年オフに移籍すると故障や不振により置物化。不倫問題なども発覚したことで「ミネソタのアレ」という蔑称が定着した。

初出

【悲報or朗報】MLB球団が日本からスカウト引き揚げ

1 :風吹けば名無し:2012/06/18(月) 16:36:27.54 ID:yqmO8Nk5

http://www.mlbtraderumors.com/2012/06/cafardo-on-youkilis-lowrie-manny-red-sox-dodgers.html

http://articles.boston.com/2012-06-17/sports/32270984_1_bryce-harper-mike-trout-ben-cherington/3

> One GM said, “Is all the money spent and devoted to scouting really yielding any great player?

> You’ve had Kei Igawa, Daisuke Matsuzaka, the kid from Minnesota [Tsuyoshi Nishioka], and really,

> is the money spent worth it?"

訳:あるGMが言うには「スカウトに費やしてきた金に見合うほど偉大な選手は獲得できたのか?

井川とか松坂とか、あるいはミネソタのアレとか、本当に大金を投じる価値があったのか?」とのこと

2012年オフに帰国して阪神入りするが、ほぼ毎年のように故障して長期離脱グラティ、果ては史上初の守備妨害で日本シリーズを決着させる大ポカなどコンスタントにネタを提供。しかし蔑称が増えすぎた結果、相対的に「アレ」の使用頻度は激減した。

長野久義

2015年から攻守ともに精彩を欠くプレイが目立ち始め、2017年には金本ばりの拙守を見せたことで「アレ」と呼ばれ始めたが、広島移籍以降はファンからの印象も良好なこともありほとんど使われていない。

余談

どの選手がアレ扱いされるかは当該球団のファンの気分次第で変わる。またTwitter上ではやたら選手をアレ扱いするケースも悪目立ちするため、ちょっとのやらかしで即座にアレ認定したがるお客さんは、なんJでは逆に批判されることもある。


3.の「アレ」

オリックス監督時代(2010年)

2010年のオリックスは交流戦で西武などと優勝争いを繰り広げていたが、岡田監督は優勝争い未経験の選手が緊張しないように「アレ」と表現していた。この配慮が功を奏し、オリックスはこの年球団史上初の交流戦優勝を遂げた。なお岡田退任後もオリックスには優勝のことを「アレ」という慣習が残った模様
なんJで開幕直後好調なチームのファンが「アカン、アレしてまう!!」と言い出す「アレ」とはこれの事である。

第二次阪神監督時代(2023年)

岡田は2022年10月に阪神の監督に復帰したが、そのときの就任会見にて優勝を「アレ」と表現。以降、阪神の選手の間でも「アレ」が浸透、さらには他球団にも波及*7
果てには同年の球団スローガンとしても『A.R.E.*8』が採用された。なお、この年の阪神は18年ぶりのセ・リーグ優勝を達成。優勝後の監督インタビューで岡田監督自身が「優勝」という言葉を解禁し「アレ」は封印*9としたものの、「『アレ』を決めたのは優勝までだったんでね、日本一は言葉を決めてない。だからもしなんかいい言葉があれば教えて」と募集を呼びかけた

関連項目



Tag: 横浜 楽天 阪神 広島 巨人 オリックス MLB ヤニキ どん語 蔑称


*1 漫画家・俳優のみずしな(水科)孝之による野球四コマ漫画「ササキ様に願いを」が元ネタで佐々木の別称になった。なお斎藤にとって佐々木は兄の同級生に当たり、高校、大学、プロで同じチームに所属するという縁がある。
*2 2004年に古巣に復帰するも高年俸に見合う成績は残せず、2005年をもって現役引退。幾度も救援失敗を繰り返した上にその高給がタイロン・ウッズ流出の遠因となり、実績十分の功労者にもかかわらずファンから多大なヘイトを集めた。現在は解説者を務めているが、そもそもの解説がお粗末なうえ古巣に否定的・冷笑的な言動が目立つため、現役時代を知らないファンからは名誉外様認定されている。
*3 森祇晶監督時代から成績が徐々に下降。2008年に戦力外通告を受け引退。
*4 ダイエーからFAで加入。先発投手陣再建の要として期待されるも故障や不振続きでろくに投げられず、わずか1勝止まりで現役引退。
*5 近本光司が左肘に死球を受けた時のやりとり。
*6 実は、前日の読売テレビの中継でゲスト解説だった金本が新井に対して同じことをしている。
*7 【西武】「アレ」目指す岡田雅利3000万円で更改「森が抜けて弱くなったと言われないように」
*8 Aim! Respect! Empower!」の略。ただし読みは「エー・アール・イー」。
*9 なお、口癖となっていたのか1分後にはアレと発言していた。